FC2ブログ

ドルの長期的な価値

ユーロの存在が揺らいで来ている現在、相対的にドルに資金が傾き始めている。為替の評価は相対評価であるためにユーロが下がればドルが上がるという構造になっている。そのためドル自体の価値が減価し始めている事が分かり難い。どれぐらいの時間が掛かるのは分からないが、それは誰の目にもはっきりとした形で出現するだろう。QE1、QE2と続けるにしたがい円高が進行していったのは量的緩和を大胆に行った米国と後ろ向きだった日本の違いがそのまま出ているものと思われる。QE3に突入するとより一層ドルは薄まる。QEとは言い換えると不良債権の買い取りである。QE1がMBS等の住宅担保証券でQE2が米国債であった。これは買い手がいなくなったものを買い取っているに過ぎない。現在の米国の長期金利はありえないぐらいに低下しているが、逆に今後は買い難い状況を作り出した。米国の財政赤字で大きなものは軍事費、医療費、公的年金であるが、赤字削減はかなり難しい。軍事産業はかなりの雇用を生み出しているし、ベビーブーマー世代の退職は年間450万人に達する。年金支出はこれから増えていくだろう。つまり緊縮財政にはなり難い。景気が良くならずに行くと税収の大幅な増加は考え難い。となると国債の発行はそれほど減らない事になる。しかし、買い手である中国、日本、産油国は今までとは状況が違う。だからQE2では米国債を買ったのである。これを無限に続けていくしかないのが現実である。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#25817 No title
今回、我が国が中共の国債100億ドル分買うという。その 前に日銀がドルを供給するときFRBから借りたとあった。この二つは確かかどうかは不明であるが、情報としてはそれぞれ奇妙である。中共は金があるはずである。日銀ももっているはずである。
 銀行規制は通貨の巻き戻しを起こすから。それまで投資をしていた国から、金が本国へ帰る。これはドル高になる。またはユーロ高になる。
 どの通貨に対してなるだろうか。
ドル安はアメリカから見れば対外資産の増加だからいいことだろう。別に困る事ではない。これまではそれである。しかしこれから逆転するなら、それは困る事になる。
 為替についての認識が多くの人にとって確かではない気がする。えらそうに書くわけではないが。
 
#25818 No title
紫金株はやくあがらんかな~~
#25819 No title
kenjiさん、おはようございます。

一時的にドル高に見えるが、ドルの価値があがっているわけではない。すべての通貨に対してゴールドが上がったのが、一番分かり易い。この傾向は続く。やがてドル高もドル安も関係なくゴールドが上がり始める。もちろんユーロに対しても。
#25820 素晴らしい!
実に素晴らしい記事です!
その辺の経済評論家よりは分かりやすくて、ためになります。週刊東洋経済などよりためになります。あの雑誌はTPPを偏向報道し国民をあざむいています!
#25821 No title
ゴジラ様

結局は国家や経済を動かす人材が国家に見合った人材か否かですが、日米とも否です。一度は崩壊した方がいいと思う。
#25822 >#25819 No title
多くの人がそれを予測しているが、金本位制を考えると、現状はやはり商品で、借りたのも貸したのも金ではないという状態が続くのではないか。
 上昇してそのとき売った紙幣は機能するか?
ここに矛盾があると思う。
 kenjiは現金ポジを多くした。
額はしおれているけれどもね。知り合いにも薦めて、彼派半分替えたようである。
 来年結果が出る。議論ではなくだが議論は必要である。
#25823 No title
takkunさん、Steinさん、kenjiさん、こんばんは。

takkunさん褒めすぎです。

現状を繰り返すことが出来れば無限ループになり破綻はしないが通貨は果てしなく減価していく。これも1つの手段。そして破綻させるのも選択肢の一つ。金本位制が捨石だった場合は何があるのかも考えなければいけない。だが、何らかの形でゴールドが利用される可能性は依然としてあるとは思う。
#25824 No title
ゴジラさん、いつもありがとうございます。
全く同感。
お金無限印刷の果てのにある最後を見据えてGOLDにベットしている訳で、それでもよくここまで誤魔化せるものだとイライラ来ちゃいます。
自然人ならとうに破綻させられる。
国債マジックは世界各国をあげてのインフレ政策だと決めつけて我慢くらべしてますが、先進国はそのつけをアジアの途上国に押し付けることで、いまだに緩やかなインフレしか感じない。
しかし、アジアの貧しい国が犠牲になって食うも苦しい人々がいる。日本は働いたら負けという連中がホントにいて、都心生活保護者が地方農家の低賃金就労者よりも楽な生活をしている可能性がある。政治家の怠慢が作る歪み。
僕はいろんな意味でこの様々な歪みを埋めるべく食糧価格は高騰し、物価が騰がり生活保護はキュウキュウと小さくなり、人口が地方へ分散する未来を描いてます。
決して破綻とインフレのみをのぞむ者でなく、正しい世の中になる事を希望しています。光と影があるので簡単ではないと思うが。
#25825 No title
bilioさん、おはようございます。

通貨の無限発行は世界の富の搾取にほかならない。金融経済はどこかの富の搾取によって成り立っている。誰かの負債は誰かの富であり、それを何処から持ってくるのかに過ぎない。
#25826 No title
タイ国では今でもゴールドはお金と同じである。
22金の装飾品は金行でいつでも紙幣と交換できる。
金行はまさに装飾品金貨(ブレスレット、ネックレス)を発行しているわけである。金行は人口5万くらいの町には必ずある。経営者は中華系タイ人である。
(タクシンのような家系の歴史を持つ純粋の中国人である。金持ちの中国人は絶対にタイ人と婚姻は結ばない。中国人は血統を大事にする。)タイの個人商店であるの金行は
日本の大銀行よりすばらしい。
売却益に税金とか日本の政府みたいにアホなことは言わない。
本物の原始人のお金と近代人の紙のお金を交換するだけである。
#25827 No title
銀さん、こんばんは。

豆知識ですね。ありがとうございます。
#25832 No title
>#25826 No title
これは先進国でも同じである。問題はそこにあるのではないと思う。
 金本位制の仕組みを考えてはどうか。
国債本位制との遅配も含めて。kenjiはしっているぶるいではないが。
 国債本位制では赤字国債を出すと、それは機能しなくなる。また国債増発が進むと、それも機能しなくなる。
 先は新紙幣発行と同じ事がおきると思う。
その選択肢としても銀行倒産である。
アメリカはそれをするつもりだと思う。ただ闇雲のするのではなく、それの対処できると判断してからである。
 もう一回Q3をするかもしれないが、kenjiは無いと見ている。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する