FC2ブログ

世界的QEに反応の鈍いゴールドの怪

年末の来てもう相場的に大きな動きなかろう。世界的に量的緩和が加速する中、不思議とゴールドは沈黙している。インフレも今のところ上手くコントロールできているように見える。現状は一旦資金を引き上げドルに帰る動きか?ならば年明け早々に大きく動き出す可能性はあるのかな。しかし、マネーの動く方向はどこなのか?
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#32350 No title
今回のエントリーは昨日亀井氏も同じ内容でブログにしていましたが、自分にとっては待ちに待ったQE3発動後、ゴールドの反応を見て直感的に感じた。

これは私見だが、サブプライム、リーマン直後の世界経済は凄まじい資産デフレの嵐に陥った。

もし世界中でQE等、量的緩和合戦を実行していなかったら間違いなく1929を上回る世界大恐慌になっただろう。

その証拠が先進各国が気が狂ったように量的緩和合戦をや続けているにも係わらず、(短期間でマネタリーベースを3~4倍)インフレにならないことが、どれだけ凄まじい資産デフレに陥っていたかが物語っている。

そのことに投資家が気付きはじめたのではないか。

そうなると必然的にゴールドは主役の座から落ちる。

そこに陰謀論者が喜びそうだが、中国バブル崩壊を国際金融資本が仕掛けたら、ゴールド暴落は避けようがないというのが自分の来年の戦略だ。
#32351 No title
瀬戸の花嫁さん、おはようございます。

見方としては間違っていないように思う。インフレにならない理由の一つには商品価格がNYでコントロールされていることにあると思う。これはいつまでも続かないというのが私の見方。中国バブルに対する見方はいろいろあるが、崩壊の引き金は引かないのではないかと思っています。理由はいろいろあるが、あくまでも直近でという前提。
#32352 No title
今の株高は、2003年の小泉時代を思い起こす。
あの大相場は、記憶に新しい人も多いだろう。だが、あの上昇相場でも損をした人間はいる。
下げ相場に慣れ切っており、本物の上昇相場についていけないのが理由だ。
そういう人は、ちょっと上げただけですぐ売りたがる。そして大きな利益を逃すばかりか、損失まで出してしまう。
私はそれを「逆指標」と呼んでいる。

 金は4889円/gで修了した。年初来高値を更新での終了だ。ここ20数年来の最高値でもある。金を持っている人はほぼ全員利益が出ていることになる。
 2年くらい前だったか、金が3300円位のだったと思う。この時もこの掲示板で「金は天井」と言っている人もいた。実際は、さらに2年間上昇した。

 そして今年頑なに「金は売りだ」という輩もいる。だが先にも書いたように20数年来の最高値で終了した。売り方は損を抱えたか、大きな果実を手にできずに悔しい思いをしたかのどちらかだろう。
私は発見した。ここにも「逆指標」が存在したことに。

株でも商品でも皆が買い買い一辺倒では不思議と上値は重いものだ。売りがはいり踏み上げることによってさらに上を目指すもの。そういう意味では、「逆指標」の存在価値は重要だ。

来年は、さらなる利益を求め、「逆指標」を活用していきたい。

#32353 No title
以前にもここで述べたが、インフレ判断での物価指数はコアコアCPIで見るのが正しく、そこの処を全く理解していない人がスーパーの野菜やガソリン価格が上がると直ぐにインフレになっていると騒ぐ人がいるが、それは間違いです。

アベノミクスでもインフレターゲットを導入するようだが、あくまでコアコアCPIで判断するのが経済の基本なんだが、またぞろ馬鹿丸出しの経済評論家がガソリン価格高騰が家計を直撃していてインフレになっているとテレビで叫んで、安倍ネガティブキャンペーンを繰り広げて知識のない庶民をプロパガンダするのが目に浮かぶ。

話はそれたが、米国の最大の懸案の物価は住宅価格だが、NYをはじめ東部地区以外はようやく底打ちから反転が顕著になってきている。

財政の崖は恐らく茶番だとおもうので年明けに妥協案が出れば、米国に限ってはリスクオンになるとみている。

今年のネガティブな主役は欧州の債務危機だったが、来年は中国バブル崩壊かイラン危機のどちらかになると思っているが、どちら共、欧州債務危機よりはるかに日本に影響が大きいのではないか。

来年は本当に激動の年になりそうだが、、みなさんシートベルトをしっかり締めて良いお年を。
#32354 No title
しろたんさん、瀬戸の花嫁さん、おはようございます。

今年は大変な年になると思って迎えたが、終わってみればそれほどでもなかった。来年はいろんな意味で溜まっていたものが吹き出てくる年になるのかもしれない。

CPIの認識は実生活と連動している部分と連動していない部分があって難しい。個人的には食料品とエネルギーはカウントするべきと思う。このへんにずれがあるんですよね。
#32355 同感
>CPI
これは庶民実感と離れたマクロ経済の指標を見るためのものではないかと思うが、やはり変だ。知らなかったが、そればそれを基にした指標はへんだが、それは誰でも指摘できるから、何らかの専門的要素がそれを排除した指標を必要としていると思うがわからない。
 推定では比較をするときに困る要素が出てくるのではと思っている。
 大体日本人はすぐ比べるが、比較とか比の概念は難しいものです。
 収入に対する支出の比率が仮に0.8とするとベースが100万の人と、30万の人とは大きく異なるが比としてみると同じになり、そのときの比は比自体を現しているに過ぎない。
 比を見るというのはむずかしいが世俗的に見るとそれを自覚している人は少ないようです。これがわかれば、中学卒業かな?
 これは為替の交換においても現れると思うが、まあよく分からない。
#32356 No title
世界的に金の動きは、難しいところにいるのでしょうね。
流れが明らかに変わり、仮に金の大きな下げが有ったとしても、東京金はあまり下がることはないと、思います。
円安が進むからです。この数年の超円高で手にした現物の東京金は今後も含み益を出していくと思います。
ただし、もう次のステージに入っている気がします。
現物金を今後買い増すには勇気が要ります。
それよりはもっと効率の良い投資先があるような。
それが何かを考えています。
今後日本人は厳しい現実と向かい合う気がすると思います。
仮に、金や株で、利益が出たとしてそこで手にした資産が
どれほど生活を防衛してくれるかわかりません。
とはいえ、危機感を感じながら必死に頭を使うことは楽しいことです。
来年の発展を期待!!
皆さん良いお年をお迎えください。
#32360 No title
kenjiさん、muku猫さん、こんばんは。

何か起きた時に生活を支えるのは自分自身の力です。いざという時は自分の力ですよ。みなさん、頑張ってくださいね。
#32370 No title
力だけでなく知力でしょう。 脅しに負けない。 ここは危ういな。 正義感・知力が足りない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する