鳥取まで行ってきます

132462142.jpg

ちょっと鳥取まで出かけてきます。砂の美術館でも行こうかと思っています。あいにくの雨ですが、大荒れにならないことを祈ります。石見銀山に行ったときは集中豪雨でしたからね。しかし、山陰に行く時は雨が多いな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#38521 No title
はじめまして
「金の蹉跌」さんから来ました

日本は砂上の楼閣だという警告ですか
それともリサーチですか・・・鳥取というのは意味深長ですね
#38522
そこはラクダに乗れますか?

#38524 No title
山陰は雨が多いんですよ。「弁当忘れても傘忘れるな」と言われます。こないだ出雲大社と日御碕灯台に行きましたが、晴れてて良かった。
#38527 No title
「katsukoのブログ」さん、 モモさん、しこたま野郎さん、こんばんは。

「katsukoのブログ」さん、 大丈夫、特に意味はありませんよ。

モモさん、ラクダ乗れますよ。

しこたま野郎さん、幸い砂丘にいたときには雨は止んでたので良かった。
#38543 No title
金解禁は今では不評な政策だったと思われているが、時間軸を長く取れば、いいことだったのではと思う。
 時間とそれが影響を与える領域を考えると違う判断も出てくる。
 消費税増税は同じようなものではないだろうか?
金解禁とちがってやめることができないから、時間軸は当然長くなる。ではその領域はどこまで及ぶだろうか?
 ユーロはわが国が10兆出したということが危機収束の元だったとネットでみたが、本当かしら?
 わからんねえ。
馬鹿と付き合うとこまるが、特に頭がいいと思う人や思われている馬鹿と付き合うとこまるぞ。

 先日、中学を卒業して同じ会社に勤めている人とはなした。給料は断然彼のほうがおおいが、彼は会社はもう買っているから、昔ならあげたが今はあげられない。先の見通しがまたっくつかないからだ。若い人はここ15年(kenjiは10年といったが彼は15年)あがっていない。あがっても2000円くらいだ。これでは結婚もできない。<政府のしていることは間違いだ>とはいわなかった。政治的関心がないからとお上の言うことにはかかわらないという伝統的な態度を持っているからでしょう。
 
 
#38544 No title
ゴジラさん、みなさん、おはようございます。

中国、四国、九州地方は、プライベートの旅行はないです。

ただ、沖縄は何年か前に家族で1週間ほど行きました。

もう少し余裕ができましら、どんこうの電車と路線バスを使って、のんびりと旅したいですね。

田舎の風景と言うか、昭和の風景っていいですよね。

#38547 No title
kenjiさん、運送業者さん、おはようございます。

私もこれまでは中四国への旅行経験がなかったので周辺を駆けずり回っています。
#38549 失礼
>先日、中学を卒業して同じ会社に勤めている人とはなした
これはkenjiと同じ会社ではなく、卒業して、ずっと同じ会社にという意味です。クラスメイトです。

 デフォルトしたら、円高になるのかなあ?
対外債権が帳面上270兆あるというが、石油輸入資金はどうするんだろうか。先物の決済は早くされるから。おそらく下落だが貴金属は逆になるのかな?

 みな泣きねいりだろうね。ソレガできればいいが、おそらく無理でしょう。
 倒産を見ると、それまでよかったところが一番打撃を受けるから、国においても同じ現象が起きるのかな?
 しかしおおきな芝居であることも確かで、脚本を知ることでしょう。
 個人的には自民党は有効な政策を考える力がないと思う。
えらいこっちゃ。
まあ日本人は不思議と困難な事件に直面するとみな黙る。これから日本財政の破綻によるいろいろな事が起きるが、それに直面した部署の人々は黙るはずで、マスコミ自身がそれに直面するはずだから、その作る番組が変わるでしょう。すでに変わり始めている。
 もちろん其れは、朝鮮、支那に同情的な方向ではなく、逆の方向でしょう。それで無いと彼らは銭が稼げなくなる。
毎度毎度来た道でしょう。kenjiはことしだと見ていたが。まだやりくりをしているね。2015年かなあ。別世界がくるのは?

 先日知人と<おまえ。銀行預金が補償されていることの意味はわかっているね>と聞くと<ああ。、アレは銀行預金の補償で、現金の保証ではないからなあ。大体近代社会は物事の補償ができない世界だが、それを保険という仕組みでするわけだが、その保険業務が機能不全におちいるから、なあ。しかしお金は保証されてるだけ,返ってくるよ>といって、笑った。もちろん皮肉の笑いだが。

 多くの人が間違えている。知人はkenji以上によくわかっている。事業経営者だったから。彼に言わせると法人税率を20パーセントにして、控除を全てなくせばいい。それで税収は増える。新興企業とすでにある大企業の実効税率を同じにすればいい。投資の早期原価償却をみとめるとか、全て財務省の権限を増やす税法ではなく、一律利益の20パーセントとして、後は関係ないとすれば税収は増えるとみている。
 官僚の飯の種をつむるために税法があるとは彼の持論です。
それを解決するのが安倍政権の歴史的な役割だとおもうが、およそ、歴史的感覚が無いから無理でしょう。
 明治の初めの財政危機や第一次世界大戦後の財政危機などをしって、望むべきだとおもうが、マスコミもそのセンスがない。それがないようではシリア問題も見えないでしょうとえらそうにkenjiはかく。
 しかし若い人にはいい時代ですよ。ただただ健康のみが気をつける必要がある。レンコンを食うことですよ。
#38556 No title
kenjiさん、こんばんは。

私の昔の予想で行くとすでに米国は行き詰ってなければならない。世の中の構造は難しい。それは都合に合わせてルールを変えるからだ。永遠に続く保証などどこにもないのだが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する