議事録の影響は大きいね

FRBが公表したFOMC昨年12月11~12日開催の議事録によれば金融当局は毎月850億ドルの債券購入を2013年中に終わらせる可能性があると言う。議事録では資産購入を続ける期間をめぐり参加者の間で意見が分かれたことが示された。予想を示した参加者を見ると13年半ばごろに終了するのが適切と指摘した参加者と年央以降も続けるべきだとした参加者の割合は「ほぼ半々」だったようだ。これを受けて相場にはブレーキが掛かった。特にゴールドは急停車、いや逆噴射気味だ。明らかに操られている。しかし、資産購入を決めた矢先から反対意見が出ているとなると始めから噛み合っていなかった中で追加緩和をスタートしたことになる。これは財政の崖のごとくふらつく可能性大だな。やれやれ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#32454
HSBCとクレディ・スイスの2013年金価格の下方修正の影響もあったとの観測。
#32455 FRBの千日手
緩和 緩和で 同じ手を指してますが、 盤上解説会も 終盤なんでしょうか 寄せの局面ですかね。 だから、2ヶ月 短すぎはしないでしょうか? その間に 新手が 指せるか 考慮時間は、十分 使っているように思いましたが 議事録では そうでもない 雰囲気。 戦争を起こせるか! それ一手か
#32457
マザーアースさん、鹿十ピン助さん、こんばんは。

マザーアースさん、変わり身が早いね。

鹿十ピン助さん、どうなのかな。いつまでも先伸ばしはできないが、まだ慌てているようでもなさそう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する