FC2ブログ

先週の逆パターン



先週の逆パターンになった。バーナンキFRB議長証言がQEに言及しなかったことから追加緩和に見方が後退したためと言う。振り回されているね。というか上手くコントロールされている。また、中国の利下げは非常にタイミングがよく結果的にダウを支えた形となった。米中は意思の疎通が取れているのか?
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

まとめtyaiました【先週の逆パターン】

先週の逆パターンになった。バーナンキFRB議長証言がQEに言及しなかったことから追加緩和に見方が後退したためと言う。振り回されているね。というか上手くコントロールされている。

コメント一覧

#28433 ゴールドに置き換えられる可能性
ハイブリッド証券などのリスク資産が処分されて
ゴールドに置き換えられる可能性が高い。

注目の一行です。

なぜなら、ロバートキヨサキ氏はヤフーファイナンスの
なかで、銀を処分する方法と時期を検討しているといい、
その一方で、”金は処分しない”もちつづける。
と明言している。

その訳がわからなかったが、ここにそれがあった。

銀はここ3ヶ月値下がりを続けているが、
金はどちらかとゆうとボックスの値動き、
この注目の一行からすると
これにきずいた資産家たちが金を
求めた可能性すくなからずあり。

とゆうことは銀より金の方が有利?

いずれにしても金融の混乱とゆう
嵐から命の次に大切な少ない資産を
守るには金と銀の現物を盾に
するしかない。
#28434 No title
中国の利下げは小幅に過ぎて効果がなかった模様。日経も上海もアジアの市場も暗い金曜日になりそう。ゴールドもきつい下げ。政府の介入も、ここのところ短命の兆候は考慮の余地あり。ラビ・バトラ氏は、ゴールドは乱高下を繰り返しながらも上昇とは述べられてはいるが・・・・投資の中長期、短期、超短期のスタンスには注意が必要。17日、ギリシャの一つ目の峠がある
#28435 No title
中国経済が崩壊しつつあるから、考えるまでもない。そんなつぶれる(史那的つぶれ方で、ギリシャ的ではない、要するに指標が見えない)国の通貨と直接取引をするとは、何が背後にあるのだろうか。
 優遇するのは金持ち国で、貧乏国を優遇するのは国として変である。してはいけないことである。

 何故、わが国は中国朝鮮を優遇するのかわからない。徹底的に、絞って、その金を日本人に使えばいいものを、逆をしている。気が狂っているからだが、ことは自国のすがた、力を知らないからだろう。
 kenjiもアジアの国へ行ったが、とてもではないが発展するとはおもわれない。
 それは一つの国に、北朝鮮と南朝鮮が複雑に絡み合って、存在しており、それが大きな矛盾となって、あらわれてくるからで、その時が来た。

 日本国と日本人はノー天気に見える。

皆さん本当に近い将来大恐慌ないし、金融崩壊が起きると見ているのですか?本気で?

 中東諸国は社会が崩壊してもイスラムという歯止めが在る。
翻って、わが国は経済が崩壊すると、その後には何も残らない。それは既に終戦で使ってしまった。

 中国は元の姿である、弱肉強食の世界に戻るが、今が基本的にそれだから、痛くもかゆくもない。当たり前の状態へと戻るに過ぎないからである。

 kenjiは今こそアメリカと組んで物事の解決をわが国と亜米利加に有利なように(他の国には泣いて貰う)政策を採ることだと思う。
 アメリカか中国かは,亜米利加の核兵器か中国の核兵器かという選択で、経済的な意味合いはない。
しかし多くの親中派はそれを言わない。
 または貧乏人が多くいる国を選択するかに過ぎず、結論は出ているから、無駄な真珠湾攻撃と似たことをする必要はないが、あれこれ見ると、それをやるなあと思う。
 このあたりの考え方が分からない。
人民元を直接円にかえることはドルという保険を無しにして、することになると思うけれどもね。
 握ってじっとしていることが今は一番でしょうね。

 
#28436 No title
EUの新提案。銀行同盟。バローゾ委員長。銀行の破綻をユーロ圏では既に想定にあると言うことだ。(6日ロイター)(8日フィナンシャルタイムス)
#28438 No title
picachu1234さん、マザーアースさん、kenjiさん、こんばんは。

ゴールドは政治的な思惑で突然政策変更される可能性がある。世の中にはそういうものがたくさんある。ドルもその一つだったし、住宅ローン担保証券もそうだった。そして米国債もそうである。それらはすべてバブルになっている。
#28440 両国の利害の一致で当然のなりゆき
尖閣列島を自分のものだと
いったり、突然レアーアース
をうらなくなったり、と
かの国に腹に据えかねる行動は
万にもなるでしょう。

だからといって付き合いを
やめるわけにはいかないのです。

ジム・ロジャーズ氏は好むと
好まざるとにかかわらず、21世紀
の大国は中国といっております。

そして、リーマンショック以降
いつアメリカが作った金融爆弾(CDS)
などがどこで暴発するかわかりません。

ですので、中国と日本の通貨の直接取引きは
両国の利害の一致で当然のなりゆきとおもわれます。
それほどまでにユーロとドルは
危険をはらんでいるとゆことでしょう。

中国も自分勝手で危険な国ですが、
アメリカも負けず劣らず自分勝手で
危険な国なのです。

B29で日本の一般市民を焼き払った国で
原爆を落とした国だとゆうことを
ゆめゆめお忘れになららいように
願いたいです。

フセイン氏やチャべス氏、
イランなどをアメリカ目線で
一概に悪者よばわりには
できません。
#28442 No title
>中国も自分勝手で危険な国ですが、
アメリカも負けず劣らず自分勝手で
危険な国なのです。


い い え w w w w w w


マンガで知るチベット問題
http://www.geocities.jp/my_souko/index.htm

わたしたちの同盟
http://www.usfj.mil/manga/
#28443 No title
picachu1234さん、こんばんは。

さすがに中国は危なくなってきたとは思っています。でも、付き合っていかなければならない国でもある。そこが難しいところですね。
#28444 No title
>中国と日本の通貨の直接取引きは
両国の利害の一致で当然のなりゆきとおもわれます。
picachu1234 2012.06.08(22:23)

ま、その方が楽に日本をブッ潰せますからね w w w
#28445 >#28440 両国の利害の一致で当然のなりゆき
 わが国はどことも利害一致するする国は無く、一方の一致はもう一方の不一致に過ぎない。
 したがって、それは選択の問題に過ぎず

>フセイン氏やチャべス氏、
イランなどをアメリカ目線で
一概に悪者よばわりには
できません。

という善悪の問題ではない。大国外交にしくじって国が破壊されたイラクやリビアは善悪の問題ではない。事実の問題である。
 アメリカから見たわが国はどのようなものかを考えられるといいでしょう。これだけ米軍を駐留させているのはそれなりのわけがある。
 そしてわが国もそれなりのわけがある。

 何か間違えておられるようだ。

確かに
>B29で日本の一般市民を焼き払った国で
原爆を落とした国だとゆうことを
ゆめゆめお忘れになららいように
願いたいです。

ですからなさら、対米外交は慎重にする必要がある。わが国と中国にはなんら補完関係はなく、かの国は太平洋に面しているわけではない。
 欧米には支那幻想があり、それはいろいろな意味でかの国々に影響を与えている。ジム氏の意見もそのひとつに過ぎないが、腹のそこでなんと考えている知れたものではない。

 同じようにわが国にも支那幻想がある。具体的にはアジア主義だが。孫文とつき会った人々が最終的にどのようになったかをみればいい。

 いったいわが国の反米論者はアメリカの何に不満なのか、それを明らかにすることである。

 米国の裏面はそれはそれでひどいものがあるが、それも承知で、付き合うことでしょう。海の時代が来ているからなおさらである。
 事はアメリカの上前をはねる能力がわが国には無いことに過ぎないとkenjiは思っている。
 しかし、状況は戦前にまことに、似てきた。円高の論争は金解禁論争と似ている。

今回の上がり下がりには少し参った。相当市場は金が無いようですね。滞留している。
kenjiの理解では銀行倒産が進まないと理屈に合わない。それをしないなら、負債の貨幣化だが、そこに為替があるから、為替相場が暴落するが、ユーロはそれがおきない。したがって預金をユーロ紙幣に換えることで、それが起きる。ギリシャでそれが起きている。
 明日はわが身ですよ。
#28446 kenji様
こんばんわ。
貴殿の理論は読んでいては中々面白いですが、なかなか起きそうにありません。
中小銀行が潰れても、大銀行が潰れることはありえないでしょう。また、為替相場が暴落することもないでしょう。
何故ならば、大衆に困難を強いるからです。
政治家の一番怖いのは、選挙に落ちることです。だから、絶対君主制の国でもなければ、選挙民の顔を見る政策しかできません。次のアメリカ大統領は年度越の債務問題に苦しむでしょう。ですが、ドルのシステムが一時的に混乱しても、国家が存続すればそれでよしという方にいくはずです。
唯一の例外がこの国の総理ですが、何も決められず早晩退陣すると思います。前提となる所得の完全把握のシステム、社会保障の理念が出来てないのに、何が何でも増税という姿勢が異様に見えるからです。

尚、金鉱株ではどうしてもバリックとかゴールドコープに目が行きますが、過去のパフォーマンスでは紫、フリーポートが抜きんでおります。参考まで
#28447 大河の一滴様
>前提となる所得の完全把握のシステム、社会保障の理念が出来てないのに、何が何でも増税という姿勢が異様に見えるからです。

これは国民番号または身分証明書番号が必要でしょう。
おかしなことを書きますが、我が国において、kenjiをkenjiであると証明するものはありません、これが在日朝鮮人その他が跋扈するわけで、これまではそれを防ぐものがあったが、それが機能する世界と機能しない世界があり、普通の国民は機能する世界、特殊な人は機能しない世界にすむ。その違いは大きく、その誤差にいろいろな人がいる。生活保護もそのひとつの現象でしょう。きちんとするなら国民番号を付与する事です。
 一番困るのは外国人とある種の日本人でしょう。行政はわかっていますよ。多くのことは行政はわかっているがその対策ができるかできないかは別です。それこそ大衆でしょう。日本は当事者が理解していながら、それができなくて、別な事をする世界で、そこを外から。文句を言うと、担当者は腹の中では<馬鹿やろう>とおもいながら、対応しています。いろいろしてみるとわかります。したがって、ものをいうのはそれを理解して、その上で、何かをしたのはうまくいくが、それが無いものは混乱を招くだけである。今がそれである。高くついているが国民はのんきである。大東亜戦争における態度と同じで、ある。いずれ徴兵に相当するものが来るだろうと予測している。

野田総理はいいところもあるが、<財政再建に政治生命をかけて>、そのために増税なら、政治的に意味があるが、<増税に政治生命を>では、意味が無い。これを見ると無理でしょう。
 この違いはおおきい。ナゼナラ財政再建は増税ではなくほかの手もあるのではないかと言う論争ができるが、増税だけではねえ。政治家は些細な用語の使い方で当人がわかる。

 前原氏などひどい。国民がね。いずれ、お伊勢まいりのような<ええじゃないか>が起きるでしょう。

>中小銀行が潰れても、大銀行が潰れることはありえないでしょう。また、為替相場が暴落することもないでしょう。

これも仕組み上、おこさない事ができるとみています。しかしそれは他へ問題が転化するに過ぎず、やがて、銀行倒産と同じような現象が起きる。こちらのほうが可能性はたかい。
 しかし先は何ができるでしょうか?できないことはできないですよ。
個人的には面白い世の中が来るとはおもっています。多くの人が死ぬ世界ですけれども。
#28448 No title
kenjiさん、大河の一滴さん、おはようございます。

これはまた新たな組み合わせですが、かみ合わなさそうですね。ほどほどにね。
#28450 ゴールドは政治的な思惑で突然政策変更される
ゴールドは政治的な思惑で突然政策変更される可能性がある。

注目の一言がでました。

そのゴールドの政策変更は
どのようなものか?

いつあるのか?
それがわからなくても
前兆現象としてどんなものが
あるのか。

そして政策変更のあと
どう金融とゴールドは
変わるのか。

副島隆彦氏は金とドルの
兌換停止と著書の
なかで予想していが・・・・。
はたしてそのようになるのか?
#28457 No title
picachu1234さん、こんばんは。

難しいですよね。1日で昨日とは違う景色が見えてしまう。人間の世界は本当に難しい。選択肢は一つではない。中国は明らかにその準備を始めている。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する