準備通貨としての寿命

20120103_JPM_reserve_0_convert_20131014091748.png

ドルの準備通貨としての命脈が尽きるとは思えない。それは取って代われるだけの通貨が存在しないからだが、準備通貨には必ず寿命がやって来る。それはいつなのか?ドルの実質的な価値低下は著しい。そろそろ次の作戦が炸裂するんじゃないか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#38797 バンクオブノースダコタ
ゴジラさんが以前、ここで述べられた公共銀行にヒントがあるかと思います。世界の金融システムは再編、投合され公共の通貨の発行となることでしょう。アメリカの37州が準備にあるとされる貴金属に裏打ちされた独自の地方通貨が世界の大勢となり、世界の中央政府による世界通貨につなぐということでしょう。その為には、世界的な金融債務のリセットが一旦必要となるでしょう。
#38803
次の作戦ですか?

FATCAとTPPで充分じゃないですか?

スイスですら口座情報開示するんですから、アメリカ政府の税収は上がるし、自由貿易で知的財産権を一番所有しているのは、戦争で無傷だったアメリカです。

中国が総中流社会を実現したければ、共産国の共産化に戻さないと無理でしょうね。
#38804 話しにくいが~
 上の表、わかる人ならわかると思いますが、国は変わってもその実権を握っていたのは実はユダヤ一族またはその系列です。
 さすがにそれもアメリカが最後で次がない。
 アジアでは民族が違い過ぎて寄生、同化できない。
 その意味で、一時的にせよ世界通貨を発行するかもしれませんな~SDRですよ、むろんゴールドも含まれます
 アメリカの借金は、石油を担保に世界で面倒見ることになるのかな~
 基軸通貨発行権を失ったアメリカはイギリス同様、普通の大国に成り下がるでしょう。
#38805 今まで通りであれば
金融債務のリセットには金融資産のリセットが伴なう。徳政令であれば別。NESARA・・・・
#38806 【四半世紀前】
アレを見ろ!ドルか、ユエンか?  いや、JPYだーッ

いや、懐かしい。「日本がイチバーン」の頃。
本気で、円が基軸通貨になるんだと信じていた人が多数いた。


この頃本屋さんへ行っても、バブル期懐古特集の雑誌が多い
し、私も手に取って見てみると、ソコには別世界があった。

何故かキュンとするね、「あの頃はよかったなぁ~」なんて
のじゃなくて、見るも無残に劣化した昔のトップアイドルが
地方の場末で体張って生きている、そんな時代の落差に。


そんじょそこらの通貨では、世界じゅうの人が信認する通貨
にはなれない。実際問題としてゴジラさんの言うようにドル
のカワリになる通貨なんて無い。米国がヤバイ時に逆にドル
が買われたりするのがその証拠です。

人工的に基軸通貨をつくる手があるけど、これこそ世界共通
政府の悪夢ですわ。全世界が旧ソ連に統合されるようなモン。

各国・州政府が独自に発行する手も、国債の直接買付と同じ
で、際限ない政府の負債膨張になるのは目に見えてるし。

やはりマーケットで、高いだ安いだ言いながらの市場の判断
がベストですわ。たとえ短期で混乱しても長期で均衡する。
国際機関・政府が入ると、短期でウヤムヤで長期でブチ切
れる。よって、現世界はいつかブチ切れる。そこで基軸通貨
がマーケットで交代させられるんだろうねぇ。

いつかはワカラン。それ正確に解ったらバフェットなんて目
じゃないね。


#38810 No title
みなさん、こんばんは。

もうすでに出てきている中にあると言うことでしょうかね。あまり良い目はないね。当然だけど。
#38813 面白いショーがはじまる
いつかはワカラン → というわけでもないですよ
 気が付いてますか?
 アメリカは世界が必要だが、実は、世界はアメリカを必要としていない~日本ですらアメリカは要らないですよ、ロシア、中国、ブリックスその他アメリカにひどい目にあった国々がついてくれています
 アメリカがもっとも恐れているのは、実はこの反米連合体でしょう
 断末魔の最後が早く見たいですな
#38816 No title
うーんさん、こんばんは。

大胆ですね。紛れもなく今の世界は米国が創ったものです。良いこともあったが、害もとてつもなく大きかった。次の世界が良いものであると願いたいが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する