まさかドイツ返還用の・・・

img343.jpg

4月から始まった金大虐殺には理由があると考えている。なぜ理由もなくゴールドが下げたのか?なぜQE3にゴールドは反応しないのか?なぜ過去最大の金ショートが積み上がっているのか?なぜCOMEXやJPモルガンなどのブリオンバンクの金在庫が急激に減少しているのか?一つの仮説を立ててみた。去年の暮れから騒がれていたニュースがある。米国からのドイツの金地金引き揚げ問題である。米国は非常に困った。ドイツの金準備のうちの45%(1536トン)が米国フォートノックスにあるはずだが、もしなくなっていたとしたらかき集めるしかない。米国は返還に7年間かかると言っているが明らかに怪しい。これだけのゴールドをかき集めるとゴールドは暴騰してしまう。そこで国策として匠に金ショートを仕掛けて安値でかき集めることにした。そう言った背景下で中国にあれだけ買われるとさすがに困る。インドはなんとか止めたい。取りあえずCOMEXは止められた。しかし、ショート残はかなりある。果たしてどれだけ集まったのか・・・。非常に際どい状況と言える。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#37041 No title
中国の金融機関の資金繰りから5月、6月に換金売りされたゴールド、400トンが米国に渡ったと言う話。
#37042 No title
マザーアースさん、おはようございます。

そうか。上海を使ってた可能性があるのか。そうなるとデキレースですね。思った以上に溜まったかもしれない。
#37043 No title
お元気ですか?お久しぶりです。先週はいわゆる外人アテンドというやつで広島お好み焼きを堪能してきました。伏線として大阪でもお好み焼きを食べさせました。軍配は広島!野菜が多い分、カロリーが低いはずとの事でしたが、ソバが入っているのでどうなんでしょうか?
さてさて、コメントなるほどです。さもありなんですね。中国の闇金融の事もタイミング的にもよかったですし。ショートが山積みですので、もう一波乱ありそうですね。
#37044 No title
記事の事が暴露されれば恐らくアメリカが国家として機能しなくなるでしょうし、内乱になると思います。(この点はスーさんも同意見かな)

そのような事を仕出かしたグループは無実であろう家族諸共に
人民裁判みたいに晒し者にされて、虐殺でしょう。怒り狂った
アメリカ人は甘くはないだろうし、それくらいの事をするでしょうね。

#37045 No title
7年かかるって・・・どういう計画ですかと突っ込みたくなるし。
こういうことをぬけぬけと言い出すとは・・・まあ公然の秘密なんだろうかと勘繰りたくなるし。
#37047 No title
文鳥屋さん、Steinさん、名無しさん、こんにちは。

文鳥屋さん、久しぶりですね。広島焼きは私も気に入っています。

Steinさん、当たっていたら怖いことになりますね。

名無しさん、おかしな説明であることには違いない。
#37049 ロバートキヨサキ氏の講演の映像です。
ロバートキヨサキ氏の
you tubeです。

このような内容は日本では
まったく放送されておりません。

アメリカではどうなのだろう?

まあみなさんはご存知でしょうが

映像をお楽しみください。

アドレスを添付いたします。

http://www.youtube.com/watch?v=whGdFr6JTnc
#37050 No title
映像を見た。良い内容だ。すこし前の映像ですね。

このときは15ドルと言っています。
これから44ドルに上がりました。とにかくこのとき買った人は
大儲けですね。
そして今18ドル

キヨサキさんたちの銀宣伝もあると思いますが、
まあ、本質的には正しいですね。

日本ではここまで確信を持って、具体的に言イ。且つ実行してる人はいない。
 又 銀を買いたくなってきた。しかし我慢だ。
 すこしだけなら買おう。
  大量買いは50円まで待とう。まだ放電中か?
  来年くらいが底かな?
#37051 No title
多分2008年ですね。
映像の最後にキヨサキ氏がそういっているようでした。
#37052 ドル高政策の真意
米国がドル高政策を採るのは欧州とのバーター取引ともいわれています。金を渡す変わりにユーロ安を認めるというものです。通貨安になれば先進国の中銀は大助かりというわけです。

金がないといわれる米国ですが、実はあるのではないかと見ています。では、何故ないフリをするのでしょう?ひょっとしたら中国やイスラムを民主化したいのではないかと考えたこともありますが、考えすぎですかね。

picachu1234様のご紹介にもあるように、一般にデフォルト状態といわれる日米ですが、何か巨大な策略が感じられます。


#37053 No title
赤い盾さん

お世話になります。

噂ですが、アメリカから奪取した金はデルバンコにあるそうですよ。
#37054 No title
赤い盾さん

よかったらこの講演もどうぞ聴いてきてください。

http://www.cool-knowledge.com/archive/20120309lecture/
#37055 No title
7月4日付で石福でもメイプル1オンス販売中止だったんですね、野口コインではイーグル銀貨の入手が困難になってきたのとウイーン金貨の入荷も遅れているようでした、現物不足になってきてるんですかね、どうなんでしょう?
#37056 No title
みなさん、こんばんは。

picachu1234さん、ロバートキヨサキ氏は久しぶりに見ました。お元気そうですね。

qさん、来年が底と見ているんですね。

赤い楯さん、故高橋靖夫氏も米国は金準備を回復していると言っていた。我々に確かめる術はないが、可能性としては考慮しています。

Steinさん、金奪取物語は十分ドキュメンタリー性があると思います。

素人さん、現物不足の側面は出てくると思っています。
#37057 非課税で剛力 あやめ のあれ
策略ですか?

副島氏がさかんに著書のなかで
いろいろいっておりますが、・・・・

どこがどうなっているのか
小生ではまるでわかりません。

三橋氏の本も読みますが、
どうも肝心のところが
書かれていないように思えます。

三橋氏の本は医者の論文のようです。
医学者は自分たちの研究を発表しますが、
他の施設に自分たちの研究が真似されない
ように肝心の部分を発表の時ブラックボックス化
しています。

三橋氏の場合はアメリカ政府と
FRB,IMF,そしてGSやウォール街の
関係が完全に書かれておりません。

正直、数字を検証する能力はないので
いろいろ本を比べて妥当性を見つけるのが
小生の限界です。

その時にたよりになるのが翻訳本です。

キヨサキ氏がゆうように
金融緩和もいくところまでいくのでしょう。
だれにもどうにもならないところに
きているようです。

とにかくどこの政府も金融緩和(札刷り)
しているので、当然 キヨサキ氏の戦略に
行き着きます。

それが一番妥当と小生は信じています。


あ、そうそう 策略といえばmisaでしょうか
さかんに宣伝している、非課税で剛力 あやめ のあれ、
あれだけ宣伝していれば、金、銀の
実物資産に一般の人は目がいきません。


どうでしょう?
#37058 No title
失礼
nisaでしたっけ?
#37059 No title
 明日はワカランが、来ることはわかる。
国内は福島のめどが付かないと、次の打撃が来る。ご破算の形を予測して、次の世界を想像することだと見ている。
 次の大地震がくるようなことです。
金価格を上昇させても現在世界が、日本が直面している問題は解決しない。国債の仕組みを考えれば考えるほど、返済という事はまったく考えていないことがわかる。そもそもその前提では国債は発行されていない。もっと良くそのことを知る人の見方、予測を聞きたい。
何か大きな、絵図がある。新ドル発行予定を延ばしたわけはナンだっただろうか?
諜報機関を持つ人々が最終的には生き残る。彼らは哀れみや自己憐憫などまたっくしない。
経済が良くない事は原油の消費量がへるから、下落するはずだが、上昇している。ましてシェール革命でしょう。何かありますね。いずれにしても、売りポジの整理(損斬り)をする必要があると思っている。
#37060 No title
picachu1234さん、kenjiさん、おはようございます。

私も国債は返済されることを考えていないと思う。欧米人は初めから途中でルールを変える前提でやっていると思われる。中国はそれに気づいた節がある。
#37061 No title
ルール変更は得意とするところ。サッカーで手を使ってもいいことにしよう。

さて金がいいスタートを見せ始めた。
#37062 No title
銀河さん、おはようございます。

ルール変更は必ずある。どこかが分からないが。
#37064 間違いと思う
>ルール変更は得意とするところ。サッカーで手を使ってもいいことにしよう。

 ルール変更の前にルール違反に対する感覚が違うと思う。

極端な話、ルール違反があるとペナルティがあるが、わざとルール違反をしてぺなるちぃを受けても、勝負に有利なら、それをする。
 原爆投下と戦時条約をみればいい。百も承知でルール違反をしている、我が国の原爆反対運動は、意味がないと思う。其れはおそらくしている人にも常識ではないか?

 ルールはあくまで使うもので、それこそ、副島氏の言う実定法の精神でしょう。つまり民主主義の世界でしょう。

 したがって欧米と交渉する時はルール違反をした時のペナルティの相対性について、時間軸を元に考察する必要がある。
 彼らは時代は変わっていくから、その変わっていく世界を想像して、その上での現状のルールを決めようとする。

 しかし日本は逆で、ルールを決めたら、その変更はないとして行動する。日本国憲法への対応を見るとそれがある。
 日本国憲法の制定時期におけるアメリカの思惑と、その後の変更に対する彼らの予測と、日本国内の行動を比較すればいでしょう。
 確か中共の鄧小平は、<アレは、条約でしょ。>と述べているが、一面正しいが、ちょっとそれは違う。この誤差を巧みに利用したが、もはや、其れはきかない。きわめて自主的な憲法だったという事です。
 こんどこそ、本当に他律的な憲法が必要となった。

 TPPがワシントン軍職条約と同じ結果にならないことを祈る。アレはその後ロンドン軍縮条約があり、今回も彼らはTPPの次の条約まで想定している。ロンドンのときはメインは潜水艦の規制であとはどうでもよかったが我が国はつまらない方向で主張して、肝腎なほうの規制を受けた。あの時、次の時代は航空機と認識して、国内軍備体制をその方向へと進めば、実に簡単だった。それを主張した人もいたと思う。それでも当時は中東の大油田はなかったから、難しかったかもしれない。
 金はtppにおいてどのような位置付けになるかが、金の価格を決めるのではないかとおもうが、ソレヲ定性的に把握するのは難しい。

 何しろ正確な量と、取引形態が不明で、唯一あるのは先物市場と現物市場だからです。一番は磨耗しないから、逆に在庫が把握できないからです。
#37066 No title
kenjiさん、こんばんは。

米国にとってのTPPは輸出を倍増して雇用を確保することです。それを前提で考えると日本がおこぼれを得られる可能性は低い。わざと失態でも起こして乗り遅れたほうが良い。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する