FC2ブログ

ドイツ銀行も資金不足か?

ドイツ銀行が資産運用部門の売却を進めているという。売却額は約20億ユーロという。資産を切り売りし始めているのだろうか?ドイツ銀行はギリシャ債をもっていたと思うが、早くECBが買い取ってやらないと銀行が機能不全を起こす。それこそすべてを叩き売って資金調達しているのかもしれない。こうなると疑心暗鬼にとらわれて銀行間の貸し借りは凍りつく。金融緩和は不可欠だがECBは腰が重い。私もひどいと言っていたFRBは正しかったとも言える。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#25606 No title
ゴジラさん みなさんこんばんは、なんだかんだ言ってもバーナンキさんは じょうずにやっていますよね NYダウだけ 今年プラスに(仮に八百長だとしても)もっていってるわけですし... 相場はまったくよくわからん これから世の中ほんとどうなるのだろうかほんとに破滅にむかうのだろうか、わからなくなるダウの動き
#25608 No title
ゴジラさん、お疲れ様です。
株式市場は非常識のmkubo1さんも、来年は世界中で量的緩和で、リスク資産が上がるんでないかいと言てますね。
ECBも宣言しないだけで、結構やってるようですね。
#25610 No title
銀行間金利も上昇の傾向で下げる傾向にはない。中国人民銀行の3000億ドルのファンド運用機関の準備は、来たるべき国際的羊毛刈りの準備であろう。世界的なドル資金の不足は銀行経営の足元の時限爆弾となる。衣服の下に爆弾を胴巻きのようにくくりつけた覚悟の自爆テロも近いかも知れない。
#25612 No title
キイトさん、なすびさん、マザーアースさん、おはようございます。

キイトさん、バーナンキはある意味凄いと思う。まさに世界を振り回している。結果的に米国に資金を集める事に成功した。

なすびさん、そうなると思います。

マザーアースさん、今回のドル不足は誘導されたきらいが非常に強い。やられたなと言う感じがする。
#25614 No title
おはようございます。
前にも書きましたが、ドルと米国債(同じことですが)に世界の資産を集約させ、最後にそれを吹き飛ばすというシナリオでしょう。 米国内向けには「国防権限法」(NDAA)とかそのための準備をしているんだろうし、オトポールを基礎にしたアラブのインチキ春をシリア、イエメン、サウジ、そしてイランに拡大させようとしているんでしょうが、最近は全て失敗ばかり。
95%正しい事をいっているというデイビッド・アイクではないですが(後の5%は猛毒)、「問題・反応・解決」の反応さえしなければ良いわけで、若い血気盛んで思慮がないのがあちこちで煽られている構図だと思います。 あれは民主革命なんかではないし、シリアの例を見れば明白なようにそういう分子が入り込んで軍事行動をしているようです。

食糧危機という状態や過度に憤怒や緊張を煽られた場合、それを制御するのが難しくなるのは分かりますが、とにかく覚醒して反応をしない、周りで助け合うという事なんだろうと思います。

東北の震災での日本人の反応は世界に相当の反響を与え、このアメリカの一角でもかなりその事を感動して賛美されました。(何時も無愛想な空港のセキュリティーで日本人だと分かると特別待遇のような扱いでした) 全く信じられない高貴な態度だと。 その後のカス政府官僚のことは書くまでもないですが。
とにかく覚醒し反応をしないことだと思います。

資産のことは色々テクニックが有るんでしょうがタンジブル・アセットで放ったらかしです。
備蓄は重要。
#25615 No title
イランの科学者メラーヘン氏は、先般のアメリカの無人偵察機の無傷の捕縛は、イラン製のUFO型無人偵察機、ZOHALによって行われたと公式に発表している。ZOHALはプラズマ原子炉を搭載して航行する。世界の先端的技術は、国際的連携のリバースエンジニアリングで行われている国際的な共有技術であることがこの事からも読み取れる。古代のインドにはヴィマーナと言うUFO型飛行体が存在している。古代文明の遺産は月世界にも存在し、この遺産の発見、回収作業がアポロ計画の裏計画として存在している。ゴールドも原子転換にて創造できるそうだ。広い意味での植物の光合成は、生物による原子転換の存在の実証である。明年は、既存の世界システムの崩壊と転換から、あっと驚くような文明の世界転換が起るであろうことを希望とする。その前にプロジェクト・ブルービーム等の世界統一政府に向けるビックイベントが用意されているであろうことも予想されていなければならないと考える。文明は金銭的価値観に弄ばれ翻弄され続けてきた。人々の殺人的利己心の克服には、ある意味での世界的なショック療法が必要だ。個人各様に目覚めの必要な時となるだろう。
#25616 No title
今週もどうにか落ち着いて週末を迎えましたが、クリスマス時期なのに静かな落ち着いた気持ちにはなれないですね。来週末はもうクリスマスイブですので、今週は週の前半でひと波乱が生じてクリスマスになるか、それともこのまま落ち着いた状態で少ない取引のままクリスマスか。
もっともそれに付込んで、ちょっとした大波乱も考えられますが。

欧米のクリスマスは時代が変わってもやはり日本の年末年始のようなときを過す方々が多いし、少なくともそのように振舞いまおうとする雰囲気がつよいでしょう。日本の年始も変わりつつありますが、それでも一年を振り返るときで大切にするのと同じでしょう。イスラム社会はニュアンスは違いますがし新年は大切でしょう。中国はまあ旧歴中心ですのでちょっと違う面がありますが。

世界の現状の経済は、80年ぶりあるいはそれ以上の恐ろしい状況。とりあえずその日その日の問題を回避し奇跡の解決を願ってはいるものの、でもやはりいつか近い将来片付かねばならないのでしょう。今までは緊張が続いているのでうまく行っているが、危ないのは想定外のところで想定外のことが起きたり、ホッとしたりしたときなどが要注意でしょう。そういう意味ではいつなにがあってもおかしくないのでしょう。一番おっとりした国の財政、政治、経済いずれをとっても一番気がかりです。

なにがあってもさほど動揺しないように心の準備と対応に心がけていきたいと思います。とりあえず激変なるも充実した1年でした。来年も忙しい1年になりそうです。

ではちょっと早いですが、
May everything that’s happy and all that’s special too,
Combine to the coming year a special one for you and your family.
ENJOY YOUR CELEBRATIONS.
名無しの独り言
#25618 No title
ドルのマネーサプライは10パーセント伸びてますからダウは伸びているようで実は全く伸びていなかったり。

ドルは散々キャリ‐トレードで世界中の試算を高騰させ、ドルは減価してきましたから、それが巻き戻すタイミングになれば巻き戻すことかと思います。
悲惨なのはレバレッジをかけてドルキャリーを最後の方になってやった投資家かと思われます。

ドイツ銀行は何故資産を売ってるのでしょう。
預金引き出しに対応できないなら最悪ですが、企業貸し出しのための原資がなく、値上がりの見込めない資産を売却するならまっとうな行動です。
資産の売却は資産の連鎖的暴落を引き起こしかねませんが、融資によって経済は活性化するのでそれによって全体の資産価格は保持されるかと思います。

ただ、下落する資産を先に売ってしまおうというのはいま欧州の銀行はできないのですよね。不良資産を多く持つ欧州銀行は自らの首を絞めてしまいます。
だからこそそういったタイプの資産売却はやらないはずなのですが、、。ましてそれをみんなが知ったら連鎖してパニックが。
#25620 No title
UBSの顧客向けレターが伝えている。最早、ゴールドもスイスフランも安全資産とは言えない。
#25623 No title
ふくろうの陣内さん、マザーアースさん、siphaさん、こんにちは。

ふくろうの陣内さん、それが起こるのなら大変なことですね。

マザーアースさん、UBSのニュースは見ました。同じ意味合いではないようですが、スルーしました。

siphaさん、タイミング的に考えてキャシュの必要性からでしょう。資産が溶け出しているのだと思う。
#25705 No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する