FC2ブログ

どっちの可能性もある?

1600ドルに戻したかと思えばあっという間に売りたたかれてしまった。神経質な動きである。やっぱFOMCまではこんな感じだな。だが、QEが実行される確信はない。ツイスト・オペの延長が可能性としては高いとみている。それはダウが思った以上に健闘していることも理由の一つ。また、ユーロが異常をきたしたとき(ギリシャのユーロ離脱)などに取っておく必要もあるからだ。その場合は今月QE実施の可能性があることになるが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

まとめtyaiました【どっちの可能性もある?】

1600ドルに戻したかと思えばあっという間に売りたたかれてしまった。神経質な動きである。やっぱFOMCまではこんな感じだな。だが、QEが実行される確信はない。ツイスト・オペの延長が

コメント一覧

#28498 秋まで休みもありえる と思う
こんばんわ。
金の2008年のチャートを見るとリーマンショックの数か月を挟んで約1年もみ合っています。今回もうそうなる可能性はあるでしょう。でも、ギリシャで現状維持派が勝利すれば。FRBは行動すると思います。200日移動平均の1650前後を上抜けるのを確認してからでも、勝負は遅くないと思います。

ところでアメリカは2016年には天然ガス輸出国になります。
日本はほぼ確実に輸入するでしょうから、4年後はドル高しかあり得ません。3.4年待てるのであれば米国株は非常に魅力的に見えます。為替が今80円で、4年後に120円となれば他にもしないでも1.5倍、これに銘柄自体がよければ2倍、3倍は普通にあるでしょう。
反対に日本株は来年後半には手じまいするべきと思います。
増税で景気がよくなった例があるとは聞いたことがありません。
特に小売りの人は預かりの消費税を運転資金に回し、結果滞納なる人続出と思います。
診療報酬に消費税がかからない医療機関も、いろいろな仕入れには消費税がかかりますから。経営難のところが更に増えるはずです。

こう考えてみると、大局の戦略がなく、外圧でしか物事が決まらないこの国が悲しくなります・

#28499 No title
消費税が10%になったら、
・昨年の消費税の半期分
・売上げの10%分の消費税に関して予定納税(昨年の額を基準)
・消費税アップによって売上げの急減と利益の減少(手持ち資金の減少)
のトリプルコンボがくる。
そこに銀行の貸し渋りが重なる可能性が大。借りられてもこの運転資金の為の金利は高いんだろうな。
税金は利益の中から払うものって思い込んでると、この売上げに対してかかってくる消費税の額を見誤るんですよね。それで資金ショートを起こす。
消費税が増税になるときは、内部留保増やして現預金を増やしとかなきゃ行けない。消費税がアップになってから動いた企業は黒字倒産まっしぐらです。0→3%,3%→5%の時と5%→10%の時は分けが違う。
#28500 アメロって
素人ですみませんがアメリカがアメロを採用した場合にどうゆう事がおこるのでしょうか?どなたか教えて下さい、お願いします。
#28501 No title
>
こう考えてみると、大局の戦略がなく、外圧でしか物事が決まらないこの国が悲しくなります・


バカな大将敵より怖いとはまさこの事でございます。

>増税で景気がよくなった例があるとは聞いたことがありません。
特に小売りの人は預かりの消費税を運転資金に回し、結果滞納なる人続出と思います。
診療報酬に消費税がかからない医療機関も、いろいろな仕入れには消費税がかかりますから。経営難のところが更に増えるはずです。

廃案になる公算はないのでしょうか?小沢グループの動向も気になりますしね。逆に消費税法案が通らなくて新円切り替えとか預金封鎖という可能性は?と考えたりもします。
#28502 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#28503 No title
今朝方にかけてのニューヨークダウの下げに関わらず、ゴールドは、何とか持ちこたえ切り替えして終えた様だ。若干のプラス。市場への政府などのリップサービスは、ますます、効果が薄く短命になって来ていますね。今日、ゴールドが持ちこたえ、プラスで終えている変化は大きな意味を持つと思う。欧州市場もジリ貧の全面安だね。
#28504 No title
まりねこ さん

アメロは北米、カナダ、メキシコ、アメリカの統一通貨圏の形成と市場の構築と世界の再編を目論む政策。アメロは新通貨の発行となるので戦後の日本の新円切替時の政府と経済の情勢を参考本等であたってみると良いと思います。現在、ドルは国外向けのドルと国内向けのドルが流通しているとも言われていますね。ネットでも北米通貨圏やアメロで検索されると随分と多くの話題と考察がヒットするかと思います。もちろん、既に調べていらっしゃるとは思いますが・・・・
#28505 No title
大河の一滴さん、暇人さん、まりねこさん、Steinさん、〇〇さん、マザーアースさん、おはようございます。

大河の一滴さん、そんな感じですね。

暇人さん、消費税をこの程度上げたからと言って財政状態が改善するわけではない。むしろデメリットが目立つのになぜ急ぐのか理解に苦しむ。

まりねこさん、簡単に言えば現在のドルの価値が下がる。

Steinさん、日本国債の格下げを恐れているように思う。

〇〇さん、そんなに押してこないということですね。なるほど論理的な解釈です。

マザーアースさん、雰囲気的には危ない感じがする。これも演出か?
#28506 No title
 <税と社会保障の一体改革>などという言葉の動きを見るとまるで戦前の<国家非常時>、<満蒙の危機>といった言葉を思い起こす。
 いずれも自国の国力を考えていなかった。当時は軍事力への信頼(?)、で現在は、これは説明の必要はないでしょう。
 当時の軍の上層部や財界の人々はそれをよくしっていた。あまりにもよく、知っていたが為に、対米戦争など夢想できなかった。ところがである。何かにひきずらてて、事態は進んで、戦艦大和は戦闘をしないで沈んだ。初めから負ける戦闘はしないのが軍国主義のごんげで、逆に、かてるなあと判断できたら、国策を実行するために、軍事力を行使するが、金がかかるから、その兼ね合いをみて、外交交渉をする。外交交渉はその背後に常に冷静な軍事力の測定があり、それがないものは実質無効である。だから北朝鮮は核ミサイルである。
 これから先の現象は連続曲線ではない。不連続曲線である。
kejiはわが国は自滅の可能性、ないし自壊の可能性がたかいとみている。
 そのわけは社会に正しい、正しくないという判断にもとずく、評論や意見がないからである。
#28507 No title
RBCキャピタルマーケッツの元金属ストラテジストのジョージ・ゲロ氏は、バロンズで金取引の最善の方法は、通貨の購買力低下に対するヘッジとしての長期取引だとしていますね。個人的にはシルバー(コインも)良いと思います。
#28508 有り難うございます
ゴジラさん、マザーアースさん、有り難うございます。実は外貨タンスでドルを持っていまして不渡りになったらどうしょうとあわてました。デノミ→暴落→兌換停止と連想していました。
#28509 No title
上海の不動産価格は絶対に下落はしないと言っていた老富豪がついに物件を売却に及んだとのこと。中国の中国家庭金融調査報告では、既に中国の持ち家率は89.7%にと報告にある。世界的な持ち家率は63%。翻って、フィナンシャルタイムズによれば、スペインの支援ためのESMの規制の変更はないだろうとしている。スペインの財務相も指摘しているように、スペインの銀行への支援が、直接支援ではなく、スペイン政府を介してのものであることから、金融セクターと政府の濃い関係がさらに助長されるリスクであることだ。政府の公的債務は、財政の健全化を叫びながら、とめどなく膨らむ。
#28510 No title
13日のJPモルガン・チェイスのダイモン氏の上院での公聴会も火種の要因。
#28511 No title
IMFの対日第4条協議は、消費税は最低15%に引き上げとし、円は中期的観点から幾分の過大評価。為替については市場が決めるものとして日銀は更なる金融緩和の実施は可能とした。
#28512 No title
>当時の軍の上層部や財界の人々はそれをよくしっていた。あまりにもよく、知っていたが為に、対米戦争など夢想できなかった。ところがである。何かにひきずらてて、事態は進んで、戦艦大和は戦闘をしないで沈んだ。初めから負ける戦闘はしないのが軍国主義のごんげで、逆に、かてるなあと判断できたら、国策を実行するために、軍事力を行使するが、金がかかるから、その兼ね合いをみて、外交交渉をする。外交交渉はその背後に常に冷静な軍事力の測定があり、それがないものは実質無効である。だから北朝鮮は核ミサイルである。

細かい事だが、軍艦大和はサマール沖海戦で砲撃戦をやってるぞ。マリアナ、沖縄海上特攻と結構戦ってる。
#28513 No title
IMFは、前からそういう話をしてきていると思うのですよ。
でも、前に瀬戸の花嫁さんが言っていたようにそんなに重篤な財政事情の日本がIMFにどーんと出資したり、貿易黒字を経常したり、「重篤は嘘」なのが世界の常識としてバレてるんですよね。だから、円高なの。
それと日銀も金融緩和すると言って、絞ってばかりいるからね。
長期で国を守っているのは、Kenjiさんの見解に同意します。

昨日は、財政破綻の話を書きましたが板垣サイトのカキコには
欧米の危機がどうにか出来ない限り、日本を攻撃しても無駄に終わるだろうと書き込んであります。
#28514 また失礼
>細かい事だが、軍艦大和はサマール沖海戦で砲撃戦をやってるぞ。マリアナ、沖縄海上特攻と結構戦ってる。

 また失礼、最後の特攻作戦の事です。あれはたたかいではない。昭和19年のマリアナ沖海戦まで、海軍は勝てると思っていたような節がある。
 マリアナ沖海戦のアウトレンジ戦法は変だと思わないのですか?
  個人的には海軍の戦闘は戦闘ではないと見ていますから、どうにもそれが出てきます。なぜ戦闘ではないと判断するかは、西太平洋全域における戦闘計画書を見たことが無いからです。

 大東亜戦争は上層部の愚劣さ、無能と、前線兵士の勇敢さとの対称をどのように捕らえるかでしょう。

 昨年見られたでしょう。同じ現象が

歴史に対してはおおくは後知恵です。

なぜ、ミッドウエー海戦以降戦艦大和を一番先頭にする、作戦を立てなかったでしょうか。大和が沈んでも戦闘や戦争に勝てばいいわけですから。この大和の運用方法は投資方法にも現れるでしょう。

 海軍はアメリカとは戦争をする気は無かったですよ。泥縄ではじめたに過ぎない。
 大和に砲撃戦をさせたかったでしょう。思いませんか?
#28515 No title
スペイン国債の10年物、危ない雰囲気。利回り上昇。
#28516 No title
みなさん、こんばんは。

スペインはぎりぎりのセンですね。このレベルから急騰すると危ない。これでも抑えていると思う。
#28519 No title
以前、ネバダレポートというのを紹介しました。
これは、IMFの日本再建プログラムで土台は2002年に作られたようです。

① 公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット
② 公務員の退職金は100%すべてカット
③ 年金は一律30%カット、
④ 国債の利払いは、5~10年間停止
⑤ 消費税を20%に引き上げ
⑥ 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ
⑦ 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税。
⑧ 預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。

あいつら、応用効かなさそうだから、これを手直ししてくると思います。
国債については、徳政令で不払いだろうな。
#28520 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#28521 No title
ケニーさん、こんばんは。

最悪のプログラムです。
#28523 もうすこし
>#28519 No title

これらのことは確か宮沢内閣の銀行危機のとき、新通貨発行の議題の時、おそらく言われただろう。 IMFはその昔のGHQと同じ機能をしている。
 依然として、わが国は占領体勢で、問題はその仕組みが、わが国にあった元の仕組みと相性がいいことである。
 つまりIMFは財務省の言う事を言っているに過ぎない。
その上にさらに外国の要求が乗っている。
 kenjiも色々考えたが、素人ではねえという段階であるからこれ以上は無理です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する