二次供給減少のインパクト

金価格は物理的にはこれ以上下がらない臨界点に達したと思われる。生産採算と言われている1200ドルを下回る値位置まで下落したため自律調整作用が働いたためここまで反転してきた。kenjiさんご指摘の売り惜しみはまさに正解で売り手の減少による二次供給の低下が起こっていると思われる。この傾向は年末にかけて加速する見通し。この二次供給は1600トンあったが、今年は300トンまで落ち込むとWGCは報告している。ゴールドの需給関係は急激な変化が起こりつつある。もし、インドの輸入規制が起こっていなかったらどうなっていたか。

http://news.infoseek.co.jp/article/20130814news2u114824
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37557 No title
ドル先高感で中銀が買い控えしてるのでしょうか。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97C03M20130813?sp=true
#37558 No title
ブレながら買い始めた臆病コガネムシさん、こんにちは。

この記事はスルーしていました。私はドル高が中銀の金買い控えの理由とは思っていません。
#37561 No title
ゴジラさん、みなさん、おはようございます。

DGRが下がりだしましたね。

CRB指数のRSIも50を超えてきています。

だから、空売り解消に向かっているのではないかと思います。

長期金利の上昇を考えると、9月あるいは12月に金融緩和縮小に向かうのではないでしょうか。

いずれにしも、9月なら10月に、12月なら翌年1月に、その影響がくると思っています。

#37562 No title
運送業者さん、おはようございます。

市場のコンセンサスに近い予想ですね。私はあえて違う予想でいきましょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する