fc2ブログ

ゴールドにハエがたかるのは困る

Gold1_convert_20130428092324.jpg

金価格操作する必要性はつまるところデノミを実施する前にゴールドに一般人がたかるのは困るということになる。あとはこの推測が当たっているのかどうかである。新興国の中央銀行が金準備増加を進めているのは先進国通貨がデノミを行うリスクを避けるためである。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#34669
ゴールドの取り付け騒ぎが起るとの話ある。デノミは確率的にもあるかとは思うが、そうなると国際的通貨の顔の威信として日本の円の他通貨との単位の様相が貧弱に写るので、必然的に通貨の呼称の変更と預金の封鎖、新円切替が起るであろうと思う。しかし、個人的には、ドルにあっては、新流通紙幣の部分兌換制への移行がある可能性の方が確率的に高いのではと考えている。必然的に旧流通紙幣は新流通紙幣との交換比率が格段に下がって行くのであろうと思われる。特に海外のみで流通価値にある旧ドルと米国本土流通旧ドルとの交換比率も格段の差が出て来る事と思われる。偽ドルでの取引が可能である闇社会のシステムもあぶり出され新ドル体制の中で存在と崩壊の危機となるやも知れない。必然的に体制転換、支配と利権の権益の移行も行われるであろう。
#34670
TPP、北米貿易協定、アメロ、日英同盟、イギリスポンド、大英帝国の旧植民地が鍵になるやも知れない。
#34672
名無しさんの秘数学的見解から米国ロサンゼルスへの核攻撃の可能性は5月17日とのご指摘がございましたが、5月5日、または、その前後の情報もあるとのこと。こちらは、全米で核爆弾100発との情報のようで、戒厳令の露払いとのことのよう。ドイツでは、ナチスがブームとなっているとのこと。全米各地での銃撃事件とテロは、ショック・ドクトリンだね。
#34673 ハエにもならないでしょうが・・・・・・
とゆうことはわれわれはハエですか?

まあ小生のような小物中の小物は
ハエにもならないでしょうが。

たかってやろうじゃないの、
徹底的に・・・・。

まあ小生の徹底的などたかだか
しれておりますが・・・・。

26日は金現物を購入しにいけなかった
ので30日に購入いたします。

小生のおこずかいではたかだか
しれたものです。

せめて立派にたかれるレベルに
なりたいです。
#34675
マザーアースさん、picachu1234さん、こんばんは。

マザーアースさん、選択肢という意味でもこのケースを考えてみました。部分兌換制は否定派が多い。否定派にはデノミの方が受け入れやすい。

picachu1234さん、そうですね。たかれるレベルになりたいです。
#34677
ゴジラ様

大和ミュージアムどうでしたでしょうか?10分の1大和は圧巻だったでしょうか?まだ行った事がないのでうらやましい限りです。

金の現物グループ、金の、ペーパーグループと国際金融資本も龍虎の様に
ガチで闘っているんでしょう。中長期で見れば現物グループの勝ちかなと。
信用は数字で表せないという側面もありますし、信用は瓦解したら終わりというダモクレスの剣の様な所があると思います。素人がプロに勝つためには首尾一貫として自分の信念を貫く、我慢する強さが必要ですね。

アメリカもオバマという軟弱な総大将がいる限り大国として覇権国として蘇ることもないだろう。ただし、アメリカが一度瓦解して、その灰の中から新しい総大将が生まれれば可能性はあるかなと。
#34678 マザーアースさんへ
地政学的な知見をお持ちのようで凄いですね。
シリアはプロイセン帝国にとっても要衝で、シリアがおちれば中東が動き出すと見ております。
#34679
 部分兌換性という考えはそもそも兌換という事に矛盾する考えになると思う。幕末の刻印銀貨(?)が金本位制の補助貨幣として通用している事に、アメリカ、西洋は理解できなかった。
 金本位制においても、兌換紙幣とそうでない紙幣が同じレベルで通用していた。それは金貨の意味を考えることで、兌換は金が即座に紙幣になる事を意味するが、金が通貨というわけではない。問題は金貨の取り扱いでしょう。
 もしそれをすればおおきな混乱が起きると予測しているが、それこそそれは、通貨の混乱だから、現在金の大暴騰を予測するような事でしょう。
 これから。大激動ですね。きずいた時にはすべてが終わっているという結果にkenjiも含めてなる可能性が高いと見ている。
 トニカクこれだけ矛盾だらけで、よく決済と経済が動いていると感心する。ちょっと考えると、何でこれでいいのだと思うことが社会の仕組みとしてあるものが多い。
#34681
Steinさん、モモさん、kenjiさん、こんばんは。

Steinさん、見るものとしてはそれほどないんですが、その当時の呉の歴史などもよく分かり、十分楽しめました。10分の1スケールの大和はやっぱり大きい。思ったより混んでました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する