量的緩和の縮小は可能か?

知らないうちに年末には債権購入が縮小されるという方向で見方が固まりつつあるようだ。もう限界が来ていると見るべきなのか?それとももう景気が回復してくると見るべきなのか?景気回復と言いたそうだが、そう簡単に行くのだろうかね。得てして時期尚早な金融緩和の打ち切りは急速な景気後退の原因になることは過去の歴史が証明している。しかし、これではキリがないし、いい加減副作用の恐れがあるのも事実だ。また、来年はFRB議長の任期が切れるため、新しい議長がいきなり金融緩和を縮小させるのはやりにくいと言うのもある。日本のお陰で少し減らせるというのもあるかもね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#35859 【テーパリングOK! ただし・・・】
米国は、シェールなど資源国だし、若年不法入国者も多いし、
まだまだ資本主義国だし、シリコンバレーはなお健在だしで、
「成長するな!」と言っても成長しちゃって、税収も伸びて
ゆくのではないかと思いますよ。

ただし、日本みたいな官僚制社会主義化すると、お先真っ暗
になります。この場合、米国の未来そのものがテーパリング
するでしょう。

私はジェットコースター乗車中に、何発も何発も何発も往復
ビンタを喰らってしまい、いつになく酷いドローダウンです。
ますます、高騰するであろうGOLDにしがみつきたいのですが
シカトされて、証券口座もテーパリングになってます。



#35860 バブルの時のような目にはあいたくない
アメリカが成長するですか?

そうかもしれませんが、
小生の妄想によると当分は無理でしょう。

基盤となる産業がありません。
シェールガスは例外のように
思えます。

中国もアメリカも自国の統計を
よく見せようと必死で作文を
しています。
その行為自体、自分はどうしょうもない
と自分でいっているようなものでしょう。

1970年頃からアメリカは機軸通貨の
メリットを最大限生かして、金融を
メインの産業としてきました。

でもそれはどんどん実態経済から
離れて(産業の空洞化をすすめた)
マネーゲームに進む道だった
わけです。

その結末がリーマンショックだった
わけです。

まあアメリカの心配より
自分の家計の心配ですかネ。

バブルの時のようによくわからないうち
に酷い目にあうのはまっぴらですから・・・。
#35861 No title
FRBによれば失業率6.5パーセントを下回るまでは現状を維持。2013年の4月の段階では7.5パーセント。スーさんが仰られている就職を諦めた人をカウントした実数は14.5パーセント。債務の上限の猶予の期限はレーバーデーの9月2日、10月中旬には問題の顕在化。量的緩和を縮小すれば金利の上昇。近づけば遠のく蜃気楼、ミラージュ。当面の解決策は、市場の慣れを待つ、ムービングゴールであると思う。越境するマネーを考えるに問題の先送りにも限界。金融のイベントは世界を駆け巡る。何時かは決断をせざるを得ない。ECBの理事も金融緩和の経済の再生の限界を示唆。市場のジレンマ。しかし、背中を押される世界の情勢の期限は迫る。時間が無い。結果、問題の棚上げ、会計基準のルール変更、そして、リセット。秘匿された資金の再注入は、合意に至ればあるな・・・・
#35862 No title
アホンダラさん、picachu1234さん、マザーアースさん、おはようございます。

私も状況的には量的緩和縮小は無理があるように思う。どうするつもりでしょうね。
#35863 No title
しかし、確かに「囚人のジレンマ」「ナッシュ均衡」ですね。個々人が各自の持つマネーに囚われている・・・・
#35864 No title
引導を渡しそうなのが「バーゼルⅢ」確信犯になるのだと思う。
#35865 No title
バーゼルⅢは、劇的にゴールドの地位を引き上げる結果となるだろう。ペーパーマネーと世界通貨ゴールドの側面との基軸通貨をめぐる覇権抗争。おそらく現状のドル基軸通貨の改変、更改が世界的規模で行なわれるのだろう。それが量的緩和の出口の戦略となる。
#35866 取り付け騒ぎ
 事は取り付け騒ぎとは何かに過ぎない。現象面のひとつに、為替の変動を意味する。
 金本位制でも負債性の通貨においても同じ現象は起きる。それぞれに対して対応方法が異なるに過ぎないのではと思う
1)金本位制は誰でも銀行業務を起こすことはできるが、その銀行の発行する兌換紙幣は信用されるかどうかはまた別です
 その結果銀行間において紙幣の交換率つまり為替が生じる。
そこで、その為替を固定するれば、銀行を統一できるから、銀行が集約して(この変化が経済の変化によって起こる、逆ではない)おおきな銀行ができて、その銀行によるひとつの経済圏ができる。
 そのとき取り付け騒ぎが起きるのはどのような時か?
これはわからない。起きた時は金準備の変更がされて、為替、つまり金との交換率が変更されて、次の世界へ進む。
 
 上記の現象は負債性の通貨においても起きるが、その対応方法が異なる。
 負債性の通貨の取り付け騒ぎの行き着く先の一つが金ではないかということだが、金本位制においても金との交換へと行くのが取り付け騒ぎです。

 負債性の通貨においては、デフレが取り付け騒ぎとなるという事です。ここが負債性の通貨の特徴ではないかと思う。

 しかもこのデフレは、通常言われているインフレに対応するデフレではなく、取り付け騒ぎによる<デフレ>いう考えです。したがってこれまでの経済対策では効かない。
 資金供給は、取り付け騒ぎに対応しているもので経済政策としてしているのではない。したがって、取り付け騒ぎが、取り付けになったとき、次のステージが始まるが、其れはどちらを選択するかです。

 どちらでも内実は同じになるが現れ方が異なる。

いずれにしても其れはまず為替の変動として現れる。
そのときは、当該通貨における、各資産状況によるとおもう。それから見ると円は円安にはなりにくいと思う。
#35867 No title
国家国民において最善最悪の出口戦略は、預金封鎖と新円切り替え。これが世界規模で連鎖的に行なわれる。歴史は繰り返す。
#35868 No title
皆様、おはようございます。

参議院選挙後の各マーケットの反応が影響するのではないでしょうか。

#35869 それにしても
今HUIを見たが下落している。この金鉱株の下落は何を意味しているのか?将来の石油価格の高騰でしょうか?
 りーまんショック後の下落と同じ現象なら時間軸にしたがって伸ばしているに過ぎないとおもわれる。FRBが徐々に対応しているからとも思われる。それから見ると後半年くらい下落することになるが金現物はそれとは異なる動きではないか?
 
#35870 追加
野球には興味を失ってしまったが、何でも玉の性質の変更をしていたが<していない>といっていたが、とうとう<していた>という。
 kenjiにはこのような行動はしないわけではないが、其れはばれるまでの、ないし発表する前まで、何かをしなければならないときにする。現物があるから逃れられない。日本人の物事から逃れるという時の意味が大きく異なる。大抵はそれに対峙する位置から、逃れるを言う。結果は玉が良く飛ぶという事で、打者守備の方法が実質的に変えて対応してきたのがこれまでの選手でしょう。
 コレガ変えたということだが球界の親玉どもはそのようには考えておいず、変えたという言葉だけを発していることがかえたということだとおもている。
 沖縄戦における上層部の変更命令と似ている。ようやく現地指揮官が現地の判断で作戦をし始めたところだが、コレガ多くの人々の犠牲が生じた基だが、戦闘を継続するにはそれがひとつの手で、それが結局米軍を苦しめた。始めから立てていた作戦の一形態だが、オープンシティ思想を始めにもっていたならと思う。後知恵か

 これからこの手のことが次から次へと出てくる。
見たところ、物事を10年20年としたことがない人々が日銀の中枢にいるから、みえない人が多いのでは。

 大体、誰もが現状の経済の改革(?)が一、二年でできるとはおもていない。仮に10年とすると、その間の補給を考えながらしなければならないから、急激な変化を要求するような事はできない。またしない。地道にじっと経済活動をして、12000万人の衣食住を大体において供給する体制を維持すれば、そのための負担を各所に要求すればいいだけなのに、知りもしないで、異次元の緩和とかこけおどしをして、何をするつもりだったのかkenjiにはさっぱりわからない。

 大体作戦期間をどのくらいと設定したのだろうか?

早いうちに変えることだが物理の実験とはことなるから、元に戻ればいいというわけではなく、異次元の金融緩和によって生じた、新しい事態に対する新しい対応方法を考えて、白川総裁がしていた状態へと戻られればいいが、それには頭が必要でしょう。kenjiはワカランが、考えるといい。生地が出るわね。いやなことだが。
#35871 No title
kenjiくん

>沖縄戦における上層部の変更命令と似ている。ようやく現地指揮官が現地の判断で作戦をし始めたところだが、コレガ多くの人々の犠牲が生じた基だが、戦闘を継続するにはそれがひとつの手で、それが結局米軍を苦しめた。始めから立てていた作戦の一形態だが、オープンシティ思想を始めにもっていたならと思う。後知恵か

それは違うぞ、沖縄戦では32軍が主力の第九師団を引き抜かれて戦力を激減された挙句、大本営という小姑に作戦でああだこうだと言われたのが実情だ。本当に責めるべきは大本営だぞ違うかね。違うと言うなら反論したまえ。
#35872 >stein氏へ
 ご指摘の通りです。この師団引く抜きのいきさつについてはわけがわからない。
 当時の大本営の指導者たちと今回の上層部の指導者たちと似ているというより、同じではないかと思う。
 彼らの能力をはるかに超えていた戦争に対して、そのようには認識しないで、いろいろしたが、我々の姿でしょうね。
 アメリカ軍がナゼ沖縄を攻撃して、占領をしたか?
海上封鎖をして七ヶ月もすれば、降伏以外に道はない。
 戦後の世界において、沖縄が必要だったからに過ぎない。これはたぶん幕末からのアメリカの戦略ではなかったか?トニカク息がながい。

まあ海軍も陸軍も始めからアメリカと戦争をする気はさらさら、なかったことが大元に過ぎず、そのくせ、国内ではそのようには言っていなかった。この矛盾が大惨禍を招いたに過ぎない。

 政府。日銀の政策も一体何が目的か?

政府財政の維持だけに過ぎず、我が国経済がではないでしょう。

プロ野球の凋落をみればいい。ナゼ、サッカーともども、共倒れになるだろう。
#35873 No title
国家債務と国民の金融資産(その他財産も)との相殺ではないでしょうか。

最終的には、マザーアースの言われるとおり、預金封鎖と新円切り替え。

昭和21年の再現、まさに、歴史は繰り返すですね。

#35874 No title
kenjiくん

>ご指摘の通りです。この師団引く抜きのいきさつについてはわけがわからない。
 当時の大本営の指導者たちと今回の上層部の指導者たちと似ているというより、同じではないかと思う。

いきさつは台湾の兵力穴埋めですね。泥縄式の戦争指導の典型例でしょう。日米の政治、金融のエリートの実力は昔も今もこの程度なんですよ。残念ですが。試験エリートは失敗してきていないから失敗と言う糧を生かしきれないし、失敗は自己否定ですからそれができない。それから脱却できない限りは日米とも沈没でしょう。

金融緩和をしたら即死ですからそれも出来ない。

赤い盾さん

お世話になります。

中東戦争で原油高、例えば1バーレル200ドルならどうでしょう?今は円安傾向ですから仮に100円だとした場合はガソリン価格はリッター200円300円を超えるでしょう。その場合の運送業者の損益分岐点を超えて走れば走るほど赤字という事態になったらどうでしょうか?都市に入ってくる食料、物資は極端に
激減する事態にならないでしょうか?東日本大震災のような事態にならないでしょうか?

燃料の国家備蓄は半年分だったと思いますが、それをガソリンに精製する作業工程を考えると一ヶ月は掛かるでしょうし国家が出来ることも限られます。

いくらお金があろうとも石油が手に入らなければ日本工業、経済ともにアウトですから円安になるのではと見ています。その点の見解をお聞かせいただければ幸いです。
#35875 No title
マザーアースさんへ

申しわけ御座いませんでした。

敬称を入れ忘れていました。


#35876 >stein氏へ
 台湾防備の穴埋めなら同じ理屈で沖縄防備はいかがなるかと考えれば、転用などありえない。本当は別の理由による。当時の状態において、戦争全体をみて指導をしていたわけではない。そもそもそれがりかいできていなかった。
 終戦後アメリカ軍の尋問にこたえて<自分は物量計画を担当していたができなかった>と答えると<それができれば戦争に勝つよ>といわれて、非常に驚き、自身が戦争そのものを戦っていたとは思わなかったと懐古している、高級軍人がいた。あくまで戦争は前線という思考から抜け出る事はなかった。だいたい陸軍は昭和10年になっても英語要因を要請しておらず、硫黄島、沖縄を指導した人々は当時の中学を卒業してそれから軍へ入った人だった。本間中将もしかり。
 日銀のボードメンバーがどのような構成かしらないが、少なくとも、消費者金融をしていた人を入れることがこれから、または今来ている苦境からの脱出路が見える条件ではないか?
 あの時ニナっても、戦争をするということをまったく知らないで、その場限りの行き当たりばったりのことをしていたに過ぎない。
 もともとは戦争を始めたことが間違いで、同じように負債性通貨の収縮が起きた時、何をしなければならないかを間違えた事が現状を招いたに過ぎない。銀行倒産をしなかったことが大間違いのおおもとにすぎない。

 金利を下げると称してしたが、金利は上昇した。それならその策を変更して、下げる手立てを考えることだが、既に腰をぬかして、次の手を考えられなくなっているのではないか。

 今は負債性の通貨における収縮が起きており、しかも世界中がその状態へと進んでいる。したがって世界経済における我が国経済という視点で、我が国経済を可能な方法で動かすという視点がまったくなく、国内の大問題、政府財政の破綻問題を国内経済の問題へとすり替えている。
 
#35877 No title
ロイターの伝えるところによれば、アジア債券市場総崩れだそうだ。

運送業者さん、どういたしまして。
#35878 No title
Steinさん

こんにちは、皆さん。いろいろとそれぞれ難しくて興味深い意見が飛び交っていますね。でも私は最終的にはやはり国債暴落による国家破綻か量的緩和続行によるハイインフレ(ハイパーかも?)かどちらかだと思います。その時にSteinさん仰るように原油、ガソリンが物凄く高くなり運搬システムはストップしてしまうと思います。もちろん食料、原料自体も高くなるとおもいますが、やはり運送の時点で会社自体に赤字が出ればどこの会社がその仕事をするのでしょうか?軍隊ですか?
でもそれには一般の会社がこなせる量に比べれば限界があります。アメリカでもガソリン自体は今でも高くなりましたがもっと高い時にトラックの運転手が退職したり仕事ができないと言うニュースをいつも流していました。石油でも食料でも石炭でも鉄、アルミニュームでも運搬できてこそいろいろなビジネスが成り立ちます。今はいろいろなエネルギーが重視され注目されていますが、なんだかんだ言ってもまだ中心は石油なんですね。だから戦争かインフレで石油が物凄く高くなれば社会は機能しなくなるんではないでしょうか。第二次世界大戦は日本がアメリカからの原油の輸出を切られたため起きたように。だからインフレ(特にハイパー!)になれば食べられない人がたくさん出てくると思います!そうなるとやはり治安も悪くなるでしょうね!あと、これだけ世界中で積み上がった借金(債務)それもそれも考えられないような返しようのない天文学的な数字の債務、それにまだこれから来るであろうバーゼルⅢのクレジットクランチ。私はいつもいろいろな今の世界情勢を見て必ず来ると思っています。
でもいつかは・・?でも近いかも・・・?
明日も拳銃を撃つ練習に行ってきます。できるだけ確実にターゲットを撃てるようにと思って・・。

あとはしたのビデオではアメリカの金融界では有名な女史も言っています。

名前はPhilippa Malmgren女史。
 権力構造の上部層の内情に詳しい人物。 
 国家経済諮問委員会の経済政策委員長の特別顧問であった。 
 又 大統領所属金融市場作業部会、即ちPPT=価格下落防止チームのメンバー(金価格下落操作の司令部メンバー)であった人物です。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uMTwhoTE5Tc#
#35879 No title
スーさん

>こんにちは、皆さん。いろいろとそれぞれ難しくて興味深い意見が飛び交っていますね。でも私は最終的にはやはり国債暴落による国家破綻か量的緩和続行によるハイインフレ(ハイパーかも?)かどちらかだと思います。その時にSteinさん仰るように原油、ガソリンが物凄く高くなり運搬システムはストップしてしまうと思います。もちろん食料、原料自体も高くなるとおもいますが、やはり運送の時点で会社自体に赤字が出ればどこの会社がその仕事をするのでしょうか?軍隊ですか?

戦争の玄人はロジスティックを語り、戦争の素人はストラテジーを語ると言ったところでしょうかね。

量的緩和を縮小するか?、続けるか?どっちにしろアメリカ経済の崩壊は回避できないと思います。脳溢血で死ぬか、心臓病で死ぬかの差でしかないでしょう。しかし彼ら(政治経済をグリップする人達)は少しでも時間を稼ぎたいから量的緩和の継続をするんではないかとは思いますがどうでしょうか。

石油にしろ金融の血流にしろ止まってしまえば日米とも相対死に、曽根崎心中です。
#35880 stein様へ
Stein様の考えている状況と私の考えている状況が余りにも相違しているような気が致します。Stein様の考えていることは世界的なパンデミック、全てのものが止まるということですよね?

そういう未来はオカルトを混ぜて考えると有り得ます。一種のサバイバル状態に突入することになりますが、金融市場も止まるので円安・円高はもはや問題でないでしょう。

国債暴落とかの話がごちゃ混ぜになっているようですが、相場は進みたい方向に進むだけなので、運悪く日本国債暴落と中東戦争が重なればご指摘のような状況は生じるかと思います。

中東で戦争が起これば他から調達すれば良いことです。その調達は商社や政府が全力と尽くすでしょう。そして中東有事は想定されており、そのようなルートは確立されています。その時、円高になっているであろうプロセスも既述した通りです。

ともかく前提条件にズレが有りすぎると議論そのものが成り立ちませんので、前提条件をお願いします。
#35881 ねえ
 本当にどうするつもりでしょうか?
何ができるか?決済ができなくなれば、物流がとまるが、餓死者が出る状態も一応想定できる。
 我が国は食料関係ががたがただから、アメリカと相対死ということはない。米農家の年齢が65歳以上だという。
 普通の家でもまず考えるのは人材で、まずは子供でしょう。その次に何が重要か?
 これは世界中決まっている。其れは食料の安定的確保です。しかも食料は調理が必要で、エネルギーの確保です。ここがまず安定的に機能すればいいが、そもそも食料がなければ安定も何もない。

 中東の暴動も食料だし、近代国家は人口が大きいから、この方面ですこしでも齟齬が出るとあっという間に内部崩壊を起こす。

 その意味で北朝鮮を見るといい悪いにかかわらず、しぶといなと思う。もっとも李朝時代からいつも起きていた事だから、なれているかもしれない。我が国が併合した以降、ようやく餓死者がでなくなったに過ぎないけれどもね。元へもどったにすぎない。次は韓国でしょう。我が国の内実は韓国とこの点に関しては同じです。時間差があるだけに過ぎない。
 一度ガソリンがない世界を想像すればいい。まづ地方は即座に活動が停止する。その次は餓死者が出る。確か韓国はガソリン精製施設がないはずだが、我が国に対してとっている態度はその昔、我が国がアメリカに対して、とった態度とよく似ている。
 南北朝鮮をよく知ることは、我が国にとってじつにいい事があるから、冷静に南北朝鮮を見ることでしょう。
アメリカへ態度、見方などは南北においてまず分かれて、そのれぞれの内でもさらに分かれている。
 わが国においても朝鮮がアメリカに対して南北わかれているように、分かれている。ナゼだろうかとそれを考えると、東アジアにおける基本問題が浮き上がってくるが、国内にはそのような思考はない。

 沖縄がいろいろ言うが米軍基地がないと沖縄経済が回らないように、我が国もアメリカがないと経済が回らない。それを知ってアメリカ軍基地縮小を言うなら、話には乗れるが、違う。馬鹿をしていると大損をすることは確かですよ。
 
#35882 No title
赤い盾さん

そうです。パンデミックという前提になると思います。全てが止まるという前提条件で一番考えられるのは基軸通貨の崩壊、ドルの崩壊かなと思います。ニクソンショック以来、金地金とドルは切り離されたわけです。ここの掲示板でたまに話題になるCOMEXの八百長とアメリカに地金そのものが公称通りにあるのかという問題です。この2つが八百長でした詐欺でしたとなれば即時アメリカドルの基軸通貨としての価値は紙屑になると思います。貿易の決済、世界経済に打撃があるからそれはないだろうと言う意見も出るでしょうが、逆の立場で「八百長銀行券」で貿易の決済をしてくださいいいですか?と言われてイエスとは言えないでしょう。

上記の事態を避けるため、目を反らす為に中東戦争を仕掛ける可能性というのも捨てきれません。ここで米軍自慢の軍事力を展開してイランを短期間で制圧して中東における米軍の覇権を維持しつつ米ドルも維持できれば戦術的にはアメリカの勝利と言えます。しかし、中長期で見れば時間稼ぎが出来たに過ぎない結果しか生まないでしょう。

イランとの戦いがイランの善戦で長期化した場合は軍事費を調達できず、中東地域に派遣された米軍将兵は見捨てられる運命になるでしょう。そうなれば米ドルも崩壊、円も崩壊となると思います。そうなった場合は金地金決済かもしくは原油や物資でバーター取引になるのではないかと思いますがどうでしょうか?
#35883 No title
みなさん、こんばんは。

借金棒引き手段にろくなものはなさそうですね。二択と言ってもどちらも願い下げですね。HUIには大口の買い手がいない。ゴールドにはいる。その違いが出ている。売り仕掛けは同じように出ている。
#35884 米国債の格上げ?
皆様、こんばんは。

出口戦略の準備を整えているのでしょうね。

そうならば、ドル高、金利高、株安・・・

#35885 ホラー
何か怖い話ばかりですね。
このブログは、助け合いと情報の交換をするところだからいいんですけどね。

現実的な話ですが、今現在アメリカの出口戦略を折り込んで、市場が動いているようです。
中国の短期金利上昇は、リスクオフの揺り戻しで、資金の減少が起きているようです。

バーゼル3についても調べましたが、やはり貸し出し制限が厳しくなると理解したほうが良いです。これもまた資金の逆流が起きますので、不確定な要素が増しております。

投資巧者の方には、止めませんが何があるか先は読み辛いと思われます。

適正な国債金利水準に戻りつつあり、バーゼル3でGDP成長率を押さえ込まれるわけですから、
経常収支赤字国は、かなり厳しい状況に追い込まれます。

結局、これも怖い話でした。
#35886 バーゼル3について
ネットで調べたが、金本位制における金の役割を何かでさせることで、中核資本というが何でするつもりだろうか?
 中央銀行に積み上げるものを何でするのかだとおもうが、そもそも中央銀行は何を担保で紙幣を発行するのか。
 一種の堂々巡りに過ぎないと思う。間違いだろうか?

負債性は返済がなくなると機能しなくなるが、利子の出所がそもそもない。
取り付けが起きれば後には債権と預金が残るがそのとき預金は全額カットでしょう。そして、債権回収でしょう。
 金本位制のときも同じだが残るものが金という現物もあるということでしょう。
 金本位制のときは紙幣発行量が金の量に対して決まるが負債性の通貨は無限級数による発行限度が決まる。
 いろいろ違いはあるが事は為替に集約されると見ている。どこに対しての為替か。
 現状でも順次債権がパーになって、無限級数が逆に働くところまで働いて、そこでおしまいとなる。
 国債金利と為替が要だと見ている。

いずれにしても各自、食料の確保をしておくことですよ。もっともこれはどのような状況になっても必要なことだが、ソレヲ現金ないし預金というかたちで持つことができなくなることが金融危機の意味だが。
#35887 No title
アメリカのフードスタンプをもらっているものは5000万人といわれているが、調べたら 一人平均は月に150ドルだとか。
総額7兆5000億円ほど。150ドルでは生活できないから、ほかに
アルバイトでもしてるのかな?受給者の半数は子供だという。
貧乏人の子供のえさ代か?子供手当てみたいなもの?
アメリカは広く浅く給付ですね。スタンプをもらえる最低月収はいくらなのかな?
仕事がないのでは、150ドルもらっても、焼け石に水の感じだ。

日本は200万人で3兆5000億円。これは至れりつくせり。
しかも在日朝鮮人は年300万円くらいもらってるそうだ。
生活保護を受けている者は病弱のものも多い。
医療費の方が生活保護費より多くかかかっているかもしれない。日本の生活保護も収容方式、現物給付にかえた方が良い。
年金より優遇されている。おかしい。

#35888 No title
日本国債の金利は0.88だ。
nevada ブログさんは1.2になれば危ないといっている。
日銀が1%に以下に押さえ込むとおもう。
でないと日銀は無能で、日本は危ない。確かに1.2をこえてきたら危ない感じはする。談合方式は崩れるとnevada さんは言う。そのときは日銀が全額引き受けするしかないだろう。

わたしには全然わからない。

ところで、mother さんはnevadaブログ さんと親しいのかな?

中国崩壊とかほんとかいな?
ほんとうなら貯金おろしに上海にいかなアカン。
しかし持ち出し金額は今でも20000元らしい。
もう8年行っていない。
中国が崩壊するのは日本にはよいことだが。
しかし全中国北京語で言葉が統一されたので(意思疎通が出来る)崩壊しにくいとおもうが。案外しぶといと思う。
西洋の植民地になるのは2度とごめんだろうし。


#35889
バーゼル3での自己資本の中に
goldを認めるとか書いてなかったんだけど…?
#35890 No title
みなさん、こんばんは。

バーゼルⅢはゴールド100%評価で担保価値ありじゃなかったかな。
#35891
Qさん大丈夫だよ。崩壊するなら移民とか密入国とか増えるはず。テレビでも報道するでしょうし。
#35892
ゴジラ様そうなんですか!
古い本だから書いてなかったのかな?
申し訳ありません。
#35893 ユーロ近い時期に失墜か
今はドル安株安の局面ですが、ユーロの感応度がイマイチ弱いです。次のドル高の局面で大きく下がる予兆ですので注意した方がいいかもしれません。それが間近に迫っているのならドル円の調整も終盤でしょう。

私はゴールドの上昇=ドル安と思っていたので、ユーロ高を予想していましたが、今回はユーロ安でもドル安でも上昇するようです。リンゼー・ウィリアムス氏はユーロが大きく下がった後にドル崩壊のミッションが執行されると警告しているので注意したいところです。

stein様、何分にも予測が不可能な領域だけに何でも有り得るとしか言いようがありません。最悪の事態が発生すればサバイバル戦まで追い込まれるでしょう。そうなればバーター取引が基本ですね。

IMFは次期通貨体制を睨んでドル崩壊に備えています。人類は現在の資本主義体制から別の体制へと移行する可能性が高いです。その時、規制緩和をしていない国が恩恵を受けるでしょう。ユーロはその条件を満たしているので、この時に復活して来ると予想されます。円も規制緩和を見送れば、かなり良いポジションを維持できるのではないでしょうか。なのでアベノミクスは積極的に行われないとみています。
#35898 No title
モモさん、赤い楯さん、おはようございます。

バーゼルⅢの記事はいくつかあります。このサイトを検索すればどこかに書いてあると思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する