自由化しないが正解?

日本の円安政策に非難が集まっているようだ。今まで散々円高にされて苦しんでいたのにちょっと円安になると非難が集まる。あれほど大規模緩和している欧米の方がはるかに問題だと思う。振り返ってみるとやっぱり自由化していない通貨は最も安全なところに位置している。どうなんだろうね。まさかあんなに批判の対象になっていた中国のやり方が正解だったなんてことになったらどうするのか。まさかのまさかは起こるのか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#32825
まっさかさま、何て言うのもある。
#32826
政府は行政改革の一環とは言うが五万円紙幣の発行の計画があるとの報道があった様だ。究極の円安政策とも言われているようだが何やらくさい。デノミ?新円切り替え?対ドル100円あたりの目標か?・・・・
#32827
マザーアースさん、おはようございます。

あまりにも急激な政策転換にバックの存在を疑う。
#32828
オバマミクスにアベミクス、批判で円高に振れるだろうが、年後半には100円突破も、動き出したら止まらないのです
#32829 地獄の釜のフタ
が 開くのも 近いかも
#32830 最終的には・・・どうなんだろう・・・ブロック化するのかな~
歴史的を、数百年単位で眺めると・・・
掲題が正解だと仮定すると、行き着く先は昔歴史の教科書で学んだ
ブロック経済なのかな。

そのあと・・・一億火の玉となって富国強兵に進んで行きましたね。

経済的な困窮は、心の余裕を奪い、知識の豊かな人でも
冷静な判断を誤らせるから怖いね。

我が国、日本はちょいと苦しむ期間もあると思うが、
一番最初に恐慌を抜け出すことになると確信しています。
今はその時の種をせっせと準備中。

話は、飛びますが、伊勢神宮、出雲大社の同年遷宮は重要ですね。
あとになってみると、歴史の奇妙な一致ということになると思いますが・・・。
5月には出雲大社に参拝に行く予定です。

あちゃ~朝一番にプラチナ(XPT/USD)少し買ってしもうた!
もう一日待つ予定でしたが・・・フライングです。
退場にはならんと思うが・・・。
#32831
明年の式年遷宮は出雲大社の60年に一度の大遷宮と伊勢神宮の20年に一度の遷宮が重なりますね。
#32832 伊勢神宮と出雲大社
伊勢神宮の元は、丹後半島 一ノ宮 籠神社 出雲大社の元は、 同じく 籠神社 あまり、知らない人いるみたいだけど 大変な年なんだから
#32833
 おそらく、政府財政がもうどうにもならないのでは?負債性の経済ですから、近在の企業に聞くと、円安はよろしくない。
 何かありますね?
政策で円安ではなく、別の要因で?
 修理に行くと、よく起きる。まったく別の事がもとであるが、現象は、今修理している部分によるものだということが。
 第三次世界大戦の一齣でしょう。
#32834 $円AM10:30~5分足で見ていると・・・。
いわゆる・・・ロボットトレーディングじゃな。
トレンドとか材料など関係なしという動き、
まさしくトレーディングアドバイザーが勝手に
トレンドを作っている。

プラチナも早めに撤退しよう・・・
こりゃ~週末は多分あれると見た。
#32835 world order
ご存知のコピペですが
よく熟孝されたし

ロス〇ャイルド家を代表とする銀行家が、当代きっての優秀な経済学者を雇って研究させ、明敏な頭脳で理解したのは、以下です。
【仕組み】
(1)無金利の紙幣を、金利がつく国債と交換できる。
 ↓
(2)保有する国債価格が下落(=金利が上昇)するような時期は
、経済対策と言って、更に国債を買い金利を下げて、原価ゼロの紙
幣を刷ればいい。これによって経済は、金貨(または兌換紙幣)の
時代と異なって、常に物価が上がるインフレ含みになる。
 ↓
(3)インフレは、物価の高騰であり、それは紙幣価値の下落である。
 ↓
(4)紙幣発行額は、銀行の負債である。その負債の実質価値は、インフレで減って行く。つまり中央銀行はインフレで利益を得る。
これがインフレの経済学です。

〈コピペ終わり〉

フレミングマンデル理論が正しい場合
いくら日本政府がお金を刷りまくっても
国の国境を越えて金利の高い通貨で運用されるのだから
自国の実態経済は好転しない

マネーサプライを増やしても
自国内で還流し購買力の増加は 望めない

ジャパンマネーを安く手に入れて略奪的な投機を行っているのは 誰か?

またデフレの正体は中国の破格な人件費安なのだから
そこで製造される材やサービスが西側先進国内との価格差がある限り
インフレ誘導をしても効果が低い
中国人民元安は

正にグレシャムの悪貨が良貨を駆逐する

という歴史的な証明だと常々
思う
#32836 モモ様へ
この仕組みや方法を、実際の運営に持って行った
マネジメント能力は超天才ですね。
私ももう少し知能が高ければ・・・なぁ~んて
考えても当方凡人やしね・・・とても勉強になりました。
感謝です。

鹿十ピン助様へ
出雲大社へ参拝の前に、霧島神宮、高千穂に旅行予定です。
霧島から見た桜島も絶景で・・・日本に生まれてよかったと
訪れるたびに思います。
#32837 モモ様
 紙幣の発行を何を基準でするか?一度発行をして、その発行量を金生産量と同じように、制限を人為的にすれば何が起きるか?
 経済が先で、紙幣は後でしょう。その後は経済がさきか、紙幣が先かという現象が起きる。
 問題は為替だと見ています。
お金は紙幣でも、マッチ棒でもいい・なんでもいいがそれを支えている、文化がものを言う。ここに衝突が起きるに過ぎない。

 今回の円安は経済政策によるものではなく、偶然起きたと思う。
なにか別の要因ではないか
国内要因は政府の首が回らなくなった。これに尽きる。

問題は外部要因です。
幕末と似た事かな?
#32838
共産党から言わせると欧米の通貨制度なんて欠陥制度なんだから、そんなの真似してどうすんだって理屈でしたね。

私有財産を禁止し国家の全ての資産を裏付けにして通貨発行額を決める中国。
裏付け資産を持とうとするのは良いものの、他国の領土を穫ってかないと資産額が国務院の通貨発行量増加計画を満たせないってのは、やっぱおかしいね。
じゃぁ計画を見直せば良いじゃないかって思いたいものの、前任者を否定することは御法度だし、かつ責任とらされて共産党から放り出されてしまう。

通貨制度については欧米も中国も両方不正解だと思う。
#32839 world order
kenjiさま

たぶんカルト宗教じみた
信用だけなのでしょうね

西側先進国はインフレを利用した債務のファイナンスが無効化されて困っているんでしょうね

狭義の日本国民として出来る事は円を売り人民元買いを行って
通貨高騰を狙うなのですが

金(ゴールド)という調整弁があってインフレヘッジされている ように思います

その調整弁のないエジプトでは
アメリカがドルを刷りまくり
穀物価格が高騰して革命に繋がりました

日本人も幕末までの金銀本位制と
補助的な米価本位制(お米を売って材とサービスの交換)

ペリーさんによって結ばれた不平等な貿易条約によって
金属貨幣の流出において倒幕

明治新政府はインフレを退治するためにペーパーマネー発行

それから始まる

金属から解き放たれた通貨
のお陰で戦争の繰り返し

嗚呼…

#32840 そういえば
はじめてです。昔読んだ本を思い出しました。
戦略的「鎖国」論/西尾幹二(講談社)(1988/7)
貿易は国を滅ぼす /ラビ バトラ (著), 鈴木 主税 (訳) 光文社 (1993/12)
バブルに納得がいかなくて迷っていた頃に読んで、どこかで納得した記憶があります。
#32841
みなさん、こんばんは。

通貨システムの核心は闇の中にあるがそこをまとめたものは皆無に等しい。なかなか面白いところをついていますね。信用とはバブルのようなもの気がつけば消えて無くなる。そんな世界にいるのはやっぱり怖いね。
#32842 信用というものに
決着をつける 民族は 誰か? 国家は? まだ、 誕生していないだけなのか?
#32843
 金鉱株が下落しているが、これは何を意味しているだろうか?
石油の高騰?アメリカはシェール革命とやらで、エネルギー価格は下がるはずで、それは鉱山株には有利に働くはずです。
 こは如何に?
怪しいシェール革命ではないか?それとも中東の異変?
#32844
鹿十ピン助さん、kenjiさん、こんばんは。

鹿十ピン助さん、形の見えないものほど始末の悪いものはない。どうなるのかも見えないからだ。

kenjiさん、金鉱株はそれほど出来高がない。ブローカーのショートに誘われて個人が売っている感じ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する