ドイツの金塊請求は何を意味する

ドイツ連邦銀行(ブンデスバンク)はフランスと米国に対して正式に金塊の返還を要求した。ドイツは金準備を国内で管理する方針に切り替えたわけだ。これまで水面下で交渉していたらしいが今回はオープンになっているのが特徴的だ。NY連銀が保管するドイツの金塊は1500トンで、このうち300トンを2020年までにドイツへ返還するとしている。たった1500トン中の300トンとは少ないな。フランスが預かるドイツの金塊は374トンで近々ドイツへ返還するとフランス中央銀行は発言している。英国が預かっていたドイツの金塊は940トンだが2001年にドイツへ移送を完了している。米国の動きが非常に悪い。これら一連の動きを見て世界は金本位制に向かっているとする見方が出てきている。我々に真意は分からぬが金準備を本国に置く必要があるからだと思われる。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#32666 おかえりなさい。
なにか始まるから移動させるのでしょうと・・・当方も感じてしまう。
我が国、日本はどうするのでしょうか・・・。
民主党政権の時、海江●は売ってしまえと
言い放った記憶があるが・・・
#32669 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#32670
闇からの一撃さん、○○さん、こんばんは。

闇からの一撃さん、凄いことが起こってるんじゃないのかと思っています。今までのゴールドの扱いなんて小さかったですからね。

○○さん、ご心配をおかけしました。もう大丈夫そうです。
#32679 海江●も 馬鹿だなあ。
海江●も バブルの時 まだ、国会議員やってなくて バブルが、裂けそうなのに テレビ 出ずっぱりで 株の話してましたよね だいぶ 海江●にやられたのではないかな?

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する