金利が上がるとゴールドは駄目なのか?

ポール・ウォーカーの金予想には驚いたが、極めて弱気で1000ドルを下回る可能性もあると言う。いずれはFRBが資産購入の減額に踏み切り、金利は上昇。金投資需要が減るとの見方を示した。どこかで聞いたことのあるような内容だな。最近はこの見方が流行っているのか?このサイトでは簡単にはQE縮小は出来ないという見方。金利は上昇していくが、これは悪い金利の上昇で金上昇要因だと見ている。さて、どれだけの人がゴールドから離れていくのか見ものではある。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#38666 No title
オバカ大統領が居る限り、本質的には金はブルでしょう。
共和党の茶会派は選挙では大差で勝っている連中が多いそうです。という事は下手に妥協できないし、妥協したら選挙に落ちるという事ですからかなり真剣勝負になりそうです。
#38668 この記事、変な説明ですよね。
ゴジラ様、こんばんは。

私も、この記事を見た時、違和感を覚えました。
金利上昇で、G下落? なら、ここ数年、何故G上昇したのか?
殆ど願望の様にも見えるのですが、何だか雑な仕事をしますね。
#38669 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#38670 市場拡大の幻想
アメリカは低成長期に入っているのですから、マネーサプライは低調であり、お金を刷りまくる事で解決するマネー現象によるデフレではなくケインズのいう需要不足でのデフレに気が付きはじめたのでTPPを発動させるのでしょう。
リーマン・ショックでの損失はFRBに隠してあるだけで何ら解決していません。
ですから今後もある一定の債権買い入れは続けるはずです。

他国の需要を略奪して損失を埋めるつもりなのではないでしょうか?
#38671 No title
みなさん、こんばんは。

意図的に流しているような感じがしますね。日本人に買わせないつもりなのかな。

○○さん、当然、連動しているものですから理論的にはそう言えるとは思います。ただ、すべてのケースでそうなのかどうかは分からない。現状ではそうだろうということです。
#38673 金利の上昇は、ドルの崩壊を速めるのでは?
金利ですか?

上がれば上がるほどアメリカは
デフォルトに近づくのでは?

まあ理由はなんであれ、金価格が低くなるほど
こちらは気合が入ります。
もし銀が税込55/gを切ったら
お金を借りてでも購入するつもりです。

今はドル崩壊の時期の予想がつかないのと
消費税とで、現金が入れば購入と
ゆうことにしています。

小生は消費税導入まではその都度現物購入です。
まあ、あと一年くらいは現状維持で
お願いしたいですね。

今のところ、崩壊先延ばし策が機能している
ようだし、大統領と共和党の話し合いが
物別れに終われば別だけれど、それはないと
思います。 少なくとも金価格操作と
マスコミ操作は機能しているようです。

恐ろしことですが、小手先の対応でアメリカの物価と
金利が手に負えなくなったときが崩壊のときと
勝手に妄想しています。
#38678 No title
picachu1234さん、おはようございます。

日本同様金利の上昇は厳しい状態を招くと思っています。これはすべて景気が良くなるという前提で言っていることです。
#38679 No title
有名経済専門家がデフォルトはあり得ないと言う時こそ、逆張りで勝負も一興でしょう。投資は自己責任でお願いしますが。

小浜義景米国大統領には統率の為の人徳もないし、勝負運がない。大統領選で勝負運を使い果たしたんだろう。多分、ここまで来てしまうと内部から裏切り者が出てくるかな。

人が持っている運という要素は案外重要かもしれません。何故なら戦争でもそうだからです。
#38680 No title
Steinさん

時差の関係で返答が遅くなってすみません!
そうですねこちらでも茶会派の強硬姿勢は報じられています。
私も一筋縄ではいかないと思うのですが、どれだけ両党、上院、下院勢から圧力がかかるかでしょうね。日がたつに連れて圧力は増すものと思われます。あとカレンヒューズ氏のインタビューを私も見ましたが。彼女が言うことは全部本当に近いものだと思いますが、なにせ相手(敵=金融資本家)があることなので、どこまで彼女が言うように彼らを追い込めるか?彼らこそ世界をコントロールできる力があるグループなので簡単に押さえ込むことはできないような気がします。やはりそれだけのネットワーク、資本力、権力は私たちには想像をできないぐらい大きいものだと思うのでやはりすみやかに覇権力の移動は行われるかは疑問ですね?だって戦争も計画的に起こさせられる連中です。普通で考えられない、神のような力を持った人達じゃないんですかね・・・。やはり、大きいか小さいかはわかりませんがいろいろな崩壊が起こるのはやむをえないのではないのでしょうか?人間でも病気になって悪いウィルスや病原菌を治め健康な状態に戻すのには熱が出たり体中が痛んだりするのといっしょでもし悪事を働いている連中を締め出そうとするのなら必ず副作用やいろいろな障害が起こっても不思議はないんじゃないのでしょうか?でもこのディフォルト問題は本当に見当も付きませんね。
でもひとつだけいえるのは今までの政府機関の閉鎖や債務の上限の引き上げのときの状態とはだいぶ状況も大統領、上院、下院の問題に接する態度が違うのとオバマケアという両党ともひくにひけない大きな法案が絡んでいる事だと思います。
#38681 No title
言いにくいけど、チャンスが来るということですが、誰がそれをつかむか?社会変動が伴いますから、簡単ではない。
不謹慎だが震災のビデオを見れば、ある程度想像がつく。
津波が来た位置に家を立てていた人は無条件で対応方法は無かった。
 過去の恐慌において、生き残った老舗の対策、商業訓などが参考になるが、それらはすでに資産がある人々でしょう。
 たぶんわれわれは違う(失礼かな)
ひつだけ、上げておくと、農業を持つ人は、対抗策というより、何とかなり、恐慌がおわたあかつきには、次の世界へといけられるが、つぶれる人もいる。

 現在の経済システムを理解している人は少ないとえらそうにkenjiは書く。
 国債は社会にある<あるもの>を使うためのもので、形は借金で返済を求めるものだが、其れはちがう。

 バランスシート上の相手方が時間とともに劣化していくものだから、返済という行為は現象面ではお金の償還となるが、内実は別なものです。償還されても、すぐに遣うことになるが、それは最初に借りたときと同じ力を持つお金ではない。自由に使うことができず、償還されても再び使う項目が決まっているものです。
 貯金という行為が機能しなくなる世界が来る。
#38682 No title
2009年時点でのGFMSの金の地上在庫は16万5600トンと言われているが、実際には知られている以上に地上在庫があり、ハワイ銀行には17万トン保管されていると言う。世界の金融とカレンシーの将来は、やはり、貴金属等の現物資産に裏打ちをされた管理体制の方向に動いていると個人的には考えている。アメリカのデフォルトは、17日、24日、31日が危険日とされています。中国も日本もアメリカ国債を1100兆円程保有にありますが、日本は長期国債、中国は短期国債での保有、運用。オバマ大統領の短期債務上限引き上げによる6週間の暫定予算案が民主、共和の両党で合意に至ることは信じたいが、アメリカの財政の抜本的解決とは程遠い・・・・金利は上昇、ゴールドは更にショートの仕掛けに遭うだろうね。
#38683 No title
上記訂正:名前とタイトルを間違えました。上記投稿、マザーアースでした。失礼!
#38684 通貨システム=詐欺
フーバー:「基本的問題はお金の供給が操作出来ていないという事です。操作出来ていません。そして、言うなれば、銀行がどれだけのお金を生産するかを決定しているという事です。」


シーベンサール;「ある人達は裕福になり続けますが、一般のアメリカ市民は貧乏になり続けていて、そして世界経済は崩壊しつつあります。それは人々を溺れ死にさせるために意図的に成されたシステムです。」


ダイソン:「問題は、私達がお金を創造する力を銀行業セクターに与えてしまった事です。そして私達は多かれ少なかれ規制する事なく、彼等にその力を使わせてしまい、そしてそれは私達が今日持つ金融的危機と借金危機の状況をもたらしました。」


ゴメス:「お金の創造の大部分は銀行によって成されています。いいえ、私はそれが良いやり方だとは全く思っていません!何故かですって?何故なら経済的危機が起こるからです。」


フーバー:「そして今日のシステムにおいて、政府は銀行からお金を借りなければならない。しかしお金の改革の後、国家の主権としての権利である、お金を創造する権利が復権されれば、物事は真逆になります。
今度は全てのお金を創造してそれを流通に入れる国家権威から - お金の権威から、銀行はお金を借りなければなりません。」


シーベンサール:「貴方は人々の善のためにお金を創造しなければなりません。それは公共の善でなければなりません。」


リータール:「政府が借金をする理由などありません。それだけ単純な事です。それは1930年代にフィッシャー博士とその他によって証明されました。それは権力の企みです、本当に。」


フーバー:「メインストリームの学者達 - 一般的な経済学者は、どうしてか本当に何をすれば良いのか知らない様です。お金のシステムに問題があるという事を認めたがらない傾向というか、否定する傾向があります。お金のシステムに何らかの問題があるかも知れないと認めるのは極わずかな
学術的専門家だけです。


ワーナー:「大抵は、専門家はとても混乱していて、一般人の常識の方が、私の経験から言えば、実際には専門家の複雑な説明よりも真実にずっと近いです。」

真実は、何が起こっているのか、誰でも理解出来るという事です。これはロケット科学ではありません。真実は、このイカサマからお金を儲けてきた人達が、貴方を混乱させたままにしておきたいという事で・・・貴方のお金が何で、誰が創造しているのかという基本的な事実について、貴方が混乱させられたままにしときたいのです。

国家がマネーを供給して銀行にその使用料を払って貰えば良かったのにね。オバマさん…

#38685 水俣条約
水俣条約が先日採択されたが、途上国では金採取と水銀の汚染が広がっている様だ。
#38686 No title
スーさん

敵(国際金融資本群)の内部も思惑やお互いに疑心暗鬼なんではないかと思ったりもします。かつての第二次大戦中の大日本帝国の陸軍、海軍の対立のようにお互いに反目していたお陰で
上手に連携もできずにアメリカ軍を優位に導いたように。

関ヶ原の戦いであれば西軍の小早川秀秋みたいなのが出てきても何の不思議もないと思ったりもします。

アメリカ政府も大統領の能力、胆力、統率力がなく、足元を見られれば大統領のお膝元からも裏切り者が出てもおかしくはないでしょう。

トラック協会と軍人さんのデモを見守った上でも遅くは無いでしょう。
#38687 >#38685 水俣条約
 財政再建といいながらODAを20億ドル出すという。
国会で予算案の承認をしたのか、?
 戦前の軍事費用の出し方と同じものがそこにあるわけだが、日教組や共産党にいってやれ。
<お前ら戦争を反省したんだろう>と。
まことに馬鹿な教育をわれわれは受けてきた。
民主主義についても知りもしないで、教えたのが戦後の教育ということですよ。
 おそらく、乗り切れる人は少ない。
津波が川を遡上し始めたということかな?
 何度も書くが<福島のめどがつかない限り、わが国の経済は回復しない>。撤退作戦は能力が如実に現れる。人員も三倍必要です。費用もね。しかもその費用は二度と戻ってこないものです。これだけでも成長率をさげる。統計上ではなく実物として下げる。兵站がぜんぜんできていないようです。

 アメリカのおきな国際戦略の変更がこれから行われる。その戦略におけるわが国の位置は福島が起きる前の位置だったが、それがおきたから、アメリカはさらに変更をする。
 だから、サマーズ氏は思わず
、<かわいそうに日本は貧乏国になる>とのべたのではないか。
アメリカのほうがおそらく福島の現状と今後の世界を把握しているでしょう。戦時中と同じでしょう。
 だいたいねえ、北が核実験をしたか調べる能力がアメリカにはある。定期的に福島上空をを飛べば、わかると素人のkenjiは思う。
#38688 No title
みなさん、こんばんは。

なんだかんだで今週ももう終わりに近づいてきた。結局、何も決まらずか。来週はこの調子だと荒れるけど大丈夫なのかね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する