記録的な低金利はいつまで続くか?

KWN Greyerz 13_convert_20130126144339

歴史的に見てこれほどの低金利が続いたことはない。中央銀行の人為的な金利操作は経済の法則を破壊している。これが良いことなのか悪いことなのかは後々わかるとして人工的な現象であることは間違いない。恐らくコントロールされているのは金利だけではあるまい。しかし、これはどこまでも続くわけではないぞ。債務、通貨、信用は無限ではない。人の創ったものは必ずいつかは壊れるものである。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#32792
数列の収束と発散を
調べなさいという問題に見えますね。

答えは、以下の3つのいずれか?
・収束
・発散
・振動

私的な考えですが、答えが1/3の確率であるならば、
ゴールド実物の保有率は資産の1/3が妥当と思います。
残りは株、キャッシュ(外貨及び円)で良いかと・・・
変ですかね~この考え方。
#32793
日本の為替円安誘導発言のメルケル首相のドイツ国債金利、上昇傾向。ドルもポンドも危うい。
#32794
ドイツの金の移送に各国中央銀行の金買いへの転換。
これは、きっとなにかある。なにかはわからないがなにかあると思う。買う要因があるから、買うという行動にでている。
いろいろな噂やシナリオを見かけるがそれは各個々人の推測の域を出ない。
所詮そう思うレベルだ。
いろいろ考えるのは、趣味の範囲ではいいことだが、やはり大きなお金を投じるとなると推測では行動できない。ぼくらに回ってくる情報は、非常にすくないのだ。
ぼくらができることは、中央銀行の実際の行動についていくことである。だからこそ投資ができる。
金は買いだと断言できる。個人の考えたシナリオなど無視してよい。
#32795
闇からの一撃さん、マザーアースさん、勝ち組さん、こんばんは。

闇からの一撃さん、良いじゃない。

マザーアースさん、安全なものがなくなってきている。

勝ち組さん、核心をついている。
#32797
 このグラフを見ると、我が国が先行していると見ることはできる。
中央銀行は金とその金利を提供できるが、それを使わせることは別の現象で、まして借金本位制では、無理と思う。
 道端に十円が落ちていると人は拾うか?
同じように金の粒が落ちているとき、ソレヲ人は拾うか?
そもそも一グラムの金を人は識別できるか?
 現在一グラム5000円です。計量ということを考えると、10円は0.002グラムです。確か田中の計量は0.01グラムだったと記憶するが、現在はどこまで可能だろうか?
 ここを考えると、計量という視点からは現在はおそらく限界でしょう。
 したがってそれ以上上昇することは、別の計量が必要になる。
ここを考える事でしょう。これは計量の問題ではなく、経済の仕組み上の問題です。
 先物を売ったが、継続してみていて、変だと思ったから、その日に最低の利で買戻しを出して、成立した。
 どうもさらに、白金は上昇するようですね。
円相場は、介入も無いのに下落か?それとも覆面介入か?それにしても政府は最近介入したドルで、大もうけではないか?
 

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する