FC2ブログ

ダウは下げられない

ダウは本当によく持ちこたえている。日本と違って米国人は金融資産の占める株式のウエイトは高い。米国債も重要だが、同様に株高政策も米国にとっては重要である。個人だけでなく年金基金もかなりの株式を抱えている。ベビーブマー世代のリタイヤが順次起こることを考えると資産価格の下落は厳しい現実となる。結局、米国は資産価値の下落は許されない状況にある。それは米国債も同様ではある。現状を維持するためにはなりふりかまってはいられない。景気指標と同時に株式指数も量的緩和を始めるときのサインの1つである。よくよく考えればこれをどこまでも続ける事になるとダウは下がらない事にはなるし、米国債も永遠に維持できると言う無限ループは可能なのかとも思える。それは幻想に過ぎないのだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#25716 No title
ゴジラ様

やっぱり物事には絶対と言うものは存在しないのでしょう。絶対安全なもの程、崩壊する時は早い。原発神話もそうだし米国債、日本国債も同じだと思う。

アメリカにとって不幸なのはナポレオンや織田信長のように突出した統率者がいない事だと思う。フランス革命直後のフランスは疲弊していたがナポレオンの登場で欧州を席巻するだけの勢いがあったが、今のアメリカにはそういう人材がいないようだ。

でも、アメリカがどん底で明日のご飯も食べられないようなシュタインベックの怒りの葡萄のような状況なら生まれるかもしれないけど、日米共に。

今の金融を掌る首脳陣はアホの集まりだから金融緩和であろうが何であろうがやると思う。戦争すらやると思う。
#25718 No title
Steinさん、こんばんは。

基軸通貨である以上はいくらでも刷ることはできる。どこまでも供給し続ける事はできるが、それって何なんだろうと思った時に何かが起こるのか?
#25720 あのね、
>アメリカがどん底で明日のご飯も食べられないような
Stein 2011.12.21(22:39)

アメリカは世界最大の農業大国だと何度言っても理解出来無いみたいですね。

DJ USDA 2011 US Crop Production: Yield/Production Summary-Dec 9
http://www.news.tradingcharts.com/futures/9/4/169850449.html

ま、去年が良すぎたから今年は少し減っても仕方なし、か。
#25723 No title
steinさんがおっしゃられたご飯が食べられないような・・・というのは多くの貧しい一般大衆がという意味でしょ?アメリカが農業大国なのはみなが知っているしね。
ただ、農業大国であっても経済が傾いたら食べれなくなる人はいっぱい出ますよ。ロシアもそうでしたしね。食べ物は有っても、対価として払うものが無ければもらえませんし。
#25724 アメリカの戦略勝ち
金正日の暗殺説が出てきましたね。これで極東有事となれば、ヨーロッパがぼろぼろ今、アメリカの戦略戦術で一人勝ちになりそうです・・・頼りになるのは何でしょうか?
#25726 No title
JuJuさん、ルッコラさん、文鳥屋さん、おはようございます。

モノが食べられないという表現はインフレが酷くなって買えない層が出てくるということでしょう。今でもフードスタンプの人口は増えています。嫌な世の中です。
#25727 食料
経済的に食べられない事と、食料が足らない事とは別の現象である。
 経済的に食べられない現象はいつでもある。
 これから問題となることはそれではない。
この二つを明快に区別をしないと、将来確実に困る。
#25729 No title
お久しぶりです。
米国のフードスタンプ受給者って、人口の1/4くらいになるんじゃなかったでしたっけ? 4人を平均世帯人数とすると。
#25730 裏口QE1
ECBによる初の3年物オペがあり、事前予想を大きく上回る4900億ユーロ(50兆円)の応札があったとのこと。実質的な銀行救済措置です。専門筋によるとこれで数年は銀行は流動性危機を回避できるそうです。

まあこれは言ってみれば裏口で欧州QE1がこそこそと始まったようなもんですよねあ(笑)。これを知って、来年のQE1本格始動を確信しました(笑)。ただ、イタリア国債の大量償還が来年2~4月あたりにあるそうなんで、そのあたりで欧州市場はまたひと波乱あるのかもしれません。
#25731 No title
ルッコラさん、ゴジラ様 

フォロー有難うございます。金融にシフトし過ぎてしまって製造業もパッとしませんよね。ものづくりは大切ですよね。

燃費の悪いアメ車に乗りたいとも思わないし、もちろん、アメリカのスポーツカーが好きな人はいますが、燃費も性能も日本車に劣るアメ車に乗りたいとは思わないですね。この点でアメリカには頑張ってもらいたいです。ドイツ車も同じです。

今度のイラン戦は短期勝負、長期化したらアメリカの負け。山岳地帯の敵を掃討するのはかなり至難の業。第二次大戦のイタリア戦役でも弱体化したドイツ軍相手に山岳地帯を巧みに利用した戦術に翻弄されてかなり時間がかかった。今回のイランはイタリアよりも広いし補給も難しい。どうやってこれを克服するか注目してます。

#25732 ルッコラさんへ
>農業大国であっても経済が傾いたら食べれなくなる人はいっぱい出ますよ。

必ずそう成る訳じゃないよね。
言わゆる"政治腐敗"が少なければそういう人はあまり出ないで済む。
"無い袖は振れない"という言葉があるけどそれは同時に"有る袖は振れる"も意味しますね。
(この場合 "有る袖"= 農作物(食糧) "振れる"= 配給出来る )


農業大国 + 経済が傾く + "政治腐敗"が少ない = 食べれなくなる人はあまり出ない
農業大国 + 経済が傾く + "政治腐敗"が大きい = 食べれなくなる人は多く出る

....みたいな感じでしょうか。
#25734 実にいい記事をみつけました
ウォールストリートジャーナルから

【ロンドン】償還能力があることを債券市場に信じてもらえなかった場合、イタリアには奥の手がある。

 多くの人は気づいていないが、イタリアは2452トンもの金を保有しており、その量は世界第4位である。この保有量はフランスよりも多く、中国の2倍以上になる。

以下、省略

これが無くなったら、国債も買いましょうとECBはいうかもしれない。

尚、後の方の「ゴールドが移動するときには覇権も移動する」というところも実に含蓄があります。

では。
#25736 No title
>#25734 実にいい記事をみつけました

 それも承知の上でのユーロ危機である。
借りたのも貸したのもGOLDではない。ユーロだドルだである。
 国債本位と金本位とは何が異なるかを考える事ではないか?
 それと金融負債は貸した方が、もういいよといえばおしまいである。また、大きく貸すと借りたほうが強くなる。ここが高利貸しの分かれ目である。
 金を持っていると困る可能性があるね。
#25737 No title
JuJuさんなどのアメリカ在住者なら知っていると思いますが、日本とは違ってフードスタンプとは別に教会へ行けば無料で食事することができるんですよね。
本当は貧乏じゃないのにそうする不届き者がいるとか。
アメリカの上級階級は教会に寄付するのが習慣です。
キリスト教原理主義の影響力の強いアメリカならではのことですね。
そういえば大統領就任式の時に大統領が聖書に手を置いて宣誓する場面を見たことがありますよね。
反米主義者は現実を見てからコメントして下さいな。
#25738 No title
みなさん、こんばんは。

別にフードスタンプの話をしたいわけではなかったのだが、話が右に左にと流れてしまった。

abramovichさん、欧州はQEをやるしかないと思います。もちろん、先延ばしに過ぎないんですが。長い戦いになりそうです。

大河の一滴さん、金準備を巻き上げられるということが何を意味するのか、そこが問題です。
#25739 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#25740 No title
トヨタが2012年の生産計画を過去最大にするそうだ。 何を意味するのか? プラチナは上がるだろう。
今の触媒技術は、プラチナ以外の金属、例えばパラジウムから自動車触媒を作ることはできる。
しかし、トヨタがやるならプラチナは反応するだろうね。
2007年の生産販売は、先進国中心だったそうだ。 今回は、新興国の生産をかなり上げるとのこと。
そういえば、期間工採用の広告が結構でてたな。 自動車生産が上がるなら、国際商品の「鉄のコイル」
も上がるし、あらゆる産業が活気づく?だろう。 2012年、ホントに不況かね?
あとは、VWとGMの生産計画を知りたいですね。
石油が上がっているので、日本の省燃費技術は買われます。
米国で明らかになっているのだけれど、同じモード燃費の韓国車と日本車で実際の購入後の燃費は
日本車の勝ちだそうだ。もちろん故障率も日本車の方が低い。
最近、タイの洪水の影響で日本製本田車の輸入制限を解除したところ、ものすごい売れ行きだったそうだ。
日本にいるとあまり判らないけれど、MADE IN JAPAN は、未だに健在。
消費税も上がることだし、そろそろ車を新しくするかな。
トヨタなら、その中でも、関東自動車工業で生産している車種は別格。
平成12年製 トヨタ アルテッツア 12万キロ走ってますが新車同然です。
買い換えるのがもったいないくらい、しかしゴム製部品の劣化は避けられないのでしょうがないです。
 
#25742 No title
ケニーさん

日本車は故障率は低いですね。自分はスズキの軽自動車で距離数は15万を超えていますが調子がいいです。3000キロから5000キロくらいで定期的にオイル交換をしているのでその点がいいのかもしれません。軽自動車ですがオイルはカストロールを使ってます。

ケニーさんは12万キロで年数も10年を超えているのでマニュアルならばクラッチ、燃料系統ですと燃料ポンプを交換したほうが良いかもしれません。

燃費、故障率と部品をすぐ確保できるかという事を考えると日本車には到底敵いません。自動車の関税を撤廃したとしても日本車には勝てないと思います。
#25743 No title
〇〇さん、ケニーさん、Steinさん、おはようございます。

〇〇さん、隠しコメントで良いと思います。ご指摘ありがとうございます。参考になります。質問の答えですが、別人です。どうするかは思案中です。

ケニーさん、Steinさん、トヨタのやっていることは正しいのだろうかと思う。舵の切り方を間違えると致命的になりかねない。景気はそんなによくならない。ある程度他メーカーとの共存を図っていかないと米国のトヨタ事件のようなのがまた起こる原因になる。
#25745 No title
>#25737 No title

アメリカへはいったことが無く、いろいろ読んでみているにすぎない。やはりキリスト教の力が強く、それが我々日本人で見える人はすくない。また、それを知る人もいわないだろうと思っている。
 我が国以外は宗教の力が大きい。これが社会、国家に与えている影響を見誤ると、とんでもないコトニなる。

 結論を言うとアメリカにおいて教会が果たしている役目に相当する物が我が国日本にはない。
無くなった。保険が異常に多いのはその証拠である。イマ保険は頼っても友人を頼る人は少ないでしょう。

 昭和のはじめの恐慌のときわが村はお寺が道路普請をして、失業者を救済した。
 イマのお寺はそれをするだけの力があるだろうか。そもそもそのような考えを坊主がするだろうか?
 創価学会を見ればいい。基本的には我が国の伝来の宗教である仏教は皆同じだから、同じことをする。

 もともと仏教は<お前が現在の状態にあるのは前世の因果だ、誰の責任でもない>が基本だから、社会福祉の要素はない。現世利益のみである。

 またこのようなことを書くといわれるがことはそのところまで及ぶと見ている。

 福島の震災において、仏教界が一大勢力を結集してことに臨んでいるとは聞かない。あるのはボランティアと寄付のみである。
 それらはキリスト教のような基盤が無いから、線香花火のようになって、おしまいである。

 政府マスコミその他の報道は信用しない事で、それとはべつの情報がキリスト教会を通じて流れるのがアメリカだろう。もうひとつは友人関係である。

 アメリカは友人のコネを失うと生きていけない世界である。映画を見るとそのように思う。そのため大学へ行く。我が国も似たところがある。慶応などはその際たるもので、同級生がいったが、知人の話によると付き合いが大変であったという。とろいところへ行くからだと知人と笑ったことである。必要な人は行く事である。

 では我が国はとなると、おそらく友人関係だけだろう。

 我が国は表はいいが裏は非常に怖い世界である。その怖いということを定年退職した人に話そうとある席で少しはなしたが、理解しない。知人はやめとけといった。若い人はこれからだから、その要素を身近でいくらでもあるから、見て対策をもつ事だと思う。
 その怖さを受けて、回復するのはなみたいていではない。
#25746 No title
故障率、燃費の尺度なら国産車は世界一なのは間違いないだろう。
もちろん車はある意味その国の文化的ものも含めるので総合的な好みの比較は個人の価値観だ。
自分は欧州車を乗り続けているが、欧州車は大体7年に一度フルモデルチェンジする。
一般的にモデルチェンジした新型モデルは故障が多く、7年かけて熟成させ完成度を上げていくので皮肉なことにモデルチェンジ前の最終モデルが最も完成度が高い。

ところがトヨタはモデルチェンジした最新モデルから120%の必要以上の完成度で作り、数年かけて必要以上の無駄を削減してコストを下げて行くという欧州車とは全く違ったスタンスで車作りをしているそうだが、技術力の凄さが分かる。

追記、毎度通る西宮の国道2号線沿いにレモンイエローのランボルギーニミウラSが両サイドフェラーリに囲まれて売られている。
前は2800万円の値札がついていたが・・・。
大昔フランス映画の「個人教授」でナタリー・ドロンが乗っていたミウラSと同じモデルだ。
このご時勢さすがに芦屋の金持ちも手が出ないのかな。
#25747 No title
訂正
ミウラSの金額前は4800万で今は3800万にディスカウントしているそうです。
金鉱株で儲けて誰か買ってあげて(笑)
#25749 No title
瀬戸の花嫁さん、こんにちは。

ランボルギーニ・ミウラはサーキットの狼で飛鳥ミノルが乗っていたクルマです。懐かしい。
#25752 Stein さんへ
私の車は、ATです。
燃料ポンプは、調子が悪くなるのを待っているところです。今のところエンジン始動が早いので燃料ポンプが弱っている兆候がありません。症状がでれば自分で取り替えます。オルタネーターは、16万キロ程度まで大丈夫のようなので、当分先送り、バッテリーランプが点灯したらブラシだけ交換予定です。年間1万キロも乗らなくなったので、交換前に買い替えになると思います。
共通部品の塊であるプログレは、EFIとかコンピュータが故障しました。トヨタにも当たり外れは、あるようです。(中古だったせいもあるかも)
#25753 No title
>故障率、燃費の尺度なら国産車は世界一なのは間違いないだろう。

そうですよね。

ただ車体の頑丈さ、安全度はアメ車は国産車より上。
アメリカのパトカーは殆ど例外なくアメ車ですよね。

(安全度 = 衝突時の場合)
#25754 ルッコラさんへ
>農業大国であっても経済が傾いたら食べれなくなる人はいっぱい出ますよ。
>ロシアもそうでしたしね。

アメリカに比べたら、ロシアは農業大国とは言えませんね。

List of countries by GDP sector composition
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_sector_composition

Top Agricultural Exporting Countries
http://www.mapsofworld.com/world-top-ten/world-top-ten-agricultural-exporters-map.html

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する