JPモルガンの商品現物取引からの撤退は・・・

JPモルガンは商品現物取引事業から撤退すると発表した。銀行の商品現物事業に対する規制を強化するよう圧力が強まっていることが背景のようだ。JPモルガンの商品現物取引事業として金属専用の倉庫事業を展開する子会社のヘンリー・バスを保有している。撤退にあたり、関連部門の「売却、分社化、戦略的提携」を模索する。デリバティブなどの金融商品や貴金属関連事業などは継続する。FRBは商業銀行に商品現物の取引を許可した2003年の決定を見直していることを明らかにしている。

これは何を意味しているのか?少なくとも金属の在庫を持つ必要はなくなりそうだが、完全にデリバティブに特化するということか?そのため旨みの少ない事業からの離脱を意味するのか?となると他の銀行も追随してくる可能性は高いと言える。あまりよろしくない動きのようにも見えてくる。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37255 在庫が無くても先物は継続とは是如何に?
今後ともにデフレで居たほうが良いと言う事なのか?
と考えてしまいます。
どの業種でもこれからの10年で無くなる職種が出てくると思っています(失業する人が続出。例えば鉄道なんかは恐らく自動運転になるはず)。そうなるとインフレで貨幣依る自分の資産が減少するよりも、デフレの方が彼らの資産が確実に積みあがってくる筈。
それを見越して行動しているとすると、金による資産構築を願望している我々の敗北ですね。
日本は事実上、米国の属州ですから。
#37256 No title
pontaさん、こんばんは。

どうなのかね?現状では金をリースする意味はほとんどないと思う。持ってるだけ無駄なのは確か。投資銀行的にはペーパーゴールドで十分ということか。
#37257 No title
JPモルガンの金保管庫の火災、炎上と関係があると考えます。金現物の在庫もほぼ払底とも。10月8日、新100ドル札の流通が再度、憶測を醸し出し始めています。
#37258 No title
タミーは近々恐慌を予想して得意げだがジパングの株主にちゃんと謝ったのか、自己責任とは言え悲惨だぞ。

さて、これから12週間で恐慌
28週間のマネーの増大後のNY市場の方向は、先週の木曜日の分析を見れば明らかである。そして、市場は大きく転換する、株価の下落と金の上昇、綺麗に相反する形で動き始めている。NY株の大きく孤を描き、金が大きな底の孤を描く形状は、いよいよ恐慌なる事件を呼び込む。デトロイトのデフォルトは対岸の火事でなく、キケロの言うところのフェニキアとローマの連結なのだ。そう経済事件は連鎖する、これから12週間で恐慌だ。
#37259 No title
基本的な事ですが、

情報は、それを発する者(機関、会社)の都合で発せられます。

この情報で、誰が得をするか?

考えています。
#37260 No title
選挙が終わればやはり株安円高か。予想通り。

#37261 No title
私は良い知らせだと思っています
一時的にはゴールド価格は下がるかも知れないけど
すぐ実態を反映した価格に戻ると思う
今まで行われていた価格操作が少しでも是正されれば
公正な取引ができることになるのじゃないかと思います
#37262 No title
金の価格操作が暴露されたら大変ですね。ドルの信認は一気に瓦解ですな。
#37263 No title
銀の潜在的埋蔵量は50万トンとの話。JPモルガンは金銀ともに現物の手当が厳しいとの観測。
#37264 No title
みなさん、こんばんは。

この問題が良い知らせであるという見方はあると思います。今後、様子を見ていかないと分からないことですが。
#37265
先物とETFでの価格操作を止めるとは書いてないからどうなるんでしょうね。

価格変動が激しくなるような気がするんですが?

在庫がないのにETFの販売はどういう結末になるのか?

よくワカランね(kenjiさん風)
#37266 No title
モモさん、こんばんは。

しばらく様子を見ないと分からんね。
#37295 現物なしの空売りは
終息していくのではないでしょうかね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する