蟻地獄から抜け出せるのか?

米国債の投資家心理指(JPモルガン調査)が出ているが、非常に面白いね。すっかり強気になっている。金融緩和の縮小が遠のいたと判断したようだ。先月は最悪で売り判断が強かったのが分かる。なるほど金利が上昇するわけだが、国債も完全に金融緩和相場になっている。これではどうやって抜け出すのか見えてこない。普通のやり方では正常な状態に戻すのが難しいことが分かる。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MQ11C91A74E801.html
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37085 証拠金
 先物の証拠金を今見たが、どうも徐々に上げてきている。これはレバレッジが少なくなることだから、相場は下落することになる。
売りの始末は延期した。理屈はお金がなくなる方向へと進むようだから、大きな流れは下落のような気がする。
 選挙後の円相場はどちらに動くか?新興国危機が進めば、ドル高円高だと思うが、ワカランね。
#37087 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#37088 No title
kenjiさん、○○さん、おはようございます。

kenjiさん、なるほど、注意しときます。

○○さん、了解しました。ご自由にお使いください。
#37090 No title
すみません、この場を借りて告知させてください。ひょんなことからパスワードを紛失してしまい、自分のfc2ブログにアクセスできない状態です。現在管理会社に復旧をお願いしていますが、無理だった場合は別ブログで続行するつもりです。

ゴジラさん、どうも私事に使わせてもらってすみません。
#37091 No title
マークとジム両氏が金に強気発言はコガネムシには
心強いです。
原油と金がやはり良いんですかね、ドル建てだし。
しかし著名な投資家は中央銀行批判者が多いですね。
以下はマークのBusiness Standard


FRBは金利へのコントロールを失っている。
資産(米国債とMBS)買い入れをしても金利が1.4%から2.7%に上昇した。
ここから言えることは、これからは
FRBが何をするかは大切ではなくなってきていて
市場が何をしているかが重要になった
ということ。
過去の経験から言えば、金利上昇は資産価格に悪い影響がある。
日本の異次元緩和は他国の量的緩和に青信号を灯す。
これは極めて危険なことだ。
低成長で資産価格が低迷すると、(量的緩和が行われ)通貨安になるという通例になってしまう。
一時的には経済を助け、資産価格を上昇させるだろうが。
世の中にはバーナンキ議長や他の中央銀行が世界の金融システムを救っていると信じる人がいる。
彼らが間違っているとは言わないが、危機とは拡大的金融政策の地で起こる。
新興国市場はすでに2-3年も米国をアンダーパフォームしている。
新興国市場で投資を再開するのはまだ早すぎる。
米国よりは魅力的かも知れないが、まだ下げる。
今は経済発展と政策を注視すべきだ。

中国経済はしばらく振るわないだろうし、インド・ルピーもさらに下げる。
今は現金を多く持っている。
今時点では米ドルが多い。
米ドルは嫌いだが、他の通貨よりはましだ。
当面、投資のチャンスが到来するのを待ちたい。
金は買えるレンジまで下がってきた。
西アジアを注視していると、原油価格の上昇が予想される。
原油は今、工業品の中で最も魅力的だ。
一方、原油価格上昇は特にインドなどにとってはマイナスになろう。
#37092 No title
債権王グロスはツイッター米国債の円キャリを推奨してるみたいだけど投資を誘引したものか、単なる皮肉か。

もしも利回りを得たいなら得られる。
10年もの米国債は日本国債に対して190ベーシス(1.9%)も利回りがいい。
さらに、円安分もプラスになる。
今や米国債はハイ・イールド債だ。
#37093 No title
zenjiさん、早くモヤモヤからハレバレになりたいコガネムシさん、こんばんは。

zenjiさん、大変ですね。私も似たようなことをやらかしたことがあります。

早くモヤモヤからハレバレになりたいコガネムシさん、良いこと言うね。しかも冷静だ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する