fc2ブログ

何かが間違っている

またまた現役大臣の自殺とはこの国はどうなっているのか?事情はよく分からぬが、何かがおかしくなってしまった日本の実情に将来の不安を感じる。しかし、政治家の不審死をよく見かけるようになったものだ。この数年で何人目だ?明らかにおかしい。政治家の自殺率高くね?いや不審死率と言った方が良いのかな。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#30214 世の中お金でうごいている。
やはりそうみますか。
同感です。

中川氏、そして今回と
どちらも財務、金融関係、
お金がからんでいる。

世の中お金(経済、家計)
で動いている。
そしてお金がうごめいている。
#30215 No title
中川氏の場合、こんな話が。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1196.html
http://ameblo.jp/anne1950/entry-11101389156.html

彼は「人の目の前で財布が盗まれている」とか色々と発言してましたね。 お父さん共々の愛国家ともいわれている。
#30216 おはようございます。
ゴジラさん、なんでもかんでも陰謀だとか暗殺だとか決めつけるのは良くないですが郵政がらみだと単なる自殺とは思えなくなりますね。松下大臣が消えて誰が得をするのか?今後の展開をよく見ておく必要があります。
#30217 No title
そんなへな猪口な話でしょうか?

http://satehate.exblog.jp/18439849/

何故に郵政がらみだけだとお思いに? 
#30218 No title
紙屑など狙われたって何も怖くないんじゃないの?
そうか。かれらはその紙屑が欲しくて動いているというのか。
少なくともその辺の意思決定に直結した人たちだけは知ってるのであれば、紙などいまさら相手にしてないのではないか?都合のいい解釈をしたい時だけ、お金をお金と扱いたいのだな。
#30219 No title
picachu1234さん、名無しさん、少佐さん、おはようございます。

そもそも政治家になるような人が自殺とは考えにくい面がある。なんとも言えないが・・・。
#30220 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#30221
マスコミのレベルが低いことが問題の始まりじゃないかな…?
当たり前のように、自殺と決めつけて報道しているし。マスコミが潰したいと思ったことは、否定的な側面しか報道しないし。

外交は、他の国のニュースを見れば2つの意見が見れる。
だけど、国内のニュースは何を信じればいいのだろう。。
#30222 No title
 偶然か知らないが知人が今、警察マターでけいさつといろいろしているが、その応対を聞くと、なんとなくナン感じがする。勿論警察だが。
 まるで報道されていた、ストーカー殺人における警察のようで、被害者が警察に相談したが男女の痴話としか扱わなかったこととよく似ている。
 色々調べ始めたら、妙なものが出てきそうで、知人はどうするつもりかもしらないが、とにかく変である。
 法の執行ということが末端の警察官にまで理解されていないのではとおもって、これは異常だと思った。
 今の段階では、警察は普通の人がある事件に対して、大体このような対応をするだろうと思っているような対応はしないのではと思う。
 というのは警察の対応を会社(たとえば、kenjiが勤める会社)と置き換えて、見ると仕事(警察は義務)をしない方向へ(利益が出ない)動いている。

 知人は<殺人と傷害はすぐするが>というので<逆だろう、それらを少なくするために、このような事案は即座に対応する必要があるのではないか>というと<そうだが>という。

 その過程で。奇妙なものが出てきたから、それを今調べているようだが、とにかく警察は変な感じがする。
 警察発表は疑問に思わざるを得ないと判断せざるを得ない。

自殺をするような政治家は政治家ではなく、また亜米利加から狙われるなら、それなりの対処を持つことで、それができないようなら、なおさら、政治家ではない。

 明治以降わが国は暗殺で政治が動く国と世界で見られていた。それは戦前まででしょう。
 局長クラスまで暗殺をされている。その暗殺をする背景の精神が地下へもぐったがこれからそれが出てくるでしょう。
 明治以降わが国に大きな影響をあたえた暗殺は
大村益次郎、横井小楠、大久保利通、伊藤博文、原敬、安田善次郎、昭和の初めにおける政治家の暗殺、永田鉄山、515事件、2.26事件でしょう。最初の大久保以降、四人の暗殺は影響が大きかった。わが国の行く先を変えたくらいに大きかった。
 もう大東亜戦争の成果(実質勝った)がなくなったから、我々はその負担をすることになる。
#30224 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#30225 おもしろすぎる!
ゴールド・リース・レートが
1ヶ月~12ヶ月全て「0」になってる。
初めてみましたがここまで露骨にいじるということは
胴元はかなり苛立っているね。
#30226 No title
12日、ドイツ司法判断、13日FOMC、今日の東京株式市場の売りはJAL購入のための換金売りとも、それにしても売りがでかい。リースレートですか・・・ゴールドも昨晩から軟調な展開。もうじき、反転の攻勢と思えるが、ここいらの価格帯が当面の高値の話も。松下大臣の今朝方の報道もスッキリしない。
#30227 No title
インチキが出来るという事は、それ自体如何様にもなる単なる数字に過ぎない事を示している。何故ならば、物理的な現象という物はごまかしがきかないからだ。即ち、インチキかどうかというのは実際の現象を見てみれば良いわけだが、何故かそのこと自体よりも思い込みを優先したがるのは投資家のエゴというものだといえる。
#30228 >#30227 No title
 自然科学よりはるかに人文科学のほうが難しいと思ったのは40歳頃です。
 経済現象は自然科学的な見方は通用しないがその手法は必要でしょう。十分条件とか必要条件などでそれらは推理をするときに必要でしょう。
 紙幣発行の大元は
>何故かそのこと自体よりも思い込みを優先したがるのは投資家のエゴというものだといえる。

が必要でしょう。自身に有利になるようするわけですから。
 今ここが変わろうとしていると思うがいかがだろうか。しかも世界的規模において。現象としては各国を会社と見立てて、何処が先につぶれて、お互いどのようにしてそれに対処するかに過ぎない。仲間を作ったほうがいいなら作ることだし、しないほうがいいならそれができるならするだけでしょう。
 こころで国債発行ができないとなるとデフォルトになると思うがいかがだろうか。
 
#30229 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#30230 No title
中国が尖閣国有化対抗措置。海洋監視船「海艦46」「海艦49」尖閣諸島海域に展開。主権維持策定計画行動に入る。
#30231 No title
例えばお金を刷りまくってジャブジャブになっているならば、物理的にはじき出される絶対的な結果として相対的なインフレでなければならない。では何故そうはなっていない?価格とお金の絶対量というものは別物であるという事実がここにある。が、それでもインチキだというだろう。
仮にもし、破綻があったとするならば全く関係のない要因から引き起こされたものだろう。つまり、単純なそれを決める事の出来る誰かの意志だ。
#30232 >#30231 No title
 お金(紙幣)はすることはできるがそれをどのようにして、市中に流すのか?
 仮に印刷局へ行って、密かに紙幣をすって、その紙幣を使う時、何が起きるか?そのすったことを誰にも知られずに。
 そのとき起きることを色々考えればいいがその一つにケインズの理屈があるでしょう。
 アレは経済の状態によって物を言うに過ぎないと思う。
それに今は為替がある。

>価格とお金の絶対量というものは別物であるという事実がここにある

価格など相対的なものでお金が絶対量なら矛盾している。
価格は価格で、お金はお金に過ぎない。
金をお金として使うことと、紙幣を使うことは別物で、その紙幣と金を結びつけることはこれまた別物でしょう。
 よく分からんけど。

ナンか急速に収縮している気がするが、負債性の通貨は銀行倒産が到達点でそのとき銀行にあるものはなんだろうか?

>単純なそれを決める事の出来る誰かの意志だ。

不況にすることはできるが好況にすることはできない。
経済破綻には二つある。ただ単に経済破綻とその背後にある文化の破綻です。この二つを区別しないと見誤る。
 我国のそれは文化の破綻が背後にあるが、それを見ないと経済再建はできない。
 kenjiは金より白金のほう上昇すると見ている。
安いからです。 
#30233 何か変なときは全方位さくせん!
国内において不安であれば、お金に余裕のある人は
以下の準備をすれば何れか当たるのではないでしょうか?
不安は完全には払しょくできないでしょうけど
心の安定には多少寄与するのでは?

・実物資産(Au,Ag,Pt等)

・キャッシュで米国$、カナダ$、
 スイスフラン、
 オーストラリア又は、NZ$
 中国元

・数年保存ができる缶詰等
#30234 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#30235 No title
井口和基センセイのブログからの引用です。
【緊急】松下忠洋金融相死亡で外国人参政権と人権委員会設置法案がヤバイ!!!イルミナティカウントダウン終了で日本が破壊される!!!http://www.news-us.jp/article/291630491.html

少し引用すると、、、
■郵政民営化に反対
■人権侵害救済法案に反対
■外国人参政権にも反対
■日韓通貨スワップ停止には反対
■インサイダー取り締まりを強化すると述べる
これらの閣議決定をこの方の反対で食い止めてきたということです(最下段を除く)。
自殺でなく、『友愛』されたと噂されているようです。
#30236 No title
みなさん、こんばんは。

今日もコメント多いね。今週はイベントが多いからね。外貨建MMF EUR・・・これ繰上償還じゃないの。なんかあるかもね。
#30238 No title
ケン爺君。安いとは何かね。

相対的なものでしかない。

今一番安い物は食糧と水だろう。
#30243 >#30238 No title
 相対的なものですがどうもコスト割れの価格のようですから?
 実際は分からない。保存がきくからね。
確かに物価は上昇していないようにみえるが、給料が上昇しておらず、年齢とともに必要なお金は増えるから、相対的にインフレではないかとは思う。
 皆訳がわからなくなっているが、この先いいことはないことだけは確かだと思っているが、それは働いている人々で、年金受給者は違うようです。
 この落差が物を見させなくしているのではないか。

ところで日航は国有化して、再上場だが、おそらくまたつぶれるとkenjiは思う。
 何故日航だけ、政府が入るの、。シャープには入らないの。
政府が南朝鮮を助けて、自国の会社を潰すような政策をするから、間違いなく我国政府が気が狂っている。
 明治以降どれだけ、南北朝鮮に金をつぎ込んで、日本人を苦しめたか分かりはしない政府が我々日本人の実際にあった、また今ある政府だ。
 これをなくさない限り、我国の繁栄は二度と来ない。
#30244 No title
政府が南朝鮮を助ける理由は思うに、かつてのユダヤ人の様に迫害されたものは何故か後に強大な力を持つようになるのと同様、在日が既に我が国においてかなりの力の幅を効かせているのではないかと思うのだがどうだろうか。民主党、宗教、企業。
#30247 >#30244 No title
 間違い、かれらは迫害されたのではない。逆だ。
国から見ると保護された。民間の付き合いは色々合っただろうがそれは関係ない。何処でもあることだから。
 ここが我国の朝鮮人問題の大きな間違いで、政府は一貫して、朝鮮人を保護している。これは明治以降変わらない。敗戦でもかわらなかった。しいて、よかったのは1952年から1965年までに過ぎない。たったの13年間だけがわが国にとって、いい時代だった。明治以降よかった。

 大元の基本認識をまちがえると一見物が見えているようで見えないが、それを把握するのはきわめて難しい。
 三島由紀夫は色々な領域において極めて、すぐれている人だったが彼は<在日朝鮮人問題は、難民問題だ。>と確か、述べている。これが正しい。わが国は難民を受け入れていないから、当然、彼等も同じように扱うことだが、それが無茶苦茶になっている。何故、在日朝鮮人が難民問題に関与するか。特に帰化朝鮮人弁護士が関与するか、そこをかんがえるといいでしょう。
 弁護士に多くの帰化朝鮮人がいるようで、彼等がわが国を破壊しているとkenjiは見ているが、これについてはもうやめよう、近く大きな衝突が具体的に起きる段階へとすすんだから。

 追加だが亜米利加はアジアにおいて覇権を求めているのではない。覇権は手段で、この点中共とは大きく異なる。中共は覇権を求めている。ここに大きな落差があるがわが国はその間で泳がなければならない。

 これについては西洋からアジアを見るとどのように見えるかを考えるといいが、それを明快に理解していたのは勝海舟ですから、彼の著作を読むといいでしょう。

 それより見ると副島道場は大きくまちがえているとkenjiは思っているから、彼等の予測は外れると見ている。
 コノサイトノ趣旨にはずれますから、もうこれで。

 ほんとにいいですかね、わが国は。なにかおかしい。
一つの精神病患者の言動として、すべての日本人の発言行動を見ると何か見えるとは思うがそれには正常異常の規準を知る必要がある。しかしこれが難しい。
 金精神病患者の言動として、色々診ると、それはそれでまた面白いがkenjiもその一人だから、患者が患者を見ることになり、わからない。では医者は何処にいるか?。いい医者とはどこでまなんで、そのような精神状態か?
 gojiraさんは何の仕事をされておられるか興味しんしんですが、おそらく調査関係でしょうとは見ています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する