ゴールドと債務は相関性があるが・・・

1971年以降の国家債務と金価格についての相関性は86%らしい。かなりの相関度だが、ここ最近は異なる動きに終始している。2000年代は債務の増加に対して順調に上昇を続けていたと言える。債務上限を次々と突破する現状を見るに金価格が下落する環境ではなかったことが改めて感じられる。世界的な金融緩和が進行する中で先進国通貨は気がつかないうちにドル、ユーロ、円がともに地盤沈下を起こしている。それと同時にゴールドも地盤沈下が起こっているのである。これは偶然ではなかろう。それに伴い新興国が金準備を増加させているのが現実だが、なるほどなと思われる状況である。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39401 No title
ゴジラ様

もっと単純に考えて、ドルに対する危機が近いし高いと見ているから中国、ロシアなどは金地金の準備高を増やしているのではないでしょうかね。
#39402 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#39403 No title
Steinさん、○○さん、こんばんは。

Steinさん、そうですね。我々以上に新興国の人は肌で危機を感じ取っているという事だと思います。

○○さん、談合はあると思いますよ。
#39404
記事を読みながら最近のきな臭いニュースを思い出しました。

BRICSで通貨同盟の噂
ブラジル暴動発生
ロシアでドル禁止の噂
インドで金に高関税
中国の金準備増加
南アフリカは金産出国でマンデラ氏一時危篤
BIS破綻の噂(デマと判明)
アフリカで中国の影響力増大、島国以外ほぼ「台湾は国ではない」派に

ジグソーパズルの断片を覗いてるような気分。。。
#39405 No title
CACAOさん、こんばんは。

ようけいろんなことが起こりよる。いや、一部は噂か。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する