本当に景気は良くなっているのか?

景気の先行指標の一つとされる銅価格だが、世界同時株高とは裏腹にパッとしないボックス的な動きだ。金価格に少し似ている。銅在庫もかなり積み上がってきており、怪しい予感が漂う。株バブルは本物なのか?想定バブルなのか?それとも将来のインフレを予兆とするものなのか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#33424
おはようございます、景気はいまいちですね、でも株持ってる年配の方々は元気出て来てますね。ニッケイ12000回復後の調整狙いというところです。急上昇あるやなしや、、、
#33425 株式も景気関連指数も中途半端な位置ですね。
正直、新たに大きなポジションを組むことを躊躇しています。
・FX:利確してノーポジ(撤退済)
・日経先物:利確してノーポジ
・ドル建て金:損切りしながら、1560~1570でポジション構築完了。

日経平均が2万円まで上昇しないと眠っている大量のお金は
動き出さないと感じています。

1万2千円前後では年金基金などのローテーションの動きも
緩慢では?と感じています。
ポートフォリオ見直しは、基金の役員会での総意や決議等、想像ですが
色々あるやろうからね・・・。

米国の経済指標も改善がみられる指標も個人的な見立てですが・・・
米国住宅着工件数、米国貿易収支、米国失業率は
良くなっていると思います。

しかしながら、米国GDPやISM製造業景況指数等
楽観視できない部分もありそうですし・・・
いまだ回復の途中(腰砕けする可能性も有る)と感じます。

話が飛んでしまいますが、
今現在は、下のどこに当てはまるのでしょうか?
ゴジラ様や常連の皆様のお見立てを聞かせていただけないでしょうか?
(投資は自己責任ですので文句は一切申し上げませんので
ご教示のほどお願い申し上げます。)

 破壊の中で、生まれ
 懐疑の中で、育まれ
 楽観の中で、成長し
 確信のもとで、崩壊する
#33426
確信のもとで、崩壊する。とはとれず、確信の中で崩壊に誘うのだとの考えです。ゴールドは日経によれば、欧米ファンド売りのインド、中国の買いで下値の支えと言う事のようです。株式は、上昇の中でインサイダーの筋やプロの投資家は売り抜けているとのことです。プロ層やヘッジファンド筋は、相場の振幅を儲けの種とするのですから、これからも大量の資金で仕掛けるでしょうね。

中東や極東がきな臭く応戦の仕掛けをしている様にも見えます。
#33427 富める方たちへ、 熱い思いをこめて!
世界を支配したい勢力からすれば確信のもと崩壊し破壊の後の新しい世界を待ちわびているのだろう。

一般国民からすれば、懐疑の中でさまよっている。明るい光が見えない。
少し光が見えても、その光を信じていいのかどうかもわからない。
不安に満ちている。

ダースベーダーは私たちに不安や恐怖、怒りを起こさせ、そして暗黒面へひきずりこもうとしている。
相場を操り、破壊へ導こうとしている。
ジェダイは光や希望・信頼や勇気をもって暗黒面と戦う。
今ジェダイのフォースが少しずつ弱くなってきている。

何故か?
それはエネルギッシュであるはずの若者から仕事を奪い、活躍の機会を無くし、不安や失望を与えているから。
ダースベーダーは若い伸び盛りのエネルギーが脅威になるのを知っている。
私たちは少しでも若者たちに光や希望を与えなければいけない!

もし富める者は、若者たちのためにどのように富を使ったらよいか考えてほしい!
そしてポストや既得権益に甘んじないで欲しい! 
自分たちの私利私欲のためだけに、投資をするスタンスでは、この相場は懐疑から崩壊へ向かってしまう!

私は暗黒より光やフォースを信じている。
個人に何が出来るかわからないが、何かしら発展のために、お金を使いたいと思う。

そして、若者に働く場を創出できる暗黒面に呑み込まれない起業家の誕生を祈る。
それが日本や世界の発展につながるように思うから。
#33428
これまでの富の元は何か?これを考察すると、これから富が増えるとは思われない。まずこれがおおきなトレンドだと見ている。これはこれから、生産するものは高くなることを意味する。つまり既にあるものより、新しい物のほうが高くなる。デフレなのに。生産されたものは必ず酸化する。つまり劣化する。これを元に戻すのに費用がかかることを意味する。その中で貴金属は酸化をしない。この要素のあるものは今後高くなると見ている。
 したがって、貴金属現物が大きく物をいい、今回は金鉱株の上昇はたぶん起きないのではと思う。
 電気料金があがり、消費税が上がる状況で、よくなるわけが無いと思う。
 いずれにしても、為替と国債金利だが、為替が安くなって、国債金利が下落する事はちょっと変だと思うが、実際それが起きている。
 国債金利が低くてもこのIT化で、事務費用が激減しているから、その昔の金利とは金利構成要素が大きく異なるから、一概に金利が低いと言う事ではないとこのごろ思う。つまり利ざやを稼ぐコストが低くい。このことはIT化による人員削減を意味して、これはあらゆる分野に及ぶから、賃金は上昇しない。したがって、景気がよくなるという見方そのものを変更する必要がある。つまり景気がいい悪いという現象は今後起きない。また、その見方で物を見ることは誤ると見ている。ではどのように?それはこれから考える事になる。 
 
 
#33429
ロイターによれば、米下院は6日、共和党が提出の9月末(年度末)までの暫定予算案を267対151の賛成多数で可決とあります。一先ず、3月27日のアメリカの危機はクリアしたようです。

日銀政策決定会合は、大方の見通しの通り、現状の維持。
#33430
米国国土安全保障省が国内治安用に装甲車を2700台購入だとさ。問題は、国内の治安用に軍事用装甲車を用意すると言う事。もちろん、当局は国内の騒乱と暴動を予期しての対策であろうが、問題は、その騒乱と暴動が何によってもたらされるかと言うことだ。以前にも大量の戦車などの軍用車輌の移動が沿海部から内陸部になされているとの報告や、国内で外国の軍人部隊の活動の目撃情報や政府機関による殺傷性の高い大量の弾薬の購入が伝えられている。FEMAによる大量の棺桶の用意なども気になるところ。米国は、比較的長期にわたり、これらの用意周到な準備に入っているようですね。本当に経済が好調に持続し、持ち直しているのとであれば、こんな準備は万が一にも必要にないだろう。想定される事象の企図とプランがあるのだろうと思わざるを得ない。そして、それが何時起るかだ。
#33431
カダフィやチャベスが亡くなったし、北朝鮮もきな臭いし、シリアも戦争中だ、あとイランぐらいかな?

すべての国々に共通する事は、
民主主義ではない事かな。
#33432
みなさん、こんばんは。

世の中、フラフラしながらなんとか持ちこたえてる感じだ。きわどくとも保っていると見るべきなのか。
#33433 ゴジラ様、皆様ありがとうございました。
感謝致します。
#33439
マザーアースさん、それは日本も同じことですよ。
全て連動している。 FEMAの生みの親、ブレジンスキー曰く、「~~~~、急がせろ!!」 「アメリッポン!!」 

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する