ショートは年々増えている

M120130309.png

ゴールドのブローカーによるショートポジションは年々増えてきている。つまり年を追うごとに市場により大きな歪みが生じてきていることを示している。特にここ最近は凄い。一気に倍増以上しているわけだからね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#33456 ショートは増えども・・・
円建てではゴールドはむしろやや上昇の印象ですね。
個人的な見方ですが、今まで我が国、日本は世界一安く
実物ゴールドを購入できていましたが・・・その反動でしょうか?


個人的な相場観ですが、円は更に円安に向かうと予想しています。
(多少の揺り戻しや振るい落としは有ると思いますが・・・)
金・銀・プラチナ・パラジウム等の実物ホルダーは心の余裕が
今後出てきますね・・・下手に動かなくても資産は増えると思います。

ゴールドは、今月末ドル建てで1580以下で終われば
月足で6ヶ月連続の陰線となりますね。
長いこと金先物市場に参戦しているが、記憶に無いなぁ~

独自の音楽理論、星の動き、為替の動き、
経済指標は完全無視!、テクニカルも無視!
あと、勘・経験・度胸を少々。

3月末~4月中旬の決戦に我挑む!
(ストップロスはガバガバで、レバ2倍程度なので討ち死にはしませんけど・・・)
#33457
こんにちは、いつも参考にしてます。ニッケイで勝負されるなら理解できるけど、金銀は当分下がりでしょう、狙ってますけど、1500割れも、株に資金シフトが、、、、、
#33458
闇からの一撃さんへ

不動産屋さんじゃーないですか、kkd つまり勘と経験と度胸なんて、

バブル時代の不動産屋さんの儲けの合言葉でしたよね。
#33459 ××様、こんにちは。
いつも、鋭い洞察力とご指摘さすがでございます。東京金より$金のほうが下落リスクは高いと思いますし、××様のおっしゃる通りと思います。当方、昨年末に2013年の底値予想を$1555/1tozレベルと無謀にも(多少自信はありますけど…)申告致しましたので、投資家としての自分の腕を自己責任のもと、試してみたいという気持ちも有りまして…チャレンジ中です。投入枚数も30枚レベルでロスカットは$1490に設定しています。はたして結果は…仮に外したら…敗者の弁を述べて退場予定です。
#33460 ヌーチャン様、こんにちは。
若いときは、電気回路の設計やら生産管理やら、最後は営業もやりましたね。今となっては、昔のことですが…メードイン・ジャパン全盛期でしたね。この辺りでご容赦下さいませませ。
#33461
 今回の変動は大きな打撃を与えたと思う。特に金鉱株の下落は大きいと思う。産業が活発化すれば、金価格は上昇すると勝手に思っているが、下落しているから、経済はたぶん、良くない。
 それより、円相場で、これほど下落するとは多くの人は思っていなかったのではないか?
 実に簡単に円相場が下落したが、安部政権の誕生で起きる事だろうか?
 過去の相場変動を見ると意外と大きく変動している。しかも短期間に。
 常識は為替の下落は金利の上昇を伴うとおもうが逆に下がっている。
 円キャリーが起きていると見ている。そのためアメリカ株式が上昇しているのではないか?
 いずれ日銀は引き締めざるを得ないと思うが、そのときまた同じ現象が起きると思うが、次回は致命傷になって、世界戦争へと進むだろうなと天井を見て思うな。うん。一年後の世界を実感できる人はそれを元に行動をすればいい。しかしそれができればね。
#33463
みなさん、こんばんは。

そうです。ボックスと言いながらもずっと下がり目です。実にめんどくさいですな。
#33464
最近、取り寄せた本が面白い。
経済現象を運動方程式や電気回路方程式を用いて定性的・定量的に分析するための理論書

1986年7月7日、ボーイング社の社員が購入した、IBMからの放出品の中に未処分のまま入っていた
コピー紙によって偶然明るみに出た、怪文書「沈黙の兵器」。
の解説書

「悪魔の経済学」浅野浩明著
文芸社

残念ながらただいま絶版

#33466
モモさん、こんばんは。

絶版とは残念ですな。
#33468
今回の下落は少々川幅が広がっただけ、また上昇に転じる。メリマンの予言は強気と出ている。空売りの買戻しが有れば、急騰もあり得る。
#33471
銀河さん、おはようございます。

そう願っておりますよ。
#33475
>モモ
 物の値段はどのようにして、いつ、誰が決めるか、どこで決めるかと思って、寝転んで考えた事があった。
 そのとき、よくわからないが量子力学の考え方を用いるといいではないかと思った。量子力学は名前と解説くらいは読んだ。つかわれる数学が高等数学だから、まあわからない。
 水素原子にナゼに、一個しか電子が入ることができないか、いくつでも入れるではないと言う疑問は、量子力学が説明してくれる。
 このことはたとえば、金価格の値はいくつしか取れないと言う思考に導く。商品の値段は連続的に変化せずに、立とえば、豆腐一丁50円のとき、次にとる事のできる値段は51円、49円だが、量子力学的思考は、そのようにはならない。
 ご指摘の本は量子力学的に記したものではないと推測するから、あまり宛にはならないのではと勝手に思う。
 金価格の予測についても、量子力学的に把握するなら、離散値をとるはずだが、そのように事象を理解するなら、金価格の量子化をする必要がある。しかし、素人学習だから、それ以上は無理でしょう。
 どなたかすぐれた、物理学者がして、素人向けに解説書を書いてくれるといいとは思っている。
 いずれにしても金価格は離散値を取ると見ている。そのようにデーターが見られるように量子化することだが、できることかなあと妄想している。

 現状で関東へ大地震が襲えば、何が起きるか?
この対策をしておくべきだと思っている。金価格の変動よりもこちらのほうが打撃が大きい。福島の復興を見ると、我が国は既に統治能力を失っていると思う。すなわち無政府状態である。

 ただそれが見えないだけである。我が国政府が二重政府だから、それを見えなくさせている。
 
#33478
本に書いている事はそんなに難しくありません。

お金の流れを
水圧や水流の速さや抵抗に表して経済現象を説明してくれています
ヘッジファンドは国民のお金に対する抵抗係数を減らす事によって値動き起こすと説明しています
よってその国の規制を緩和し自由化する事によって抵抗係数が下がり、お金の影響力が大きくなる
昨今の金融自由化やTPPも
簡単に云えば、資本効率の最大化という資本主義のテーゼに行き当たります

お金による支配の絶対化ともとれます

ここでいう水圧は

中央銀行と市中銀行の信用創造の総和を意味しています

例えば日本が敗戦し焼け野はらから、今日があるわけで
誰かが

無からお金を作り出さなければなりません
当時は傾斜生産法式といって
産業復興する順番を日銀が決めていました
より効率的な復興であり、また言い方を帰れば私意的ともとれます
東日本大震災があり上記に示した歴史を考えるとなぜ直ぐに復興させないのだろうか?

という疑問が頭をもたげます

不確実な情報によると福島は
世界中の核廃棄物の処分場にするシナリオがあるそうです。

ハイゼンベルクの不確定性原理は真理でしょうね
アインシュタインも正しい
私は高等な数学は少ししか知りません
#33488
>ハイゼンベルクの不確定性原理は真理でしょうね
アインシュタインも正しい

不確定性原理は不思議な考えで、それは考えではなく、事実の問題でしょう。よく理解できないが、物事を決めることそれ事体が、その物事に影響すると言う事だろうと思う。
 金価格の離散地はそれぞれの高値または低値を考える事で、ある値をとった後、次のとる事のできる、高値、低値を離散地として、考える事で、量子化をするという考えだが、考えやアイデアなど犬でもうかぶが、問題はアイデアを出す事ではなく、そのアイデアを具体化することが一番苦労と、努力が必要です。
 個人的には貴金属は上昇すると見ているが、それが連続的でない事が、問題です。
 当面は円相場でしょう。円安などいい事は無いと見ている。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する