fc2ブログ

ドイツは何を想う

スペインもイタリアも手におえなくなったらドイツはどういう選択をするのだろう。究極の選択になってきそうだ。どこまで我慢できるだろうか?どこまでも際限なくお金を出し続けるしかない状態は続く。最後のカードはドイツが握る。このまま行くとユーロ圏の景気はどんどん下向く。ドイツの景気にも陰りが出だす。そうなるといくらユーロ安でもどうしようもなくなってくる。最後は一人勝ちにはなれないのだ。さらに新興国経済までブレーキがかかり始めると危機的な状況となる。ドイツの一人勝ち状態はもろくも崩れ去る。そこで悟るのだ。どのみち状況が良くならないのならマルクの方が良いと。ユーロ崩壊のカードはやっぱり怖いね。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#29274 No title
ゴジラ様、皆様、こんばんは。

日本ではメディアが寒冷化陣営の手に落ち、温暖化や排出権取引の報道はあまり見なくなった気がしていたが、メルケル首相の立ち位置はちがうようだ。

また

脱(反)原発派=寒冷化陣営
原発推進派=温暖化陣営

という図式でもないようだ。簡単ではないですね。


地球温暖化は劇的に加速する恐れも=独首相が警告
http://jp.reuters.com/article/jpnewEnv/idJPjiji2012071700306
#29276 No title
Englishrosesのファンさん、こんばんは。

誰がどっち側なのかって分かりにくいですよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する