愛知へ帰省

明日は久しぶりに愛知に帰ることにしました。1週間ぐらいの帰省になります。車でゆっくり帰ることになるので1日がかりですね。空家になっていた実家の大掃除が大変そうですが、のんびりリフレッシュしてくる予定です。そのため明日の更新はやや怪しいと思います。PCは持って帰りますから愛知からの更新は可能。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37495 No title
こんにちは、ゴジラさん。
このサイトでは日本の借金がパニックを起こすと書いてあったので、参考までに。

 http://theeconomiccollapseblog.com/archives/a-quadrillion-yen-and-counting-the-japanese-debt-bomb-could-set-off-global-panic-at-any-moment
#37496 隣の家族計画(笑)
【中国の一人っ子政策の終了】

国営新華社通信が伝えたところによると、国家人口・計画生育委員会は、両親のいずれかが一人っ子の場合、二人目の子供認めるとする案を検討しているとのことです。
同委員会の報道官は、目的は家族計画の「改善」だと述べて、中国の新聞各紙にリークされた大々的な政策転換が進みつつあるという情報を確認しました。

この新規則は来年初旬に実施されると予測されており、2015年までには全ての家庭に拡大適用される可能性があります。
#37497 No title
現金と国債の信用が消滅しない限り、金の現物は上がらないのか?リーマンショック以降結局最後は現金という感じになってる気がする。

http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE97807F20130809?sp=true
#37498 No title
マークは株ベア金ブルか。でも当面は現金かな、怖いし。


スイスの著名投資家ファーバー氏が年後半に1987年と同様のことが起こるとCNBCに語った。
1987年前半の米国株は今年より好調だったが、後半にクラッシュしている。

1987年は力強い回復を遂げたが、企業収益は本格的には上昇しなかったため、買われすぎになった。
一部の銘柄で8月25日まで最高値更新があったものの、他の銘柄には崩れるものもあった。
7・8日の市場を見れば、めざましい伸長だ。
S&Pも史上最高値に近い。
一方、170の銘柄で52週間での安値になった。
これは大きな数字だ。
さらに市場が上げるかどうかは、10-50の少数の銘柄がその他多くのピーク・アウトした銘柄をカバーするほど上げられるかにかかっている。
マネタイゼーションや低金利といった追い風はもはや存在しない。
年末までには20%以上下げているだろう。

#37501 No title
我等がマーク爺よ信じてるぜ。
大胆に一挙に買うなんてカッコ付ける事はせずに臆病に少しづつ買うぜ。


年末までに1987年のような暴落が起きると予言したファーバー氏。
ベア投資家として有名な氏だが、CNBCはファーバー氏にも強気のセクターがあると伝えている。
「安く買って、高く売りたい」と求める投資家にとって、魅力的なセクターがある。
金鉱山株だ。
金鉱山セクターは驚くほど下げている。
金はリバウンドし、金鉱山も戻す。
自分は他の資産に比べて金が好きだ。
絵画、収集品、マンハッタンの高級不動産、高級別荘地、ダウ・ジョーンズ、S&P、Russell 2000などよりも好きだ。
金は相対的に安い。
天才的なFRBウォッチャー、FRBメンバー、金に超弱気な人たちは金を売るよう推奨しているが、彼らは人生で金を1オンスも保有したことすらない。
基本的に、金は大きな調整を被った。
センチメントは超ベアで、金鉱山株は軒並み暴落した。
注目しているのはNewmont Mining、Barrick Gold。
もしかしたらIAMGOLD。
CNBC記事では、金鉱山株が金以上に下げた要因を2つ挙げている:
金鉱山会社がレバレッジをかけていること。
金に投資したい投資家が金ETFを選んだこと。
金鉱山株の株価が金価格を増幅する形で動くなら、
金が下げれば地獄、上げれば天国
#37502 No title
みなさん、こんばんは。

無事に愛知に到着しました。今日は暑かった。ファーバー氏は注目に値するとは思うが、完全にはシンクロしてないように思うことがある。秋にむけて債務問題再燃か?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する