FC2ブログ

このショートは継続可能ではない

先月の半ばから続く金ショートは継続可能なものではない。先物価格と現物価格の乖離は普通の状態ではないと思われる。そうした中でさらにショートを続けるのは通常の思考で出来るものではない。そこには何らかの理由が存在すると思われる。一説にLBMAとCOMEXの現物供給不足を助けるためにブリオンバンクが投げを誘っているようにも見えるが逆に世界中から金買いを誘ってしまった。これは計算外だったに違いない。それでもショートを続ける理由はすでにショートポジションから抜け出せなくなってしまった仲間をデフォルトから助け出すためとも言われている。だが、今回の一件で金塊は間違いなく西から東へと大量に流れてしまった。この戦いは終わりが近いと思われる。恐らく1999年と同様にどこかで手打ちが式が行われると見ている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#34922
中央銀行のゴールドの市場からの吸い上げと中銀間のキャッチボールでしょう。ニューヨーク連銀の金キャリトレードの貸し出しも絡むでしょう。結局は現物不足、カムフラージュ。
#34923
最近、色々考えすぎて思考停止してきましたw

そこで!

やはり、現物を肌身離さず1本、懐に仕込む。

10年我慢!

これが吉のような気がしました^^

今の水準では長い目で見れば現物は安いという判断(だからみんな買っている)だと思いますので。
#34925
 政治的な理由からか、メンツからか、ヤケクソ交じりなのか、

よくぞショートを繰り返しますね。 

高みの見物しましょ。
#34927
最低、現物一本ですね。いざと言うとき
これが生活と命を守るかもしれない。

家一軒買える値段になるかもしれません。
江戸時代なら
50両-60両ですからね。
大金ですよ。当時の庶民の年収の5年分ですよ。





#34928
米財務長官は、日本には対処すべき成長の問題があるが、経済活性化の試みは競争的デバリエーションを避けるための国際的合意の範囲内に留める必要があるとし、IMFは、コントロールされなければ深刻なブーム・アンド・バストのサイクルになりかねないと黒田日銀総裁に釘を刺した。黒田日銀総裁は、日銀の異次元の量的緩和の策は、デフレ脱却の試みで通貨政策ではないと述べた。マーケットでは、円が対ドルで100円を超える円高は最早入ることは無かろうとするコンセンサスにある。
#34930
みなさん、こんにちは。

さすがに凄いですよね。よく続けるなと思います。もう少しはっきりと意図が知りたいですよね。
#34931 債権バブルの破裂
間もなく、始まる。
#34932
comexの破綻は嘘つきとその家族を中国やロシアに引き渡す事になるんではないでしょうかね。オバマの様な弱腰で不安定な大統領なら自国の国民さえ人権無視の中国にも嘘つきと家族を引き渡して、中国かロシアで見せしめにされて黄泉の国に行くんでしょう、いや地獄かな。漢奸裁判みたいになるかな。
#34933
鋼入りのダンさん、Steinさん、こんにちは。

comexは危ないと言われながらここまで来た。なくなった在庫はどうやって補充するのだろうか。中国がcomexで現引きしたら一発で終わる。
#34934 素人妄想
素人考えだが、先物など実態がないから、いかようでも処理できる。先物自体にレバレッジがかかるわけがないからです。
ないですよといって、それでおしまいにすることが可能だからです。手形の不渡りと同じにすぎない。
 先物市場にてこれまでいくらでも起きた現象に過ぎない。
 
それよりも、国債でしょう。
 政府収入を税収と国債でまかなう時、国債を市中から資金を吸収すれば、それ自体は問題はない。比較相対的に問題はない。
 それは形を変えた税金だからです。ところがそれを中央銀行引き受けとすると、それは通貨供給だが、そのときの経済の状況によって、大きく異なる。通貨不足なら、さほど問題はないが、通貨過剰なら、インフレとなると思う。
 しかしそれは政府財政についてです。今回の通貨供給はそれとは異なるから、通貨供給を受けた銀行がどのような行動をするかによって、大きく異なる。まずは為替でしょう。しくみどおり、円安へと進んだ。しかしこの円安の一部分は原発停止によるものと思っている。
 しかしとにかく、動いたから、それにのっかかるものはすべて動く事になる。
 負債性の通貨では最終的にはお金がなくなる方向へと進む機予があるから、おそらく債権の下落へと進むと予測している。
 債権の下落は銀行の資産劣化を意味するから、銀行はそれを避けるべく、債券売りをするでしょう。
つまり金利の高騰です。
 いずれにしても、ちかじか、限界が来ることは確かだと思っている。
ナゼ日銀はあせって下の推測だが、現状では増税をしないと政府財政がもとないと思っており、その条件として2パーセントのインフレ条項があるからだと思う。
#34937
kenjiさん、こんばんは。

如何様にでも処理できるのなら破産者が続出したりはしません。最もサブプライムも依然として蓋をしたままだが。
#34938 まちがいかなあ
先物市場は暴走することが仕組み上あるから、そのときは取引所が溶け合いをする。あくまで個人間のうりかいではなく、取引所を通じてする。
 うったかったをそのままにしておしまいにすればそれで終わりだと思うが、いかがだろうか?それだけのお金を提供しているわけではないからです。証拠金の清算に過ぎないからです。
 間違いでしょうか?
もっともそれは最終段階ですけれども。先物関係者だけにかかるに過ぎないからです。しかしその先物として扱われているものには実需の取引が行われるが、それがどのようになるかは、わからない。
#34939
一滴のしずくが一筋の流れとなり、
川となり、その流れも次第に速くなり、
やがて激流になる。

私には何だかわからないことが起こっているようですが、
ただ大きな流れに曝されていることだけはわかります。

先日自分の手元に置くべきと思い、
自分は大きなバーに替える程のホルダーでもないため、
積み立て分をコインへの交換の為に、『田中さん』に出向きました。

コインの在庫状況は、
①プラチナ:メイプルコインのみ
 ・1オンス在庫有り
 ・1/2オンスはあと数枚のみ
 ・1/4オンスと1/10オンスはもう既に入荷は無し
ただプラチナコインは再販のみの為、年号の指定は不可。
②金はウィーンもメイプルの在庫は有りました。

10日は買い取り価格がグラムAu4905円・Pt5092円だったため、
売却で混んでいました。 午後3時、約1時間待ちでした。
日本は売却が多いくらいですから、地金の供給は十分なのか、
海外の方が購入していました。

ところで世界の黄金は主を代えながら西から東へ旅をしているのですね。

金を強欲で支配しようとする者は、金に支配されてしまう。
金は繁栄と共に在るが、
まやかしの金でだましたり、すり替えて金を支配しようとすれば
やがて権力者は衰退という烙印を押され、終焉を迎える。
そして金はその者から去っていく。

黄金は意思を持ち、旅をしていると思うのです。
わずかな金ですが足るを知り、大切にしようと思います。


#34940
ゴジラ様

得意技、タングステンかな。メチルアルコール酒、サッカリン、ズルチンのお菓子みたいなもんでしょ。
#34942 先物は精算を迫ります
現物が市場全体に決済基準を満たさない量に成ったときに
起きることは、代替するもので決済基準を設けるコトなのでしょうが
それだと先物の意味をなしません。ということは現物以外の
通貨で決済しなくてはなりませんから、多くの破産者を出すこと
になるのではないでしょうか?テコの原理を入れているなら
その破壊力は階乗になるので支払えない人からとれないことになる。
米国の住宅債権や住宅債券保険のように政府や中央銀行が買い取る?
私にはもうそれそかないとG7で談合したのではと勘繰っています。
彼らが勝つ?そうなれば彼らの言う公正な市場になる?(ToT)
どうでしょうか?(^-^)v
#34943 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#34944 >pontaさん
>先物は精算を迫ります
確かに清算はありますがないものはないから、そこでおしまいですが、普通の取引のような、実害(?)はありません。たとえば、家を建てて、支払いをされなければ、立てた大工は困ります。そのような事は起きません。質が異なるとでもいおうか?
この先ないものはない。払えないものは払えない世界が来ると思う。実際それが起きると、どうにもならない。それでおしまいです。相手がいくら資産を持っていようが。
 先物の決済が行われるか行われないかに尽きるのであり、その額が問題ではない。
 前にも考えたが仮に1G10000円だとすると、その状態で先物の売りや買いをするには証拠金を上げる必要がある、すると取引が減るからこれは下落要因となる。それらから見ると金価格の高騰は同時におおきな経済変動を伴うと思う。
 それと国債だがこれは如何に考えても返済を前提としているものではない。返済の原資がないからです。市中に出回る債券は返済を前提しにしているが、国債は違う。コレガ何を意味しているかいまだわからない。ただ税金の別形態だということはわかったが、税金ではない。金本位制における、保証紙幣のようなものだと思うが、わからないね。問題はいつまで発行できるかという事と発行できなくなった時、既発債はどのような扱いになるか?
 これはインフレしか経済合理性による対応はないと思う。
そのとき一番影響が出るのは為替です。したがって、有力な外貨を持つ必要がある。そのひとつとして金を見るのがいいのかなと思う。カナダドルやオーストラリアドルでもいいとはこのごろ調べて思う。
 ところでイギリスポンドが円に対して上昇しているが、これは何かあることの予兆ではないだろうか?
#34946 日本では売却のほうがおおいくらいですか?
日本では金を売っている人が
おおくいる。

ある意味これはすごいこと
ではあります。
(正しい行動かはどうかは別にして)
金を買うとゆうことは
自国の通貨が信用できなくなった。
とゆうこですから、売る人がいる
とゆうことは、少なくとも
日本では日本円は商取引では
絶対の存在であり、それに
疑問をはさむ人はほとんどいない
とゆうあかしではあります。

マスコミ(マスごみ)の
情報統制がうまくいっているのか。
金融危機といわれてはいるが
日本にはまだ波及していないのか
もしくはその両方でしょうか?

黒田日銀総裁は無制限に
金融緩和をすることを
宣言されましたが、

正直、通常の経済状況では
正気の発言ではありません。
まあ、通常の金融と経済状況では
ないので正しいのかも
しれませんが。

ある意味キチガイ発言で
異常行動であることは
事実です。

非常に恐いです。そして 

正しい選択であってほしいです。
#34948
picachu1234さん、

補足ですが、日本人は疑問を持たないというか、平和ボケしているというか、
ある意味のんびりしているのだと思います。
私は常にかなり先を見て動く方なので、現物が無くなる前に確保に行ったのですが、
売却が多いと聞いて、ちょっとびっくりでした。
ただ前の暴落直後は、買いでごった返していたようです。

私は商売人故、常に先手必勝と思っています。
皆が殺到するときは、よほどのルートが無いと入手出来ずに悔しい思いを何度かしていますので。
自分の勘を信じて行動するのみです。
投資もある意味商売に通じると思っています。
#34949
muku猫さんこんばんわ

小生の場合は予言の書
”いますぐアメリカ発の金融大崩壊に備えよ”
デビッド・ウィドマー著 徳間書店。
を参考に、とゆうより、妄信して、
行動しております。

なので現在は銀よりも金現物を
できる範囲で少しづつ購入とゆう感じです。

小生、想定崩壊年月日を2015年9月と
かってに妄想して計画を実行しております。

まだ予言の書に書かれている最悪の
事態にはなっていませんので、
残された時間でどのくらい
現物をてにいれるか、それのみです。

ある意味正気ではありませんので
あしからず・・・。

リーマンショック、東北地震、
原発事故、尖閣とこれらが?????
小生をキチガイ行動に駆り立てます。

あしからず・・・・。
#34951
みなさん、おはようございます。

このショートのかけ方は現物取引をしている人から見たら異常としか見えないと思う。eBay価格もどんどん乖離していく。これでも平気でショートをかけられるということは何らかの清算方法がある可能性があるのかもしれない。少なくとも普通の人ではこれは出来ない。

kenjiさんの言っていることは一瞬アホかとも思えるけど、意外と抜け道があらかじめ創られているのかもしれない。

○○さん、すなわち手打ち式ということか?
#34952
月足のドル建ては13年間で初めて、一目均衡表の三役が崩れた。弱気相場入りをしたのか。週足では完全に崩れている。
あるいは、1987年の10月のブラックマンデーの下げのように22パーセントの下げで終わり、急騰するのか。あの時はその後、2000年のITバブルまで13年間上げ続けた。
金からどんどん資金が逃げ出している。しかし、ETFは少し、戻した。CFTCはまだ買い越している。買い越しは見たことがないほど減ってしまった。
さあどっち。
#34953
銀河さん、おはようございます。

先物から引き上げるのは妥当でしょう。訳も分からずにドカンと下がったら怖くてポジションを張れない。脅しの意味は十分にあった。
#34954
ゴジラ様

こっちも必死で長期戦で戦ってるけど、相手だってそりゃ必死でっせ。(笑)
財産だけでなく、自分の命、家族の命がかかってるから。負けたら義呂珍ですからね。
#34956
5/11の日経朝刊を読んでいての疑問≪(4)です≫ですが、どなたか教えていただけませんでしょうか。

(1)5/11の日経の記事に①②などが記載(5/10財務省発表の国の借金明細です)。
①2012年度末時点(2013.3.31):国の借金991兆円。【内訳:国債残高821兆円(前年比で35兆増加)、借入金54兆、政府短期証券115兆】
②2013年度末(2014.3.31)時点の国の借金残高は、1107兆円になると見込んでいる。

(2)上記の記事で驚いたのが、③1年後の借金残高が1107兆円を見込んでいる事。つまり、116兆円(=1107兆-991兆)の借金の増加を見込んでいるという事。
一年前2011年度末時点の国の借金残高を探し、財務省ホームページで③を見つけました。
③2011年度末時点(2012.3.31):国の借金959兆円。【内訳:国債残高789兆、借入金53兆、政府短期証券116兆】

(3)以上を纏めると
③2011年度末時点(2012.3.31):国の借金959兆円。
①2012年度末時点(2013.3.31):国の借金残高991兆円(前年比約32兆円増加)。
②2013年度末(2014.3.31)時点の国の借金残高は、1107兆円見込(前年比約116兆円増加)

(4)当該記事に2013年度の当初予算での新規国債発行額は42兆円との事。国の借金増117兆円と42兆円の差の75兆円はどんな借金なのでしょうか。どなたか判りましたらお教えいただければ有り難いです。

(5)補足 一年前は30数兆円程度の借金増だったのが、来年3月までの1年間に、その3-4倍の額の借金をする予定という事ですよね。これはアベノミクスの流れでしょうが、具体的数字で見ると一層恐ろしくなります。
名無しの独り言
#34957
日銀の異次元の量的緩和だと思います。
#34959
ウォーリーをさがせ!
(そのウォーリーも代理人のことをいわれているのだが何のことやら分かっておらず)・・・日本でのこと(だけでなく世界中)

900キロ這いつくばって走って日帰りでぼすとんへ行って来たが新町を結局帰りに通ってしまい(にゅ~平分方向は大渋滞なので)、しかも渋滞とガス切れで望んでもいないのに運命のいたずらで時間潰しに三浦大根役者さんの地元近辺で食事と給油となってしまい、最初に入った店は「No Col〇〇s!」の表示、通りで辛うじて気の良い人たちに教えてもらって入った店で・・・、止めておきましょう。 そういう雰囲気ばっかでしたね。 
その辺は枯れ井戸万華鏡さんで。
マサチューセッツ・ターンパイクを走りながらハーバードのあるケンブリッジの先の光景を指さし、「あそこが捕まって犯人にさ〇たはずのイカサマな出来事の場●!!」と皆口々に(皆といわれても若干一名)。
前からいわれていますが対外的に1/100だと。 対外的に切り離すと。 色んな所にその暗示が。
キーパーが相手の足の動きを凝視しながら全く動かない場合、フェイントを自分から仕掛けて得意なコースを思いっきり自信を持って蹴った方が良い。 ペナルティー・マークとゴールまでの距離とボールの速度とキーパーの反応できる範囲を力学的に計算すると圧倒的にキーパーが不利。 物理学的に。 その場合に心の迷いはあっては失敗する。(技術の迷いは致命傷)(シューズは国産がおすすめ!!) コンマ何秒の芸術的な出来事だから。 全てメンタル。(このサッカーのくだりは全く意味なし)
#34968
Steinさん、名無しの独り言さん、マザーアースさん、名無しさん、こんばんは。

私も増えた借金の内訳は日銀の量的緩和ではないかと思います。しかし、金額が決まってるっておかしいですよね。そう、それは米国債買いだから金額が決まってるのでしょうかね。恐ろしい。完全に安全弁になっているのか?
#34972 >名無しの独り言さん
>名無しの独り言さん
 kenjiも思いました。何かのミスか。発表文書を間違えたか。何かあるでしょう。その後の修正発表も聞きませんから、発表したほうも(出所)もそれを人々が信じているとは思っていないと見ているか?
 いろいろあるでしょう。事はもはや借財の金額が正しいかどうかではなく、別のステージへと移っているから、おそらく生じた現象でしょう。
 ないものは払えない。これには勝てない。それでもとっていくなら、それなりのことができる力を持つことでしょう。
 日本国民が日本政府にその力を持っていますか?違うでしょう。
 外国でしょうね。確か外国が100兆くらいもっていますが、外貨準備もそのくらいですから、今回の円安で、それがドル建てで減ったから、その処理ではないか?それなら10兆くらいだがそれが7.5倍の75兆というのは、おそらくこれまでドル買いをして生じた損をこの機に乗せたのではないか?

 それよりもモウめちゃくちゃだと判断して、今後に備えたほうがいい。尋常でない世界が来る事だけは確かですから。

 経済の仕組みが電気信号であることの意味をいまだ理解していない人がおおい。金本位制なら金現送点という実在のものにつきあたって、そこで跳ね返されて、実際の行動が生じるが、現在はそれが生じない。
 先物相場は推測だが損をしないで、自由に操作ができるのではとこのごろ思う。そのわけは仕組みにあります。
 したがって。今回の下落によってファンドが破綻することはないと思う。ただ個人はあると予測している。
 そのためのETFかなあと思う。つまり現物取引を増やすためのものです。

ただ現物はできない。今回は確か先物からではなく現物の売りから生じたと思うが、そのときだけ実害と実益が生じると思う。
 今後この現物を操作する仕組みを作るのではと思う。
#34973
マザーアースさんゴジラさん
有難う御座います。日銀の量的緩和の今年度の規模を財務省が内々で見込むのはいいでしょうが、具体的な数字でこんな手の内を出したら投機家などは喜ぶのでは。出さないほうがいい数字では。予算で動く日本なので言わざるを得ないのかも。あるいは、記者などの質問に対してぽろっとだしてしまったのかも。 それとも、こんな数字は当然判ることで、きっと余計な老婆心なのでしょう。

でも何でもありなのでしょう。たった年間30数兆円の税収なのに1年間に117兆円の新規借金を作るなんてどう考えても私にはまだ信じられません。名無しの独り言
#34980
kenjiさん、名無しの独り言さん、こんばんは。

kenjiさん、書き直していただけたようですね。ゴールドは不可解な点が多い。内側を覗いてみたいがそれは残念ながらかなわない。

名無しの独り言さん、はっきり言って出さない方が良いでしょうね。後で困るんじゃない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する