ドル指数の管理

KitcoNov22_convert_20131123082521.jpg

ドル指数の管理に恐らくゴールドは組み込まれている。緩和を続けるドルの下落が止まるのはモノの価値基準から考えればおかしい。それはユーロや円などとの相対価値に対する指数であるからその対象が緩和を行えば価値は維持される。通常であればインフレにならなければいけないがインフレは先物市場でコントロールすることができる。現在は緊急事態の状況にあると思われる。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39485 No title
おはようございます。
都市化やインフラ整備が終わり、高齢化と高い賃金で成長を失った先進国では物の需要がないので物価が下がり続けます。そのため余った緩和マネーは株や不動産などの資産インフレをおこします。
その資産インフレは定期的に破裂して、さらにデフレになり経済が衰退して国力が落ちていくのが歴史的な国家の寿命のパターンです。
したがって、ドルの代替通貨としての金を見る場合、インフレ率よりも為替価値のほうが重要だと思います。
ドルインデックスはほぼユーロドルと同じです。ユーロ側の事情でユーロドルが動くこともありますが、結局、ユーロドルはドルが売られるか買われるかのアメリカ側の事情でほとんど動いています。
今金は総悲観状態ですが、ユーロドルが崩れないかぎり、大きく下げることはないと思われます。
ユーロ側の事情でみた場合、ファンダメンタルズ的にドルがユーロに優っている点はほぼ皆無です。
ユーロ側の事情で心配なのは、南欧やフランスの景気やECBの金融政策です。ここをなんとか大げさに騒ぎ立てて欧州側のマイナス事情でユーロドルを売り煽り、ドルを買い支える動きには注意です。利下げとフランス格下げでひとまず、材料出尽くしで織り込みが終了しましたが、また追加緩和とか騒いでくると思います。追加緩和にはドイツのバイトマンが釘を刺してとりあえず退けました。
ドルの一時的な反撃は出尽くしで、またユーロドルはしばらく上昇を続けると思います。
#39486 No title
緑の蛙さん、おはようございます。

中国や中東諸国のドル需要後退による問題が起こるのかどうか興味深い。ドル需要がある限り、価値は維持されるがなくなってくれば維持できなくなる。基軸通貨の場合の反応を見てみたい気がする。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する