fc2ブログ

先週の金価格

7月     London     NY(COMEX)
11日    1555.50     1554.40
12日    1550.50     1567.30
13日    1579.00     1582.60
14日    1590.50     1587.00
15日    1587.00     1594.10

*最高値更新の1週間であった。だが、市場がパニックを起こしてゴールドに殺到というわけではなく、ぼちぼち堅調に推移といった感じだ。今週は1600ドル突破と行きたい。金ETFもサポートするように残高を増やしており、安心感を伴う。

*金ETF残高1540.58トン(7/17現在)exchange-traded gold securities
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#21452 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#21453 米国債務が上限に到達する8月2日以降
に起こるとされているのが <政府機関の閉鎖>である。
 米政府が新たな債券発行ができなくなれば、連邦政府機関が閉鎖される可能性がある。その結果、政府職員が自宅待機を強いられるほか、債権者や請負業者への支払いや支援金の支払いが不可能になる。

前回政府機関が閉鎖されたのは1995年だった。
今回閉鎖されると、実は2回目なんだね!

ニクソン・ショックが1971年8月15日だった!逆ニクソン・ショック(=オバマ・ショック:部分金本位制復帰)が起きるのが今年の8月15日としても何ら不思議はない!

米国債デフォルトの場合、世界的な金融危機の再来も
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-21615520110609?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
#21454 No title
〇〇さん、ごんべいさん、こんにちは。

〇〇さん、銘柄として否定はしません。買っても良いと思いますが、ウォッチしていませんので現在が買いのタイミングかどうか分かりません。

ごんべいさん、実際、起こったら歴史的事象になるが・・・。
#21455 No title
アメリカが国家として金を保有しているのなら、売り払って外国への借金を返済してからデフォルトしなければ誰も納得しないでしょう。アメリカが現国家のまま金本位制というのはないと思います。
#21456 No title
>アメリカが国家として金を保有しているのなら、売り払って外国への
借金を返済してからデフォルトしなければ誰も納得しないでしょう。

いいえ。
いわゆる"紙くず"での借金は同じ"紙くず"で返すべきですね。
それと各国の抱える地政学リスクとアメリカとの同盟をお忘れなく。
#21457 No title
>JuJuさん
米国が国家として金を保有しているのなら、デフォルト前に売却の必要があるのではないでしょうか。と個人的には思います。だだ米国が金所有者から金を借りてという事ならあるかもしれないですね。単なる予想です。
#21458 No title
シニスギさん、JuJuさん、こんばんは。

本来、デフォルトする国はギリシャのようになっていくものです。米国の場合は強大な軍事力が生きているため露骨な事ができない。交渉により有利なものを押さえるべきでしょう。
#21459 1978年のイルミナティ・ビルダーバーグ秘密会議
ブッシュ・チェイニーらは、アメリカを破綻させながら金持ちだけ救い、残りの大半を殺害しようとしてる。それは1978年のイルミナティ・ビルダーバーグ秘密会議で決定された。映画でイルミナティを矮小化陳腐化したが、911やHAAP、FEMAの実態を知る者は殺戮計画が本当なのだと知り始めた(ツイッター情報)
#21462 No title
≪#21453 ニクソン・ショックが1971年8月15日だった!逆ニクソン・ショック(=オバマ・ショック:部分金本位制復帰)が起きるのが今年の8月15日としても何ら不思議はない!≫ 8月14日(日)も大きく変化が良く起こる満月。それもお盆で皆様のんびり連休中の日曜日に、誰かがどこかで重大発表。そして翌日8/15(月)にオバマ・ショックになるなんて、そんなことは無しにしましょう。
なお8/2(火)債務不履行期限の前々日7/31(日曜日)も何か事の起き易い新月。市場の開催されていない日曜日だけに、発表などしやすい。そんなことは無しにして下さい。名無しの独り言
#21463 No title
ゴジラ様

>本来、デフォルトする国はギリシャのようになっていくものです。米国の場合は強大な軍事力が生きているため露骨な事ができない。交渉により有利なものを押さえるべきでしょう。

そこが盲点です。金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、紙屑になったドルを俸給として貰っても米軍将兵は真面目に戦うだろうか?
#21469 No title
ごんべいさん、名無しさん、Steinさん、こんばんは。

ごんべいさん、そんな前の計画が今実行されてるのか。

名無しさん、もしそうなったら凄いね。予想するのも凄いけど。

Steinさん、デフォルト後、新通貨導入すれば資産保持は出来る。巧みにデフォルトすることは出来る。それをさせるか、させないかと言う問題。
#21471 No title
ゴジラ様

その通りなんですが、今の経済政策の顔ぶれを見てみますと、上手く新通貨体制後を指揮できるかは難しいと見ています。最後はハイパーインフレの恐怖でないけどオーストリアハンガリー帝国、ドイツ帝国の様な末路を辿るのか。中央に不満を持った各州がバイエルン州の様に蜂起したりして。(ハイパーインフレの恐怖を読んでいる方には分かる表現です)
#21472 No title
Steinさん、おはようございます。

その当時のそれらの国々と現在の米国では国力や背景が違いすぎる。必ずしも同じような見方が出来ないところがあります。可能性がまったくないわけではないと思いますが。
#21476 No title
ゴジラ様

>その当時のそれらの国々と現在の米国では国力や背景が違いすぎる。必ずしも同じような見方が出来ないところがあります。可能性がまったくないわけではないと思いますが。

そうだと思います。但し、今の金融を担当する顔ぶれは頭が悪そうですし危機を乗り越えて行く為の統率力に欠けます。(QE3を示唆しながら撤回してみたり 右往左往ですよね)国力、経済力、軍事力は重要な要素ですが最後はそれを担う人材が重要なのだろうと思います。

国が滅び行くのは金地金の枯渇ですよね。ローマ帝国にしろ身近な所では戦国時代の甲斐の武田氏もそうですし。今、アメリカに誇称している程の金地金がなければチェックメイトです。ランドポールあたりがノートフォックスに殴り込みに行くかも知れません。そうしたら、お祭りですね。
#21481 No title
Steinさん、こんにちは。

米国には焦りがあるのかもしれない。些細なミスで大きな間違いが起こりうる状態であると思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する