保険屋が逃げをうつ?

英ロイズ・オブ・ロンドンのリチャード・ワードCEOは危機に直面するユーロ圏崩壊に備えるため、保険業界がユーロ圏へのエクスポージャーを「できる限り」減らしたと述べた。ギリシャのユーロ離脱が起きた場合はユーロ建ての保険契約を多通貨に切り替える危機対応計画を導入するとし、ユーロ圏崩壊となれば、589億ポンド(921億ドル)の投資ポートフォリオで評価損を計上する必要が出てくる可能性があると明らかにした。ワードCEOは「現在のユーロ圏をめぐるすべての懸念を踏まえ、われわれは欧州での事業は慎重に進めなければならない。ユーロ建ての保険事業の行く先に、多くの疑問符が付く」と指摘。

保険屋が逃げをうつのは当然としても公表する意味があるのかは疑問が残る。あからさまに危ないと言っているようなもので危機をあおる効果がある。確かに助からないものは助からないのだが、いよいよそこまで来ているのかとも思う。ロイズは恐らく退避し終えているのかもしれないが、逃げ遅れている保険会社は死んだも同然。やっぱりギリシャは離脱すると思ってるんだよね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#28236 No title
逃げるのも戦術ですが、円もドルもユーロもすべての通貨がダメになったらどうなるんだろう?やっぱり金ですかね。
#28237 No title
パパデモス前首相が、6月20日にギリシャは10億ユーロの資金不足にとのニュースが流れているからなぁ・・・スペインの不動産市場の実態も更なる隠れ債務もあり酷いようですし、再保険大手も警戒でしょうね。
#28238 No title
ゴールドは、再騰すると言う話がありますよね。Steinさん。
#28240 No title
Steinさん、マザーアースさん、こんばんは。

現在の通貨や国債には実態がない。あるのは信用のみ。信用が失われると何もなくなる。真実を知らない方が幸せだというおかしな事になっている。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する