量的緩和に出口はない

米量的緩和については縮小の話なども出てはいるが、私は出口など見えてもいないと思っている。量的緩和の景気や雇用の改善に対する効果は徐々に薄まっている。それでもなくなるとモルヒネの切れた麻薬患者のようになってしまう。もはやどうやって切ったら良いのか分からない。所得配分が完全に資本家偏重型に切り替わってしまった今となっては底辺に資金を回す術がなくなった。実質的な失業率の改善は時を追うごとに難しくなっていく。グローバル化によるデフレの輸入によって国内製造業は競争力を失い残されていくものは低賃金のサービス業ぐらいである。果たして未来は見えてくるのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#35750 No title
 負債性の通貨においては銀行倒産が必要です。素人勉強で、そのように判断している。それをさせないとなると、何が起きるか?
 確かにやめることはできないが、事態はやめることを要求している。
 わからない。市場閉鎖が起きると思っているが、これまで小なりといえども、いろいろな崩壊を見てきたが、現在直面しているものは、わからないが大事だということはわかる。
 インターネットがなかったなら、これだけいろいろな情報や、勉強(?)はできなかった。しかし知ったからといて、具体的に何かができるわけではない。
 第三次世界大戦の一部に過ぎないが、これから10年だろうか?
10年分の食料となると、stein氏はいかがされる?

 大体国務長官がケリーでは我が国にとっていい事はないから、最低4年対中共外交は、隠忍自重をしなければならない。できるだろうか?
 アメリカにいっぱい食わせることができるだろうか?
 
借金棒引きの世界をも想像することだと思うな。
国力の違いがこれからおもてに出てくる。
なんと言ったってアメリカは食料自給国です。確か東京圏は実質一日部の食料しかないと何かで読んだが、一度どのくらいかを調べるといい。
 東日本大震災の時コンビニから食糧が消えて、二週間米が買えなかったと神奈川県のお客が言ったが、本当だったか?」
 まじで現金ポジを増やす事をすすめる。

#35751 大御所は。。。
アメリカ(経済)が、徐々にではあるが、良い方向に向かっていると判断し、新たな電力会社の買収も実行しているようですね。

混乱期には、景気観や相場観が、たとえ、同国在住であったとしても、真逆(極端)になりがちなのが通常なのかもしれません。

ただ、混乱期において、バイアスを排除し、概ね、正しい判断をし続ける者が、投資家として生き続けることができるものと思われます。

今日の混乱期における大御所の判断も、今まで通り正しいのでしょう。。。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MMEFNM6JIJVF01.html

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE94500N20130506

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE95503420130606
#35752 No title
ゴールドは産金コスト割れの価格。米国の株式市場は雇用の統計の改善が進まず、金融緩和のマネーの後退が早まらないとの観測から上昇。本来であれば景気改善の方向性が明確になってのマーケットの上昇の相場。言わば、今般の市場の相場はやはり緩和マネーの相場の揺れ。量的緩和の出口の戦略には微妙な舵取りとなるのであろうが、マネーの収縮にあっては、市場の心理の要素で出口の戦略も最早保たれない可能性。この事は、市場の参加者の誰でも知っている事実。現状の先送り維持の姿勢にあっては、米国の秋口の債務上限の問題がどう絡むかの推察は、やはり、誰にでもつく。
#35753 No title
量的緩和の出口戦略の出口はあっても、現状は、多くの人がその出口を見据えない。または知ろうともしないし見ようともしない。目を伏せ知らない方が幸せという人もおられるが本当であろうか。中銀が世界の債務を全て引受、別勘定、棚上げ債務先送りとの話がある。
#35754 No title
別勘定に上げ、別勘定にある債権と債務の帳尻を合わせ、相殺と言う説もある・・・・・
#35755 No title
みなさん、おはようございます。

ゴールドバグはゴールド嫌いのバフェットを好きではない。また、今のバフェットが昔のバフェットと異なるのはすでに体制派に取り込まれていること。ある意味、愛国心が強いのだと思いますけど、すでに指標にはしなくなった。
#35756
日本のバブル崩壊で、失われた20年間、我々庶民に銀行から支払われる金利は、不当に押さえ込まれ銀行の中抜き金利や統廃合により先の金融危機を乗り越えました。日本の金融機関は、現在保守的であり、国債運用を強制的に止めるように求められていますが、貸出先に苦慮しております。
アベノミクスが笛を吹いても踊らずという現状です。

欧米のリーマン・ショックによる損失は、日本のバブルより巨大であり、その精算は日本より長い時間を必要とするはずです。

これが金融市場の根底に流れる問題です。
まだリーマン・ショックは終わっていません。
#35757 No title
kenjiくん

>第三次世界大戦の一部に過ぎないが、これから10年だろうか?
10年分の食料となると、stein氏はいかがされる?

そうなれば水をあまり必要としない作物、育てやすい作物でも
作りますかね。蕎麦とか、ジャガイモ、さつまいも、これは結構用途はありますよ割愛しますがね。

>なんと言ったってアメリカは食料自給国です。確か東京圏は実質一日部の食料しかないと何かで読んだが、一度どのくらいかを調べるといい。

なんといったって水がやばい状態だ。オガララ帯水帯がやばい状態だ。一度どれくらいやばいか調べるといい。
#35759 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#35761 No title
モモさん、Steinさん、○○さん、おはようございます。

日本の金融機関は国民に恩返しをするべき時が来たのではないだろうか?バブル崩壊で壊れた銀行は税金によって助けられた。そろそろ気づくべきです。

○○さん、同時崩壊はどうなるんだろう。巨大市場なだけに少なくとも資金の行き場がない。正直、想像出来ないが・・・。それだけに株式市場は生かしておく必要があるし、クッションとしての金融緩和を縮小するわけにはいかない。
#35763
KENJIさん
震災時に神奈川県で米が買えなかったというのはあながち間違ってるとも言えないです。私は神奈川県民ですが地元では2週間くらい米,水,パン,カップ麺が入手困難でした。ただ、隣の横浜市に行ったら有り余るほど売っていたので、どこにもない訳ではないのだとほっとしました。
#35768 >cacaoさん
 問題はそれをどのようにして乗り切るかが実際の危機対応策です。

福島の復興を早めるなら公共事業は大判振る舞いをしてはいけないが、安部政権は逆をしている。
 言いにくいが復興が進まなくても日本経済の大勢には影響が少ないなら、復興は進まない。それが経済という事です。
 どのように見ても、復興資金の出所がない。阪神のときは出所がありました。
 増税でまかなうしか道はないがどの程度の増税かでしょう。
テレビで、流された津波対策用の防波堤を運んでいる映像が流れたが、同じ物を作るということでしょうか?
 
 最近年金の仕組みについて、いい年をした人々と話したが、彼らは知らなかった。<貯蓄をしている>から、出ると思っていた。モウ話す事はやめたほうがいいなあと思ったが、普通はそうですね。

 政府のいろいろな仕組みが国民の無知を前提にして動いている。
これほど国民をなめきっている政府が世界中にはないのではないか。

まあ国民もそれにふさわしいところがあるから、おあいこかな。

 今日も知り合いがきて<知らんから、いきとられる。また仕事もできる>といって、買いたくないが、付き合いで買わざるを得ない品物の検品を依頼してきた。<売れ先がないけれどもね>との返事。そこで<商品として買うのか、原料として買うのかを決めたほうがいいのでは>といったが、既に買値は決まっているとの事でした。
 運転資金を多く持っているから、できることだが、ここの流動性がなくなり始めるのか?
1990年代の銀行の行動は多くの事業者に、資金手当ての方法の検討させることになったという。
その結果がいまで、我が国企業がいまだ持っているわけかな?

 
#36865 No title
暇なんですな~~! あれらの人も。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する