米国債は明らかにバブルである

米国債の利回りは歴史的低水準にある。日本との違いはデフレ化していないことか。米国長期金利が1.6~1.8%程度とかなり低い。消費者物価指数は2%前後であり、実質利回りはマイナスである。それなのにここまで米国債が買われるのは異常事態以外のなにものでもない。これは安全資産としての逃げ道として買われていたこととFRBによるQEの影響が強い。もう一つは長短金利差による銀行による購入があるいう。だが、景気が良くなるのであれば債権からは逃げ出す必要がある。しかもそれが明確になってくるのであればなおのことで雪崩を売って逃げ出し始めるかもしれない。なんといってもバブルなんだから。FRBが追加で米国債の購入を始めたのは安全弁の役割を担っているからではないか。もちろん、これには別のシナリオもある。これは楽観論から来ている説だが、悲観論シナリオも存在する。こっちは破壊的すぎるのでやめておきます。あしからず。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#32221 No title
こんばんは。
アメリカの100ドル札新札切り替えの件は、事実ですか?
そして、新旧交換レートが1:1でなく、1:10ならば米国債の債務は大きく縮小し、対外的には大きな問題が起きるだろう、などといった、有り得なくもないネット上の噂も有りますが。
円安で株価は良くても、バブルな日本国債(?)、いつ狙われるか判りませんね。
年末年始位平和な気持ちで過ごしたいものです。私は残念ながら仕事ですが。
#32223 No title
muku猫さん、こんばんは。

そういうのはあまり上手くいかないのでは?いかにも見え見えの切り替えは北朝鮮のようになってしまいます。
#32235 No title
2013年度切り替えの100ドル札が大量に盗まれたとの話は先日ありましたね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する