fc2ブログ

誰のためのQEなのか?

念願のQEと言って良いのか複雑だが、我々金投資家にとってはそうかもしれない。バーナンキは景気が回復してくるまで不退転の決意で導入したと言っている。果たしてそうなのだろうか?規模の小さいQEに見えるがこの調子で毎月MBSを買い続けると2014年ぐらいまでには全体の住宅ローン市場の33%以上を所有することになるという試算があるらしい。恐らく手の付けられなかった有毒な債権はかなりなくなると思われる。つまり住宅市場は浄化されるのかもしれない。バンカメとかは生き返るのかもね。そう考えると景気にはポジティブか?でも銀行救済が大前提だとは思う。しかし、QEのたびにFRBのバランスシートは拡大してきた。それに対応して金価格は反応してきた。2014年後の予想金価格は3350ドル、原油は190ドルとなるらしい。(バンカメ予想)原油の190ドルは恐らく耐え難いものだと思うが、結果的に良いことなのだろうか?商品価格の高騰はゴールドを除いて景気に対する影響は少なからずある。需給との綱引きをどう考えて予想しているのか考えてみる必要はある。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#30324 No title
Henry Makow曰く、
Unlimited QE3 indicates banksters want Obama re-elected, and he will be.

それにしてもエリートのいう「日本の成すべき仕事が遅れている」という状況を飼〇れている石原慎〇郎が命令を受けて先頭を切ったという話が色んな所で盛り沢山。
最新のカレイドスコープの記事を読んでも大変尊敬に値する親子。
#30325 おはようございます。
シンクタンクやアナリストの予想は外すことが多過ぎますが、恐ろしいことにたまに当たる事があることも事実、いろいろな情報に振り回されると時代のトレンドも見えなくなりますね・・・昨日、子供に学習や勉強は何のためにするのか教えました。社会的な地位や名声、お金を得る為ではなく生きる力すなわち未来を予見する力を勉強を通してトレーニングしているんだと・・・。子供と向き合う時間は大切とあらためて思いました。色々と気付かせてもらうこともありまして・・・。ゴシラ様申し訳ない、テーマは誰の為のQEでしたね。
#30326 No title
QEって自爆という破壊工作でしょ。誰のためだか・・・スーダンでは米英独の大使館が襲撃されたとのことだ。自爆には、自爆するための切っ掛け、トリガーが必要なだけでしょ。私には既に導火線に火がついている感触ですが・・・・
#30327 No title
中東と極東と世界金融でわざとらしい、前から見え透いていたトリガーが掛かっただけってわけですよね。 それで気が付いたら金だけ持ったゴイム、にならないように。 どの位いわれて来たか分からないわざとらしい事象ばかり。 ア〇ム・ヴァイスハウプト、アル〇ート・パイクの・・
#30328 No title
Live and Let Die

http://www.youtube.com/watch?v=JK2hKzZss5Y

「 家畜化してしまえば、彼らの政治の本質、真の目的は「戦争」であるーということを忘れてしまい、彼らの意のままに張り巡らされた罠、すなわち尖閣や竹島、拉致、従軍慰安婦問題によって、隣国と再び戦うことを受け入れるであろう。」

映画好きな人はこれをどうぞ。
http://satehate.exblog.jp/18210152/


#30329 No title
支那で日本人狩り始まる!18日に北京で未曾有の大暴動も・満州事変の柳条湖事件9月18日へ向け支那全土で大規模な同時多発反日デモ・支那政府もお墨付き・尖閣諸島国有化で顔にラーメン、突然蹴りなど・退避勧告を
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4790.html
#30330 No title
18日、北京日本人学校休校。
#30331 No title
習近平氏、9月9日、白バイより至近距離から銃撃、死亡説が流れている。李克強氏も死亡の話。
#30333 No title
政府、尖閣警戒を強化…中国漁船押し寄せ情報も
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-943.html
#30334 素人意見
 負債性の経済においては収縮が始まると、いろいろ手を打つが、事は貸し出したお金の利子と返済ができないことでしょう。
 ひとつの会社なら負債の減額をして、事業が進めばその状態をみて、その金額を決めて、おしまい。
 しかし、今問題のものはそのような個々の物ではなく、市場が機能しないことが問題でしょう。したがって理屈は市場閉鎖です。普通の市場なら物がそこで取引が停止するだけだが、扱われているものはただの札(刻印通貨に良く似たもの)だから、市場を閉鎖しても、何かの物が止まるわけではなく、その市場介して資金をやり取りしていた人々が困るだけである。
その困る人々、社会がどの程度かは別ですが、おきるのはそれに過ぎない。そのため何とかしてその市場を機能させようとして、資金を出すわけだが、そこは負債性のつうかだから、資金を出すように見えても、その行き先は負債の償却へと進む。
 シタガテお金が無くなる。その代わり、中央銀行に資産が集まる。いい資産か不良資産華は関係ないが買値による資産があつまる。
 これをどんどんのしすめていくと、理屈では中央銀行が全ての資産を持つことになるとおもう。
 できることしかできない。これを理解する事です。
なぜしたか?
 戦争で言えばこう着状態になり、我慢ができなくなり、手持ちの兵力で、有効だとおもう、作戦をしたにすぎないと思う。
 FRBがしたことが有効かどうかはそれはわからない。
第三次世界大戦の一幕に過ぎないとkenjiは見ている。
為替はどのように動くか。アメリカは対外資産があり。ドル安ではバランスシートはたぶん黒字ではないか。したがって資金が必要に慣れが対外資産を国内へと回収せざるを得ないから、円は安くなると思う。これと逆のことが起きれば円高だが意外とこれまでの円高はそれではなかったかと思う。
 為替は貿易収支できまるから、これから外需のしめる割合が大きい国ほどその国の通貨は安くなる。
 もっともその割合が少ないのはアメリカで確か5パーセント、我が国は15パーセントとあったがそれは正確に<風が吹けば桶屋が儲かる>を計算したものとは思えないから、わからない。
 いずれにしても
>誰のためなのか
かは<我慢ができずに、目のまえにおける、できることをしただけにすぎない>から、先はわからない。
 モウFRBの政策に一喜一憂するのではなく、足元を見て、生きる事でしょう。

それにしても尖閣国有化は何を意味するか政府は理解していなかったようですね。
JALの国有化のように思っていた。
 形を変えた真珠湾攻撃でしょう。おろかに尽きる。
中共は外国で、支那人は外国人です。同じように南北朝鮮は外国で、朝鮮人は外国人です。これが理解できていないのが我が国のマスコミと政府です。
 優れた考え<外国人>というものを持ているにもかかわらず、それがつかえない。同じようにFRBも外国の中央銀行で、その政策は外国人(アメリカ人)のためにするものです。
 さてFRBとアメリカ政府の次の手は何が用意されているのでしょうか?
 それに対して我が国政府と日銀はどのように対処するか?
第三次世界大戦の一部分でしかもその初期の行動でしょう。
2025年までたぶん続くから、息の長い、緩やかな、あるときは急激な戦いになる。
 国を維持できなくなった国から、内部から崩壊していく戦争でしょう。
 ところで我が国の石油備蓄はどpれだけだったか?
以前は180日だったが民主党政権になって金を出すために確か50日減らしたと聞いたが、いいのかしらん。
皆さん、用意をでしょう。
#30335 No title
習近平氏、北京の中国農業大学に15日姿を見せる。情報が乱れ飛んでいる。
#30336 No title
みなさん、こんばんは。

今日もみんな元気だね。中国関係では物騒な事件が多いのが不安材料。上手くやって欲しいところ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する