迫るFOMC

いよいよFOMCが明日に迫ってきた。多くの予想はQE縮小だが、私はQE縮小はないと見る。目安とされる経済指標は相変わらずふらついており判断がぶれる可能性は常にある。金融政策で景気を持ち直すことには限界があることはよく分かった。さらに目前には債務上限引き上げ問題が迫る。事故が起こる可能性もゼロではなく、不透明感がある。債務上限引き上げはさらなる国債の発行につながるが、金利の上昇は継続するかもしれない。結局、中央銀行に出来ることは金利のコントロールだけである。それが効かなくなった時が本当の危機となる。ストッパーとして日銀を採用したのは後がないとも言える。しかし、対米証券投資はマイナスとなっており、足跡がない。このままでは壊死するぞ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#38126 No title
10月8日、新100ドル札発行に絡み、10月18日、アメリカ、デフォルトの話が再度流れ、連れてデノミの話が頭をもたげているようですね。債務上限引き上げの件は、オバマケアの問題に絡み困難ではとの個人的判断にあります。FATCAとバーゼルⅢ、そして、今や新たなタックスヘイブンと化した共産圏諸国への表と裏の資金の移動が、どうにも臭い・・・・オバマ大統領の国内問題に専念との発言・・・・ムムムッ・・・・
#38127 No title
金利のコントロールは、制御不能になる予感も過ぎります。
#38129 QE
米国政府としてはQE縮小したら債権も株も暴落するので、ありえない、となりますが、米国政府に債権を貸し付けている一私企業としてのFRBとしては、「リーマン後、もうたくさん発行したし、そろそろ金利あげて回収するか」てな具合ではないでしょうか。政府に国の裏切り者がいる、というよりは、ずっと国際金融資本に乗っ取られて来てます。あらゆるきれいごとの発言は裏の意味で。今回のQEで得する人が最終的に誰か?
#38130 No title
金融資本家は、自己の危機に際しては自らの責任を負おうとせず、最終的に国民の負担へとその責務と債務を振り替える。
#38132 No title
マザーアースさん、日の光さん、こんばんは。

概ね結論は出ているが、実行には泥をかぶるものが必要。いろんな意味で難しさがある。
#38133 【生き字引の・・】
インフレファイターの元議長ボルカーさんは、ドロを
かぶった人だと思います。10%にもなる悪性インフレ
に対して、金利をさらに上げて対抗しました。
(今では考えられん)

当時の景気はドツボになりましたが、その後は現在に
至るまでのナンダカンダでも結局は米国金融NO.1の
礎をつくった事になり、今でも彼なら大きな顔をして
いられますね。
(それにひきかえ、マエストロは地に落ちました)


なので、良識派はホーキッシュでサマーズだったのが、
サマーズが「もう何ともならねぇーよ、知るかボケ!」
と、さすが海千山千なので辞退(君子危うき・・)した。
で、次の有力なホークが見つからない。

それなら、ドビッシュのバアさんが議長かい?モンダイを
先送りするだけで、いつかハードランディングしてしまう。

日本もそうだけど、米国も人材が枯渇してるのか?それとも
超エリートは使用人になんかならないで、実業家として人に
とやかく言われずに、自分の好きなようにやるものなのか?

FOMCは新味なしの、いつもの条件付テーパリングを出して
きて、お茶を濁すと思います。日本の会社の会議みたいに。

マーケットはそう見ているようで、本格的テーパリングが
来る前に、少しでも稼げるうちに稼いでおけといったように
アルゴってる模様。怖くて入れない。


私は、金鉱株はバリックのみをキープしたまま様子見です。
さっぱり金相場がわかりませんので、ポジは少なくしたい。
日本株もさっぱりなので、利益の出てるものはフタをして、
買いをわずかに多くしたまま様子見です。

LCキングも、いい加減でやめたいですわ。





#38134 誰が泥をかぶるか
誰もかぶりたくない場合は、自然発生的に起こることになる。金利上昇から、「自然に」債券暴落、株安か、自作自演テロあたりかと、予想します。
#38137 No title
日の光さんの弁をお借りすれば、アメリカ国内で外国勢力による自作自演の化学兵器テロ、国家非常事態宣言、戒厳令。テロとの戦い国内版。FEMA、国土安全保障省連動、国内反動分子摘発、武力弾圧。債務上限撤廃。戦時国債の発行。新ドル体制宣言。国際的基軸通貨と通貨制度への移行。国連軍強化。国連軍による国際的治安維持と監視体制。未確認飛行物体と異次元生命体との遭遇。偶発的戦闘と拡大。アルマゲドン、ブルービームプロジェクト。インディペンデンスデイ。世界統一政府。小説1984の世界的顕現。ディスクロージャープロジェクト。人類の起源の証明と覚醒、超古代文明の再発見。タイムラインの変更。神人、ゴッドメンシュの出現。神との対話。ハーモニックワールド、自己の発見。と言うところでしょうか・・・・おふざけが過ぎましたかね。
#38139 No title
みなさん、おはようございます。

9.11を思い出すな。ちょっとイメージが良くないね。
#38140 アリババのIPO
アリババが早ければ10月にもIPOだそうな。中国で「シャドーバンカー」を担うそうだ。日本国内ではアリババIPOに絡み、ソフトバンクの目標株価が6900円とか・・・・モグモグ。
#38141
エナリスだよ あとは内緒。
#38142 No title
モモさん

世の中、知ったらお仕舞いですからネ。
#38143 No title
ワシントンで
銃乱射事件がありました。
リストラが原因と報道されています。

リストラは日本では自殺ですが、
アメリカでは銃乱射か?

いやな渡世だねーーー。
#38145 No title
こんにちは、ゴジラさん、みなさん。

シリア情勢は今回は何かプーチンさんの力と大きな器でオバマさんもなんとかメンツを少しでも保って終わりそうかと思いますがまたどこでどこから火種がでるかもしれません。中東はかなりテンションが高いのでいつどこから起こってもおかしくない状態だと私は思います。FRBのサマーズ氏も議長就任のレースから辞退したみたいでますます予想しにくい状態になってきました。でも明日、明後日のFOMCしだいでしょうね。
でも金融緩和縮小は少しだけでもするのではないんでしょうか?戦争の方はまだいろいろな準備をするのに時間もかかると思うのでもう少しさきですかね?シリアの件が治まったと言う事はまだ時期ではないんでしょうね。
アメリカも夏が終わり金融的にも経済的にも危険度が高い季節になってきましたがここ最近いろいろなお客さんと話しますが
今年は去年の今の時期よりも悪いと皆いっています。たぶんオバマケアの影響でしょうね。みなもう準備していますから。
BISのもとチーフエコノミストもいろいろなサイトこの先の金融的混乱の警告を出しています。
でももしここで大きなQE縮小をするのならそれはたぶんゲームの最終章に入ったと言う事ではないでしょうか?それかそのあとバズーカQEでハイインフレーションでしょうか?
ヨーロッパのシンクタンクLEAP2020はこの秋でQEが縮小され新興国通貨と経済の崩壊とFRBが米国債の金利をコントロールできなくなってきていると言っています。あと次のキプロスはアメリカだとも言っています。
でも本当のところどうなることやら・・・?私はもう少しだけ
M16の銃弾を買いだめしようと思っています。たぶんこれからは昨日ワシントンで起こったようなことがこの先この辺りでも頻繁に起こるような気がしてなりません。あとは銃の射撃練習にももう少し力を入れようと思っています。

http://www.telegraph.co.uk/finance/10310598/BIS-veteran-says-global-credit-excess-worse-than-pre-Lehman.html

http://news.goldseek.com/PeterCooper/137934

http://www.leap2020.eu/GEAB-N-77-is-available-Finance-the-economy-politics-and-the-world-situation-at-the-end-of-2013-3-sparks-and-a-powder_a14656.html
#38146 No title
みなさん、こんにちは。
マザーアースさん、
そんな感じですが(笑)、まずは対イスラム戦争でしょう。
スーさん、
危険領域なのは間違いないですが、身構えている人が多いと、もうはまだなり、となるので悩ましいところです。
ゴジラさん、
GSRは60台を保って上昇波動にあります。
株の暴落前に、金の暴落とGSRの急上昇が起こるパターンではないかと思っています。2008年、この春の動きが似ています。
#38148 No title
みなさん、こんばんは。

金価格の動きを見ていると何かを恐れているかのような落ち着きのなさを感じる。金価格はセンサーの役割を果たしている。何かが待ち受けている可能性は高い。
#38149 カナリア
ゴジラさん、みなさん、こんばんわ。
1300で一旦反発しました。株価も金価格も、漠然とした不安を感じさせる動きですね。「QE一部縮小してもダウはまだ上がると皆信じてるのか?」的な。来るのかな。
#38150 No title
日の光さん、こんばんは。

QE縮小でこれだけ相場が動くということは一般投資家の位置づけは小さく多くが銀行家の関与した者たちの動きによるものであることを物語っている。世は闇ですね。
#38151 No title
 亜米利加は禁酒法という前歴があるから、やるかもしれない。
 原子力発電所稼動→石油天然ガス輸入減少→湾岸諸国収入減少→シリア援助減少、湾岸諸国経済危機→石油価格下落→円上昇、及び湾岸危機→中東動乱→石油危機→世界動乱→金融危機→弱諸国崩壊→金価格下落→さらに金融危機、及び食糧危機→金価格下落→
この先は?
#38152 No title
kenjiさん

中東危機と戦争が長期化して米軍が不利な状況になればドルの不安定化にはならないだろうか?何故ならドルの基軸通貨の源泉はその軍事力ですがそれが崩れたらドルは崩壊すると思うんですけどね。
#38155 No title
kenjiさん、Steinさん、おはようございます。

その軍事力の維持が難しくなってきている。容赦なく予算の削減はやって来る。成長経済ではなくなってきたからだが、こういう形で国が衰退していくとはね。
#38157 >stein氏
 世界経済を動かしているのはドルで、一種の企業城下町のようなものだと見ている。その大元が負債をチャラにしても、困るのは城下町のほうで、企業ではない。
 それに負債性の通貨においては、負債があることが有利になるが、それは負債を持っているほうの経済構造によると思う。
 我々は軍事については、その言葉を扱っている人々すら、何も知らない<平和憲法>という、軍事面から見た効用をまったく知らないくらい、軍事に関しては無知です。平和は軍事用語です。シリアの平和はあくまで軍事用語です。
 それ以外に<平和>という用語の内包はない。

 一例をあげれば<人は武器を持たないと心が落ち着かない>という要素への考察をまったく持っていないで、軍事<平和>について言う人がいる、わが国です。
>何故ならドルの基軸通貨の源泉はその軍事力ですがそれが崩れたらドルは崩壊すると
ではなく、逆に維持しようとする。
 それに亜米利加はなんだかんだといってシビリアンコントロールの意味を理解しているから、日本軍のように崩壊するまではしない。
 ただ歴史はそれができないことを示しているけれども、近代兵器はそこが異なると思う。

 それよりもわが国ですよ。中枢部に日本人に化けた朝鮮人が多くいるようですから、それのほうが問題です。
 カッパドキアは色々可能性があるが、韓国人にまちがえられたのがおそらく正しいと思う。
 外国へ行った人々は常識として、知っていると思うが、庶民レベルまでに<朝鮮人忌避>は普通にあり、また<朝鮮人と日本人は区別がつかない>と彼等が見ているのも常識でしょう。

 この落差が逆に朝鮮人の精神を平静にさせず、日本人への恨みのようにあらわれ、またうらみは朝鮮人の文化そのものですから、さらに倍加する。

 福島は史那事変と同じ展開をするが、朝鮮問題もそれと同じように、展開する。
 kenjiは南北朝鮮とはそれぞれ形は違うが戦争へとすすんだと見ている。したがって、わが国は対朝鮮に対してはわが国は戦時体制へとすすむことで、いい悪いではない。この戦争はまあ、これから30年はつずくね。そのときkenjiはいないが、勝つようには行動することです。

 史那事変の時の東洋平和と同じようなことをすると、多くの日本人が死ぬよ。
#38158 追加
 もう今ではプロレスは無いが一時は盛んだった。あのような競技の伝統はわが国にはない。ローマ以来の伝統で、背後に<奴隷同士の殺し合い>を前提にしている。
 スポーツはすべてそれです。その要素がないスポーツはない。そのスポーツをわが国にさ可に持ち込む運動が学校教育において行われ始めたのは昭和10年代つまり史那事変の最中です。ラジオ体操が始められたのもそのころです、ラジオが始まったのは昭和元年ですか。
 このあたりの世相は井上寿一氏の一連の著作を読まれるといい。素人のkenjiが薦めても仕方がないが歴史を記述する方法を知っている人で、およそ司馬遼太郎とは大違いです。正真正銘の学者です。今彼の書いた本を読んでいるが四冊目で、どうにも史那事変についての記述、見方が変だと思っていたが、その理由が,彼の本を読んでわかった。アレは<戦争ではないこと>と<史那への無知>が我々側のおおきな元でした。彼の記述はあくまで日本側から見た正確な<当時の見方>を<今日の目で>見ている本です。
 事変を国際的な視点で見るまですすまないと、見えないがいずれその方面へとすすまれると見ている。
 非情にいい本です。お勧めします。

 結論を書いて終わりにします。

プロレスをアメリカ人が日本人に化けた力道山をつかって、日本に広めようとした。

おそらくトルコの事件の報道はなくなるでしょう。はっきり分からないけれども。韓国政府はトルコ政府にねじ込んでいると思うが、その現象はあらゆる領域にあり、それに協力する日本人がいる。

 金についても似たような要素がありますね。
もともと金はわが国においては二種類の人が居り、ほとんどの人は金は関係なかった。
 問題は金に関係していた人々です。
我々はその意味では日本人ではない。歴史的な日本人ではない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する