未開の鉱物資源が眠っていると言うが・・・

gold-3.jpg

中国北部の内蒙古自治区で金鉱山が発見された。埋蔵量は148.5トン。もうしばらくはある程度の規模の金鉱山など発見されることはないと言われていた。金鉱は内蒙古西部のバヤンノール市に位置し、内蒙古太平洋鉱業、中国国家ゴールドグループの子会社によって発見された。残念ながら私には恩恵はないが、中国に未開の資源が眠っているとは聞いていたが最近この手の報告がポツポツ出て来ている。そろそろ当たらないかなと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#33284
未発見、未開発、未開拓の資源の発見で、中国の環境汚染は深まるばかりだと現状にあっては考えざるをえない。そのうち内憂と更なる汚職と不正の蔓延で市井の中国国民は爆発だね。
#33285
悪いのは常に他人というお国柄・・・・
#33286
むかしNHKの未知への大紀行って宇宙番組で金鉱脈が巨大クレーターの周りに多いって言ってた。金を生じさせる核融合が地球や太陽レベルの生み出すエネルギーではとても作れないので、空から降ってきたのでは?って話だったかと思う。でもこうやって金鉱山は次々と発見されていく。核融合はクーロン障壁を越えるエネルギーによって実現するという現代物理学の常識はやっぱり違うような気がする。常温核融合の方が現実的な気がしています。地球に最も多い元素が鉄だってことと、全ての元素の中で電子の遷移状態が最も安定しているのが鉄っていう事実に、答えが眠っていると素人的には思う。
#33287
マザーアースさん、暇人さん、こんばんは。

巨大クレーターの周りね。確かにへんなところが多いかもしれない。
#33288
常温核融合は生物界に多いとも聞きます。超古代のインドに存在していたヴィマーナと言うUFOは、水銀を使用し、核融合反応で飛行していたそうです。ゴールドと水銀にも秘密がある。
#33289
クレーターの周りは、重力異常が発生する。また、地殻がめくれ上がっている。大量の熱が発生している。

資源探査は、人工衛星で重力異常を探す。地震波でクレーターであることを確認する。埋蔵資源を見つける。

金やダイヤが発見されやすいのは、地殻がめくれあがっているせいだろう。
掘り返す手間が省ける。核融合は、水素がヘリウムになることぐらいしかできない。
それ以上は、超新星爆発だと昔覚えた。

クレーターの周りで石油が見つかるのは、石油が生物由来でなく鉱物由来だからだろう。 生物由来はどうやら嘘らしい。昔は、金鉱脈は海から探した。船で陸を見ていると、紫色の気が立ち上がっているのが見えたそうだ。これは、霊感のあるものしか分からない世界です。

北朝鮮が作った水爆。 報道では、ブースト型原爆って言ってた。それは水爆だろう。
なんでも、北朝鮮でとれるタングステンで外殻を作り、高性能爆薬と重水素だけで核融合をさせた純粋水爆だという噂だ。

これで、人民解放軍最強部隊の瀋陽軍区が独自の核兵器をもったことになる。 この先は、長谷川氏のシナリオどおり、共産党が北朝鮮に侵攻せよと言うと瀋陽軍区が反乱を起す可能性があり、三国志の世界にしてしまうのが西洋人の戦略なのだと思う。



















#33290
マザーアースさん、ケニーさん、おはようございます。

なるほど。みんな博学だね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する