ギリシャのユーロ離脱か?ユーロ共同債発行か?

ギリシャはドラクマの発行準備をしているとか、ユーロ離脱に備えよとか危機をあおるニュースがよく流れる。確かに可能性はあるが、当事者でない我々には正確には分からない。また、今度はユーロ共同債を促す発言があちらこちらから聞こえる。これはドイツが嫌っているものだが、ここまで事が深刻になってくると急転直下決まる可能性も出ているのかもしれない。相場が不安定になるのも分かる気がするが、今後の成り行きを知っているものもいるはずである。ブローカーの掛け合いの中には嘘とホントが入り混じっていると思う。注意深く見ていく必要があるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

まとめtyaiました【ギリシャのユーロ離脱か?ユーロ共同債発行か?】

ギリシャはドラクマの発行準備をしているとか、ユーロ離脱に備えよとか危機をあおるニュースがよく流れる。確かに可能性はあるが、当事者でない我々には正確には分からない。また、今度はユーロ共同債を促す発言があちらこちらから聞こえる。これはドイツが嫌っているもの...

コメント一覧

#28121 No title
 第三次世界大戦の一形態と見たほうがいいでしょう。戦争をするには金が必要で、ソレヲどこで調達するか。それができない国から脱落していく。

 大体NATOがイランのミサイルに対して防衛と言う事は日本人にとって奇異に見えるのではないか?
 大東亜戦争前のアメリカの対日政策をを見ると、現在の対イラン政策は似ている。と言うよりアメリカのやり方で、イラク、リビア、現在シリアとイランだが、連中何を考えているのか。
 戦争と麻薬は金決済だそうですから、戦費をと考えると金価格が低いほど、どこが得をするかを考えると、さらに下がると見ている。
 なにか大仕掛けな事が進んでいる気がする。
これはやられるぞ。ポジをもたない事である。
#28122 No title
>大体NATOがイランのミサイルに対して防衛と言う事は日本人にとって奇異に見えるのではないか?
 大東亜戦争前のアメリカの対日政策をを見ると、現在の対イラン政策は似ている。と言うよりアメリカのやり方で、イラク、リビア、現在シリアとイランだが、連中何を考えているのか。
 戦争と麻薬は金決済だそうですから、戦費をと考えると金価格が低いほど、どこが得をするかを考えると、さらに下がると見ている。
 なにか大仕掛けな事が進んでいる気がする。
これはやられるぞ。ポジをもたない事である。

であるなら、現物を求めて買いもあるだろう?現物が手当できなければどうなる?
#28124 No title
kenjiさん、Steinさん、こんばんは。

なんでもかんでも戦争に結び付けるのはどうかと思うがね。
#28125 No title
ゴジラさん今回のエントリーはタイムリーですよ。

自分は仏大統領がオランドに決まった時点で、ひょっとするとユーロボンドも可能性はゼロではないかなって思ってる。
何せシトロエンのハイブリッドを選ぶ?オランドは、ユーロボンド導入にメルケルを説得して見せますって宣言してたようだし。

ギリシャが崖っぷちになってるんでOECDやIMFも後押ししてるらしいから、これで反対していたメルケル独が孤立を恐れて、じゃあユーロボンドの導入の条件として仏と伊の他各国保有のゴールドを差し出して、ゴールドを担保にユーロボンド発行なんてことになったら、欧州危機は当面解決するんだが。

それで株、ユーロ、ゴールド暴騰。
直近の安値でシコタマ仕込んでるインサイダーがポロ儲けなんてシナリオはゼロではないかな。
#28126 市場がざわついてますね。
 ゴジラ様、こんばんは。

 今日も、市場は賑やかそうですね。
 本当に6月の選挙まで待つんだろうか?
本当に直近の準備にしか見えないのですが。
#28127 No title
皆様、こんばんは。
私も負けずに書かせて頂きます(笑)
素人同然の私でも???の事が多いと感じるからです。

疑問その1 いくら何でも日本国債の格下げはおかしい。

疑問その2 新札発行(ブルーノート)はいつ出てくるのか(デノミの可能性)

疑問その3 5月6日のCME誤発注事件(とりあえず)は何かの合図だったのでは(謎)

お聞き流し下さい。
お休みなさい。
#28129 No title
ニューヨークダウもゴールドもガクンと下げたね。白川総裁は、今後も追加の金融緩和を行って行くとの表明。最終のコーナーを廻ったかも知れない。ユーロ共同債ならシナリオの通りだろう。
#28130 No title
EU非公式首脳会合、ギリシャの万一の離脱に際して各国が緊急の対策の準備に入ることを表明。フェイスブックは、訴訟が拡がっている。ユーロは、対円で¥100割れ。ユーロの崩壊は48時間内と言う恐ろしい話まである。
#28131 No title
為替・米国意外の株式は動き始めたが、NY株は持ちこたえている。怪しいですね。欧州・新興国が不景気になればアメリカも無事では済まない。白人連中は必ず夏休みをとる。NY株が落ちるとしたら夏前だと思う。
#28132 欧州合衆国
みなさん、おはようございます。

ギリシャの万一の離脱に際して各国が緊急の対策の準備に入ったということは

ユーロ共同債の発行

すなわち噂されていた欧州合衆国誕生という政治同盟化シナリオが

ギリシャに続くスペイン、イタリアの崩壊を待たず早まり

すでに射程距離に入ったということなのでしょうか。
#28133 No title
小さなギリシャ故。各国が持っているギリシャ不良債権処理はすでに進んでいる。ギリシャの離脱による直接的影響は年度当初より少なくなっている。

イタリア、スペインの不良債権のほうが事は大きい。
そこまで広がると、もう手の施しようがない。

しかし、金価格。年初め窓を完全に埋めてしまった。
2番底をつけたということ。
#28134 No title
現在フランスのF2の報道で「ドイツの反対で共同債導入はない」といってますね。
#28135 No title
みなさん、おはようございます。

コメントも良い意味で騒がしくなってきましたね。しかも優良なコメントばかり、この感じを維持したい。状況は丁半バクチ的になっている。
#28136 No title
>疑問その1 いくら何でも日本国債の格下げはおかしい。
 わからないが、外国の国際機関の発言は、その背後に我が国政府の意向があると見る視点は必要である。
 評価は結果を見てするものだから、基本的には跡付けである。それはいいほうも悪いほうも同じである。
 国際格付けが下がると言う事は金利が上昇する事を意味するが、現状は下がっている。買い手が多いと言う事である。
 大体世界遺産と言う外国の評価で騒ぐことは、まあそれはそれで、いいが、自国の遺産でいいものはいいもので評価して、守る必要があり、それは外国が否定しているものでも、守るものは守る事を意味する。 
 それは物だけではなく、精神的なものも必要である。
思うに<物の背後に精神がある>と言う見方は、なかなか日本人には受け入れられない考えで、それは伝統的に<和魂洋才、和魂漢才>と言ったから、むずかしい。
金という、ものの背後にそれを生み出した精神があり、それが経済にも反映している。
 この落差をみることだが、それには我々が金をどのようにして生み出したかをしることである。
 幕府の金貨政策はその意味で、面白いものがあるとは思う。しかし詳しくは考えたことはない。
勘定奉行荻原茂秀(?)の見方を知るといいが、彼の経歴はよくわかっていないようである。
#28138 No title
フィッチは、来月にも日本国債一段下げを表明しているし、一段下げたらBBBって言うことでしょ。ユーロが揺らげば、さんざん支えたアジアの投資国も散々な目にですね。わが国と中国。輸出国も中国と日本。
#28141 底堅い(但し今のところ)
なんだかんだで1530ドルのサポートは堅いですね。昨日もここで跳ね返されました。
#28142 No title
kenjiさん、マザーアースさん、皆様ありがとうございます。
決断の時が来た様です。
少量自宅保管希望の私としては(汗)

これから、金現物買いに行って来ま~す。
#28143 素人意見
 日本国債の暴落はそれだけではすまないが、現在政府は100兆円(?)持っているから、円相場の下落にかけるにはそれ以上の金が必要だが、世界を見回すと。不景気で金がない状態である。したがって、それに向かって博打を打つには、我国政府のしくじりか、弱気になった時、つまり敵失の時だけだろう。もしくはスパイ工作を政治家にすることでしょう。これは今行われていることだと見ている。円高は防ごうと思えば、幾らでもできる。
 問題は政府の金の出入りである。税収が40兆で支出が99兆だが、それはいつまでもできることではない。その意味でいつかはそれが来ることは確かだと思う。
 そのような状態では、長期国債は買わないでしょう。
つまり短期国債が増えるはずで、それを外資がかっているというなら、外資は円安は困ることになる。

 つまり、色々なディリバティブを駆使して、ヘッジをしながら、国債暴落をねらっていることになる。

 ここは国家が絡んだ、戦争である。
つまり、画期的な軍事作戦と同じことが必要で、そのようなことを考えられる人は少ない。

 複式で考えると、政府の主張は変である。
何故そこまでして、消費税を上げることに邁進するかわからない。

 それよりも原発を動かして、電気料金が亜米利加の二倍だそうだから、それを二分の一にすれば、税収がふえるから、それを考えたほうがいい。

 経済学は風が吹けば桶屋が儲かるを説明することに過ぎないと思うが、さて先は何が待っているだろうか?

 いずれにしてもわが国にとって、癌となるのは欧米ではなく、史那朝鮮で、特に朝鮮が命取りのもとになると見ている。
  
>現物を求めて買いもあるだろう?現物が手当できなければどうなる?

 現物自体に価値があるのではなく、それに値がつく仕組みが必要で、今回それが壊れ始めているから、別の仕組みへと移る過程とみるなら、その仕組み上で、現物がどのようなものになるかが物を言う。
 現在の紙幣が物を言うような世界が一番人々にとって、有利で、被害が少ないから、その手立てを考えたほうが、いい。
 それには何が必要か?それはみんなで歌う<歌>である。もしくはそれに相当するものである。
 わが町はヤクザすら逃げ出したという。たかりがますます難しくなる世界が来た。
 そもそも負債性経済はそれがないと動かないが、それがないと、多くの人が職を得られないことも事実である。
#28146 No title
みなさん、こんばんは。

凄いな。また、跳ね返ってきている。
#28147 No title
ユーロユーロと騒いでいるうちはまだ本当の危機ではなく、真の危機は裏で進行中かもしれない。

ユーロよりも米国債でしょ、本来は。と個人的には思う。
#28148 No title
Steinさん、こんばんは。

もちろん、そうです。
#28149
Steinさんご指摘のとおりでしょう。

欧州危機は元々これまでたびたびゴジラさんが説明されてきたとおり

アメリカの住宅価格低下が起因し波及したもの。

金融バクチの胴元JPモルガンの巨額損失の実態がやがて表出すれば

いよいよアメリカに点火、ご本尊の炎上破綻でしょう。
#28150 No title
そろそろJuJuの出番だと思うけど、
あれっ、漫才師Stein&JuJuはもう解散しちゃったの?
#28151 ご冗談(笑)?
あの~・・・、今の米国債の金利みてますか(笑)?
10年債で1.7~1.8%、リーマンショック後の一番低かった時でも約2.1%、つまりあの時より今は買われている状態です。日本国債10年物も0.85%です。ドイツ国債もかなり買われています。

確かに私も各国の国債バブルはいつかは弾けるとは思いますが、それまでにはまだまだ時間的猶予はあるでしょう。バブルが弾けるのは各国の中銀が万策尽きた後のお話で、現状ではまだできることはたくさんあります。まだまだprint moneyできる余地はありますし。

国債バブル崩壊の心配をするのは例えば米国なら10年債の金利が4-5%、日本国債(10年物)なら2%を超えてきてからで十分ではないかと・・・・。
#28152 No title
harukaさん、キングギドラさん、abramovichさん、こんばんは。

今の金利だけを見てものを言ってはいけない。欧州危機がなければ米国債の金利は今の状態にはない。言い換えると欧州がユーロ共同債を導入出来たりしたら欧州と米国の立場が入れ替わる可能性もゼロではない。状況は一瞬で変わる。
#28153 No title
世の中には真坂という坂がありますからね。10年前の金の価格と今の金の価格の差を予想できたでしょうか?

まさか?でしょ。
#28155 突っ込みどころだらけですが・・
ゴールドは確かに250ドル⇒1920ドルまで約8倍になりましたがご指摘のように10年かかってますよ。今晩250ドルで寝て朝起きて見たら1920ドルになってた訳じゃないでしょ(笑)?

米国債(日本国債もそう)も今から10年も経てばどうなっているか私にも分かりませんし仰る「マサカ」という状況もあり得るでしょうけど、今からそんなこと考えていても目先の相場で儲ける為に何か役に立つとは思えないんですが・・・。
#28156 No title
目先で儲けようとするから失敗する確率が大きいと思います。

考えを変えてみましょうか。普通預金でお金を預けても金利などあってないようなもの。であるならば10年前から現物をコツコツ買っていた人はそれなりの利益を生んでいると思いますがどうでしょうか。様々な角度から見る事で見方もちがってきますよね。10年前に副島隆彦の「実物経済の復活」を買ってそれを信じて猪突猛進で買い続けた人はある意味勝ち組です。

米国債、金融では失敗続きですからね。
#28158 No title
>#28156 No title
1980年代は土地と言う、現物がものをいった。それが終わりになり、その後は金融商品である。それも終わりで、今は金でしょうか?先を考えるとその金もやがて別なものへ移る事が予測される。
 それ予測するとこれからは株ではないかと思う。
株は多くあるから、どれがだが、それがわかれば苦労はない。
 国債については、何かしら腑に落ちない事がおおい。
理屈を考えると、国債が政府から別のところへ、行った瞬間それは税金として出したことになる。したがってその返済は国債を保持した人、機関が負うことになり、わざわざ国債を買う人は馬鹿を見る。ナゼナラお金をつかえば、いいが、国債を買って、その後それを返してもらうに、自分でその金を政府に税金で収めて、それを返してもらう事になるからである。
 そのときその返す行動をする必要がない人々は外国の人々である。そこで考えればいいが。日本人でその返す行動をする必要がない位置にいる人々は国債を買うことはいいが、為替の変動がある。つまり返済時、問題が生じる。いずれにしても立ち位置による。

 白金相場を見ているが三月下旬から見ているが、その動きが奇妙である、長く継続的に見たわけではないが、四月、中旬から、先物相場の表示が変である。それはCMEのものである。白金は市場が小さいから、いろいろな事ができると推測しているが、現在の結論は<何らかのわけで、市場関係者が、白金の価格を時間をかけて下げる行動をしている>である。しなければならないわけがある。

 したがって、国内は円相場を無視するなら、売りではないかと見ている。

 日本と日本人は福島の事故対策と震災復興の費用を調達する事だが、何でも23兆必要だと言う。ユーロに600億ドル、アフガンに55億ドル、アジア国際銀行にも出すと言う。その上オリンピックに狂奔である。F35戦闘機に100億ドルという。
 国内は確か借金返済猶予が行われており、それが73兆あり来年が期限だったと思う。
 いろいろ金融機関の収益源を見ると本来の貸し出しでは出てこないと思うが、何で出しているのだろう。
 知人は<手数料で食っている>と話したがこのごろその意味がわかった。
#28159 追加
今白金のリースレートを見たら、上昇し始めているから、売りはちょっと待てである。
#28160 No title
Steinさん、abramovichさん、kenjiさん、おはようございます。

多分、話がかみ合わないのはabramovichさんがトレーダータイプだからですね。時間軸の違いからですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する