今はペーパーマネーの時代なのだよな

ratio-flat-chart2_convert_20130323202346.jpg

金本位制の時代とペーパーマネーの時代では経済の拡大のスピードが違う。その代わりに経済は常にインフレ型(中央銀行による操作が作用)となるし、株価や商品のボラティリティは大きくなっていく。流動性に上限がなくなると言うことはこういうことなのかと思う。すでに信じられないサイクルと化しているが歴史は繰り返すだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#33708
大きな変化は、社会の混乱と戦渦の中にある・・・・
#33709 今日、相棒(X-Day)見に行きましたよ・・・。
オーディエンスはシニア層が多かったように感じました。

杉下右京さんの出番は少なかったですが、フクロウに
会いにいかれた様子・・・。

伊丹さんはいい味出していましたね~とても映画とは思えなかったですよ!

いつもながら、意味深な映画です・・・あとは見てのお楽しみ~
#33711
マザーアースさん、闇からの一撃さん、こんばんは。

相棒はうちの嫁さんが好きでよく見ています。私はもっぱら再放送で見ることが多い。水谷豊はなかなか味のある演技をしますね。
#33712
日銀が買い入れる国債の保有残高を日銀券の発行残高以下に抑えるという「日銀券ルール」を黒田日銀新総裁は、21日に事実上の廃止宣言をしていますね。(それも長期国債の買い入れで・・・・・)これは何を意味するでしょうか。
#33713
上記の投稿、マザーアースでした。失礼。
#33715
2015が山田
#33716 TVのCMで…
4月1日以降〜十万円を超える振込みと新規の口座には、職業、目的…何回も流れているが?
#33717 他人に金を預けた時点で・・・・・・・
ペーパーマネーですか・・・・。

あれっと思ったのが、コインです。
大昔はコインを銀行に預けて、
証書をもらっていた。

コインの方が大事にされていた。
でもいつのまにかコインは
小額とりひきの道具となり
つり銭などに使われるのみ
となった。

いつのまにか逆転してしまった。

いつどこでそうなったんだろう?

流通するだけならプラスチックマネー
なんだろうけれど、今回のキプロスショック
でわかったことは、プラスチックマネーも
ペーパーマネーも資産の保全とか維持とゆう面では
かなりあてにならない。

他人に金を預けた時点で預かったほうは
自分の金と思ってしまうんでしょうネ。
銀行は預かったお金で投資(金融ギャンブル)
をしたのだから自分のお金と思っているのでしょう。

銀行も含めて他人にお金を預ける(渡す)
とゆうことはそうゆうことなのでしょうネ。

預けたお金はいつでも預けた人に返す。
それはただの建前だとゆうことがばれて
きていますネ。

あとはヨーロッパ中でとりつけ騒ぎですね。
他人事で済めばこれほど面白い見世物は
ないけれど、他人事ではすまないかも
しれないところがこまります。
#33718
みなさん、こんばんは。

信用が続く限り国債をどこまで買い入れても大丈夫なんだろうかね。

銀行の機能は知らないうちに変質してしまったね。
#33719 モロクの神
<モロクの神は犯罪の神>

・つまり、モロクの神が要求する道徳基準は、道徳でなくて犯罪である。モロクの神は犯罪の神である。

・「ボヘミアの森」にふくろうをかたどったモロクの神の像が鎮座している。「ボヘミアン・グローブ(ボヘミアの森)」とは、米国カリフォルニア州に位置する同名の秘密結社の所有地(森)を意味する。この秘密結社に近づくことは極めて難しい。

<おかねの神、つまり、モロク神>

・キャピタリズムの核心は通貨発行権と私立私営株式会社が独占する経済システムである。と定義することができる。

・私営株式会社としての銀行が一国の通貨の発行権を独占する。ということは、一国の政府が、その国の通貨を、この「株式会社=銀行」から利子を支払って借りる、ことを意味する。これは手品であり、魔法のごときものであり、正確厳密に言えば、明々白々たる犯罪である。

・国家政府の株式会社化。これが近代西洋の本質である。

<犯罪集団として生まれた「カルト273」>

・このことは何を意味するか。それは、そもそもモロクの神の原点である、「カルト273」が、犯罪集団として生まれたことを意味する。

<利子現金の支払いを拒否する者は、モロク神によって問答無用で殺される>

<戦乱、動乱、虐殺、侵略、ホロコーストの神>

・モロクの神は、従って、この2千数百年、戦争のなかった年は1年もなかったと言われるように無数の戦乱、動乱、虐殺、侵略、ホロコーストによって数百万人、数億人、数十億人、以下続々と罪なき者たちを問答無用でホロコーストしてゆく、そのような神である。

<神ではない神であるモロクの神>

モロクの神に道徳はない。モロクの神には犯罪者という定義以外は存在しない。モロクの神はいかなる意味でも神ではない。神ではない神であるモロクの神とは何者か。

<モロクとはいかなる存在か>

このようなものとしてのモロクとはいかなる存在か。それは犯罪者、以外の何者なのか。

<モロクの神の最もよく似ている存在。それはイルミナティである>

・驚くべきことに旧約聖書に登場する神でソロモン王建立のミルコム神殿に座すモロクが、世界各国の中央銀行と呼ばれる組織を統括している。

・本書は、聖書の神モロクに言及し、いかにしてモロク神がこれらの悪魔たちと入れ替わりながら、歴史を通じ、マネーをコントロールする秘密結社の真の原動力となってきたかを述べた初の試みである。

・私の見解では金融に対する信用枠が破綻し、崩壊した現在の世界情勢と米国の金融政策と政治の整合性に対する疑念の高まりは地球規模の変化をもたらすのではないかと思っています。この行き着く先には、米国のドルに代わって望ましい基軸通貨として日本の円が見直される可能性があります。

・日本型の構造が、他の国々や市場に普及していくことは、かって米ドルを「基軸通貨」としていた世界では実現できなかった安定を、世界の市場にもたらすことになるかもしれません。もちろん、このためには、次のようなことが必要となります。
1、経済霊とその神モロクの正体を認識すること。
2、地球の中央銀行システムの中にモロク神の神殿があることに気づくこと。
3、聖書の宗教というありふれた日常のヴェールに隠れたモロク神に気づくこと。
4、アジアを含めた世界中で、普遍的な商業、聖書の宗教として、世界に君臨してきたものは、実は世襲的な特権を保持し、各国政府から利子をむさぼる厄病神モロクの「マネー」による活動であったことに気づくこと。



そろそろクライマックスだね。

ウサギの為にできる事は?
#33720
モモさん、おはようございます。

モロクの神ね。しかし、豆知識をよく知ってるね。
#33722
具体的に銀行預金引き出しが制限された時何ができるかを考えておく事です。その次に身の回りに何が起きるか。そしてその期間はいつまでかと言う、軍事作戦のようなタイムテーブルと補給を考えておく事ですよ。
 世俗的には全てに生地が出るに過ぎないが、平素それを(兵器の能力、士気、補給など)把握しておけばいいがなかなかそれができない。
 既にお遊びの時を過ぎたと思うがいかがだろうか?
おそらく引き金は中東の動乱か電子事故でしょう。韓国もくさい芝居をしたね。いつもの事だ。
 自動産業の未来を考えたがいまがピークでしょうね。非常に大きな制約があるねえ。
#33724 ゴジラ様へ
日本の富裕層が、インフレを嫌って、貴重品や貴金属や株式などに預金からシフトした場合。

国債金利が、上昇することとなりますが、それをロールオーバーさせる為には、政府はどのような操作が必要だと考えますか?

また、預金引き出しの制限が今年1月から行われてたのは、国を守る側の対応であり、

今般の株価上昇は、日銀をはじめとするモロクの神の仕業だと思います。

『相棒』などの映画によるメディアミックスによる国債不安を心理的に使うのも、外資勢力による作戦の一環だと思われます。
#33725
kenjiさん、モモさん、おはようございます。

金利上昇を防ぐには日銀が無制限に国債を買い取るしかない。準備は出来ているんじゃない。米国といっしょだね。
#33727 モモさんの不思議な話は
「マネー/金融システムの闇の超起源」
 R.D.ウィリング 徳間書店 からの引用ですね。

日本はモロクに渇望されているんですね。
日本のTPP参加はモロクの神の狙い通りということですね。
怖い話です。
わけわからない神にこの世界は望みどおりにされようとしている。
#33728 アルバさんへ
お金仕組みも宗教も洗脳なんでしょうね。
これでバチカンが繋がってきました。

出典は、その本です。
お金が余れば、買うと思います。
金利については、まだ重要なことを書いていないのですが、知っている人達も増えていると思われますので、後々に…。
#33733
信長が比叡山延暦寺を焼き討ちにして僧兵、老若男女を撫で切りにしましたが、それくらい同じことをしないといけないでしょ。kenjiくんモモさん

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する