吸い込んだものだな



2012年の香港からの中国本土への金輸入は834.5トンだったようだ。これは前同比94%増で約2倍になる。よくもこんなに吸い込んだものだな。中国は金輸出をしていない。生産量最大の中国はさらにゴールドを吸い込んだ。確かにインドは失速していたが、不思議なのはTOKYO GOLD FESTIVAL'12で池水氏も言っていたが、スクラップがでなくなってきていると。需給は変化を始めていると思っていたが、金価格は1年を通じて不調であった。先物価格はかなり歪な動きをしているのだと見ている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#33001
ゴジラ様

仕事関連で気づいたこと。

家電雑品、つまりは廃棄された家電、今まで以上に品質が低くても引き取ってますね。多分、中国の金現物を欲している現れでしょうかね。

低品質のスクラップでも売れるんですからね。恐ろしいです。
#33003
Steinさん、こんばんは。

そういう情報は貴重ですね。ありがとうございます。
#33009
昔、祖父が自宅の実験室で現像済みの写真フィルムから銀を抽出する研究をしていた。
その時の廃液の色は毒々しく、祖父はこのまま流すことはできないからと言って何かの機械で処理をしていた。
日本は小さな国で資源に乏しい国だから、貴重な資源を大切にしないといけないと言って、自社の写真フィルムの再活用を試みていた。リサイクルである。
しかし自宅の花木や庭から見える海を愛する祖父は廃液をそのまま垂れ流すことはなかった。
2年ほど前のある日、テレビで、中国の農村部の農民が、スクラップを素手で処理して貴重な金属を取り出し、売りに行くのだと言っていた。廃液は何のためらいもなく畑の脇の空き地に捨てていた。
日本から渡ったであろうスクラップはどのように処理されているのだろうか?
今この国は、海や川、大地や空気を汚しながら、何もかも呑み込んでいる。
金も毒も何もかも。
#33010
中国のGDPはアメリカに次ぐ世界2位だという。
ただしこれは中央政府の発表値だ。
しかし地方自治体のGDPを全て足すと、実はアメリカを抜いて世界1位になるなんてデタラメが起きていたりする。それはなぜか?
しょうも無い理由ですが、各地の共産党員の出世が業績にかかっているので、水増しに水増しをして報告をしているそうだ。じゃぁなんで世界二位のGDPの数字が出てくるのかって話だが、計算方法はブラックボックスの中なのだ。個人的にはこの数字が公式に通用しているのが本当に不思議でならない。

一方中国の輸出額がまた3~5割増なのではないかという疑惑もある。
どうしてかというと、中国の発表と取引先の発表の差が3~5割あるため。
なぜそんなことが起きるのか?
これもまたしょうも無い理由ですが、中国にも輸出には税還付がある。
輸出額が大きければ大きいほど、この還付金が手に入るのだ。
#33013
muku猫さん、暇人さん、おはようございます。

二つとも恐ろしい話ですね。まあ、中国の数字はアバウトだとは思っているが・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する