QE縮小に身構え始めた投資家たち?

マスコミの誘導もあるがどうやら投資家はQE縮小に身構えざるを得ないようだ。個人的にはこの状況下でのQE縮小は世界同時株安と新興国の通貨安を巻き起こす可能性大だと思っている。つまり大混乱だよね。しかも今回はシリア攻撃が重なる可能性が高いから資金引き上げ加速か?でももう始まってるが、最終的にどの程度の規模になるのか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37922 No title
9月、QE縮小と10月新100ドル札発行を眺め、ドル高の季節となりますでしょうか。世界的に国債の利回り上昇も気になるところ。ゴールドにも売りが溜まり始めたとのこと。アメリカのシリア軍事介入は止められそうにない。しかし、最長90日間とは、当初の短期介入より余程長い。中東大戦争となったら相場はどうなることやら。冬場の需要期にかけて日本のエネルギー調達には気が重い・・・・
#37923 No title
マザーアースさん、おはようございます。

景気が良くて金利が上がっているということにしたいようですね。いつも肝心なところでこけるのは難しい状態である証拠。塀の上を歩いている。
#37928 ありゃ
下がりましたね。先物のスプレッドを見ると下がるというのは依然として、正しいかもしれない。
マネーがなくなる(信用創造が少なくなる)わけだが、実際の経済にかかわっていない、信用部分に依存する領域はこれからさらにひどくなるのではないか?
 社会福祉(現状の仕組みでは信用創造の一部となている)から、その削減はマネーの減少となり、増税も同じ効果を及ぼす。
 またマージンコールがはじまったかな。この荒波を越えた先に、極楽が本当にあるのかしら。
 明日は明日の風が吹くがそれを今日知ることはできない。
#37930 No title
戦争の長期化、米軍の苦戦は米国債の凋落、短期決戦、アメリカの戦略目的の達成なら米国債、米ドルとも取り合えずは安泰かなと。

シリアがどこまで頑張るかな、ソフィン戦争みたいな状況下になれば、アサドも世界史に残る英雄になるだろう。
#37933 No title
kenjiさん、Steinさん、こんばんは。

相場なんてそんなもんですよ。だいたいでイイんです。

米国はこの秋、かなり追い詰められた状況と見る。どうでるのか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する