なんでもありになっていくぞ

スペイン財務省の公表データによると4月の国内銀行によるスペイン国債の保有額は1462億6000万ユーロ(1840億ドル)に増加し、発行残高全体に占める割合は前年同月の13%から30%に上昇した。スペイン銀行セクターへの懸念が高まる中、銀行がスペインの国債消化を引き続き支援している。一方、非居住者によるスペイン国債の保有額は1885億5000万ユーロに減少。全体に占める割合は前年の54%から38%に低下した。

結局、ECBが面倒を見てくれなければ自国の国債は自国で面倒を見るしかなくなっていく。しかし、ECBと違って限界がしれている。それは各国には通貨発行権がないからだ。最後は残りすべてをECBが買うことになるのだろうが、スペインは絶対防衛ラインの一つである。相当な緩和になってしまうのは間違いがない。どうする?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

まとめtyaiました【なんでもありになっていくぞ】

スペイン財務省の公表データによると4月の国内銀行によるスペイン国債の保有額は1462億6000万ユーロ(1840億ドル)に増加し、発行残高全体に占める割合は前年同月の13%から30%に上昇した。スペイン銀行セクターへの懸念が高まる中、銀行がスペインの国債消化を引き続き?...

コメント一覧

#28182 No title
スペイン破たんすればCDSは莫大な金額となり、その影響は計り知れない。

リーマンの比ではない。

世界の終わりか。
#28183 円と人民元、直接取引市場を整備へ 6月にも運用開始
円と人民元、直接取引市場を整備へ 6月にも運用開始
http://www.asahi.com/business/update/0526/TKY201205260155.html
さあ、これからどうなることでしょう。
#28185 No title
面白い動画です。参考までに。

http://www.cool-knowledge.com/archive/20120309lecture/
#28188 No title
名無しさん、Pochiさん、Steinさん、こんばんは。

名無しさん、すんなり逝かせるとは思えないが・・・。

Pochiさん、これってすんなり許されるのかやや疑問だが、どうなんだろう。

Steinさん、吉田さん最近激しいよね。
#28190 スペインが倒れる?
こんばんわ。
スペインは同じスペイン語圏として南米各国と密接なつながりがあり、この国が倒れると負の連鎖が大きすぎます。だから、何でもあり。CDSの清算も大き過ぎてありません。住友銀行とか野村証券は絶対に倒れないのと同じことです。

ところで、金鉱山株は反騰しつつあり、ダウが下げても上がっております。カナダには金鉱山会社が多いらしく、指数に相当寄与しております。カナダのetfを買うということはカナダの金鉱山株を買うのと同じことになり、結局バリックとかゴールドコープに人気が注中する傾向がここ1週間顕著でした。

また、フォードとかGMなども堅調です。皆が総悲観の時こそ、落ち着いて行動すべきでしょう。
4年前の10月末、最ボトムの日には三菱ガス化学とか新日鉄など絶対に潰れない会社の株が反騰を示しました。
今回はそこまで行くかどうかはわかりませんが、冷静に行動したいところです。日にダウが1000ドル乱高下する日が2週間位続いてからボトムに前回はなりました。半年で元に戻りましたよ。
#28191 No title
大河の一滴さん、おはようございます。

世の中に絶対はないけど、正解に近そうです。
#28192 たずねるけど
CDSは一年契約だと聞く。それならこのご時勢で、既にその多くは解消されているのではないか?
もっとも契約だから、年数は長いかもしれない。それでも償還期限までとなるが、一年契約が間違いなのか?
なんか調べると、銀行がお互いにそれをしているから、お会い子で、タダその期限が異なり、それが先に来たほうがアウトになるのではないか?
 仕組みは、余ったお金の取り合いで、償還できない債権を別の形で、売るために作ったに過ぎず、銀行が償還を期待するのではなく、その売り買いで、利を得ようとしたに過ぎないと思う。
 丁度、我が国の銀行が傘下に、消費者ローン会社を持っていることとお同じで、いつも思うがなぜ銀行が直接貸し出さないのかと思う。
 事は金利、つまりインフレが無い事によるが、そもそも借金はなぜするのか、これが不思議である。
#28193 No title
名無しさん 
リーマン時のCDS清算は、凍結したままだと思いますけど、比ではないというのは、どういう意味でしょう?
判るようにご教授願います。
そりゃ、リーマンのときもそうですけど、国家予算をはるかに超えてしまうような金額は、どうやっても清算できないわな。 そういうのもあるので、先進国総出で国家破綻しようって裏話を真剣にしていて、IMFのリガルドが来日時に日本は3年以内に破綻せよって命令してたんだと。 日本はそれをはぐらかす意味を兼ねて、政治が迷走し続けてるという話もちらほら。消費税も決まるとは思えない状態だし。どうなるのかね。
日本国債の格付けが下がった後も円高が進行している現状で国家破綻したら、歴史の見直しで笑われるね。
#28196 No title
日本の国家破綻というのはどうなったときですか?
日本は外国に借金ないですけど?

で、国家破綻させられてしまったら、米国債もパーになるの?
その辺が良くわからない。
アメリカがはたんしたら、パーになるのはわかるけど。
アメリカ軍が日本を侵略制圧したら終わりと言うことになるでしょうが。どんな理由で日本に進軍するのだろう?
まあ、いまどきそんなこが出来るともおもわれませんが。まあ、一度日本がどん底まで行って、いちから独立国になるまでもうどうしょうもありません。
まあ、どうなるか、もうわからん。後20年生きる方法を
考えるとしよう。

#28197 No title
kenjiさん、ケニーさん、銀さん、こんばんは。

ギリシャは当初デフォルトではないとし、事実上の強制ヘアカットで当面乗り切った。なんとCDSは無効だとした。つまり都合により何とでもできるのである。日本の場合は日本人同士の問題であり、本当に困ったときは債権放棄に持って行ける。そうなると破綻はないことになる。
#28201 No title
国債の不履行については、私の説明よりこっちのほうがいいかなと
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120215/ecn1202150810000-n1.htm

もっとも、銀さんならこの辺りは押さえていそうです。
米国国債は、日本以外はパーにならないようです。
歴史的にもそうですし、日本が昔の戦争で借りたお金を
最近ようやく返し終えたってどこかで見ました。
破綻しても、外国の借金までチャラになるというものではないようです。(今までは)
これからは、ユダヤの意向次第ってことみたいですよ。

今の日本で金利を上げたら、破綻するどころか好景気に沸くかもしれないけどね。
それで、国債の格付け低下を喜ばしいことだと言っていたりします。

世界中で低金利の時に金利が上がると、世界の資金が日本に集まるのよ。円高も進むよね。
それが株式に流れたらどうなるかだよね。
日本は、輸出立国ではないという前提での話。
それで、頭の良い人たちは、日本に勝手に覇権が転がり込んでくる。って言ってたんだぁ と感心してます。
#28205 No title
ケニーさん有難う。
なんとなくわかったような、わからないようなかんじです。ユダヤの意向が大きいということは最近は思うのですけど。
普通なら日銀がバンバン直受けしたらよいだけですけど。まあ、かなりの円安、インフレになりそうですが。
米国債はやっぱり売れないと思います。利子もらうだけですね。と言うとやっぱりもうすでにチャラになっていると同じですね。外貨建て資産はないと考えるべきです。そう考えると、毎年これだけの国債を発行するのはまずいですね。
ところが日本政府にはまだ200兆円くらいの自由資金があるといっている人もいるので、わけがわからなくなります。そんあにあるなら、増税など必要ないはずですよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する