FC2ブログ

金リースレート急降下



どうもゴールドが下がってくる時にやっぱり金リースレートの下落が絡んでいるようですね。何か起こってるのかもしれませんが、注視が必要でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#20913 今見た
今見ました。米国債の金利も一貫して下がっている。
ドル高?

CDSはタブん上昇でしょう

相場に手出しをするときではない。

あつい夏になるぞ。大仕掛けな芝居が八月にあると勝手に決めて、だが国内は対策はないのでは?
これだけばら撒かれた、資金はどこへ行くことができるか?
 
#20914 No title
ううむ。波によっちゃあこうゆう時こそ乗らない手はない。世界が売るなら売り叩きまくるのみ。ドルの波が買なら自分にとってファンダとの整合性など関係はない。
#20915 連投失礼
慌てて書いたが

このグラフと、別の表を見ると同じにはなっていないがこれは何かあるのかな?

http://www.lbma.org.uk/pages/?page_id=55&title=gold_forwards&show=2011
#20916 訓練未了の赤とんぼ特攻
米州不滅を信じて空売り特別攻撃隊がまた総攻撃をしてきましたかね。

リーマンの時はかなりの効果を発揮しましたが、最近はその頃に比べれば大したことはない。

kenjiくんに分かり易く言えば空売り特攻の最初の頃は練度の高い搭乗員が乗った彗星、銀河など新鋭機で特攻できたが、今は訓練未了の搭乗員が乗った赤とんぼ、ちょっとましな白菊で突っ込むようなものです。

今は下がれば下がるほど現物が無くなるだろうし、所詮はその場しのぎでしょう。

もし空売りでドルを守ろうとしているなら、彼らはある意味に於いて真の愛国者かもしれない。真の愛国者であればあるほど終戦後に哀れな末路を歩むのはフランス革命のギロチン、ニュルンベルク裁判がその例である。下手をすればその家族の運命すら残酷になるかもしれない。実際にそういう写真も残っているのでね。

Wienの公園のベンチでナチス高官の母娘が青酸カリを飲んで死んでる姿だった。それはそれは可哀想で、可哀想でね。

戦争にしろ、国家の転換期にしろ終戦の幕引きを間違えると悲劇が増大すると言う事です。
#20917 No title
インパール作戦乙。牟田口司令官。
#20918 No title
例のロイターの記事です。
http://www.reuters.com/article/2011/06/21/precious-metals-regulation-idUSN2160031820110621

(Reuters) - Dealers are expected to suspend U.S. retail trading of over-the-counter precious metals due to the U.S. futures regulator's delay in making new rules based on Dodd-Frank Wall Street reform law.

Online dealer Forex.com, owned by GAIN Capital Holdings Inc (GCAP.N), told clients in a letter that it must discontinue metals trading for U.S. residents by July 15, and all open metal positions must be closed by that date.

A spokeswoman of Forex.com cited a specific section of the Dodd-Frank law regarding CFTC's oversight over off-exchange commodity transactions with retail customers.

That section of the Dodd-Frank law, passed nearly a year ago, only applies to non-eligible contract participants -- dealers which offer trading services to retail customers.

Financial institutions such as banks and brokerages and commodity pools which are eligible contract participants authorized by the CFTC will not be affected.

Last week, the U.S. Commodity Futures Trading Commission moved to delay some swap rules that are scheduled to automatically kick in July 16, threatening the validity of billions of dollars in derivatives trades. [ID:nN14252810]

The lack of finalized rules risked creating a legal void for off-exchange derivatives trades used by companies and traders to offset risk on interest rate shifts or commodity price swings. It created fears that trades could be challenged or invalidated.

The CFTC is racing to create a brand new regulatory framework for the over-the-counter derivatives market, including credit default swaps such as those that helped amplify the 2007-2009 banking crisis. (Reporting by Frank Tang; Editing by David Gregorio)

#20919 No title
上記ロイター記事の訳です。ポイントとなりそうな所をダブルクォーテーション(””)で括ります。


ドッド-フランク法に基づく新たな先物取引規制の制定が遅れているため、ディーラーは米国での”貴金属小売取引”を停止すると予想されている。

ゲインキャピタルホールディングス傘下のオンラインディーラー、Forex.comは7月15日までに米国居住者向けの貴金属小売取引を中止しなければならず、すべての金属のポジションをクローズする必要があることを、書簡で顧客に伝えた。

Forex.comの広報担当者は、ドッド-フランク法の特定のセクションを引き合いに出している。「リテール顧客との取引所外でのコモディティ取引を、CFTC(米国商品先物取引委員会)が監視する」という部分だ。

約1年前に議会を通過したドッド-フランク法の当該セクションは、非適格契約参加者にのみ適用される。つまり、対象となるのはリテール顧客向けに取引サービスを提供するディーラーであろう。

銀行・証券会社といった金融機関や商品ファンドなど、CFTCの認可を受けている適格契約参加者には影響ないだろう。

先週CFTCは、いくつかのスワップルールについて、予定されていた7月16日からの施行を遅らせることとした。デリバティブ取引に関わる数十億ドル規模の資金の妥当性を、脅かす可能性があるからだ。

確定したルールが欠けているため、取引所外のデリバティブ取引が危いものになった。そうした取引は、企業やトレーダーが金利変化や商品価格変動のリスクを相殺するために使用しているが、”法的欠陥により取引が困難になったり、取引自体が無効なったりするのではないかとの懸念が生じたのだ。”

CFTCは、店頭デリバティブ市場に向けた新たな規制の枠組みを作成すべく奔走している。そこには2007-2009年の銀行危機を増幅した”CDSのような商品も含まれている。”
#20920 No title
今、自分のPCは、ねこ★さんの串を通ってきているらしい・・・(滝汗)
#20921 相対的に
>#20916 訓練未了の赤とんぼ特攻
米州不滅を信じて空売り特別攻撃隊がまた総攻撃をしてきましたかね。

 現状はよくわからないが、連中バカではない。
それだけである。抜けているようだが、肝心なことは保持している。真珠湾が攻撃されて、即座に日系人を、収容している。はじめから準備をしていないとできない速さである。
 しかも法律を無視している。日系アメリカ人も拘束している。
 連中核兵器を持ち、食料が自給できる国である。
新紙幣を発行する可能性を考えてはどうか。
 
#20922 3連休でZZZZZZ
今度の週末はアメリカは独立記念日(7/4)で3連休。奥様子供との約束で、家族で2泊3日、イや早めに余分に休暇と取って3泊とか4泊とか、5泊とか、。そろそろ週末への準備をしっかりしなくちゃ。、仕掛けた仕事はとりあえず片付けて。リースレートも仕事意欲と比例する事があってもおかしくない。 新規の仕掛けは来週連休明けに、すっきりした気分で行なおうとの気持ちもありますね。微妙で混乱の時期でもこんな要素もあるもんですよ。名無しの独り言。
#20923 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#20924 No title
ゴジラさん

金ETF残高は比例して減少していますか?亀井さんブログだと減少していないらしいのですが・・・
#20925 No title
ゴジラ様、こんにちは。

歴史の波動に立ち向かう、空売り特別攻撃隊はかっこよくみえるが、所詮、蟷螂の斧(とうろうのおの)なのでしょう。
#20926 何とかして欲しいから厳しい事を書く
インパール作戦が出てきたので思い出したが「馬鹿な大将敵より怖い」という言葉があった。鬼畜牟田口のせいで多くの将兵が命を落としイギリス軍の侵攻を容易にしたという罪科がある。牟田口も敵前逃亡で銃殺刑ものだが、日本の官僚機構と同じの陸軍は曖昧にしてしまった。今の日米のリーダーがまさにそうであろう。

>現状はよくわからないが、連中バカではない。

とkenjiくんは言うが真っ当な戦略を持っていれば今頃米ドルは最強だろう、できないのは戦術で戦略を立て直そうとしているからだ。

アメリカの製造業が最強なら日本の車の半分はアメリカ車だろう。製造業をおざなりにし金融でお飯を食べようなど愚の骨頂である。勿論 アメリカには製造業の素地はあるから悲観はしていないがこのままであればアウト。
#20927 No title
あれれ。今度は、「まっちゃ」さんだ。
何故だ?このスレに登場している人ならともかく、違うHNでノミネートされているか、まさかROMされている方の串をも使って通ってくるのだろうか・・・。
ううむ。不可解だ。
#20928 .>stein
>#20926 何とかして欲しいから厳しい事を書く

インパール作戦は無謀で悲惨な戦闘で、抗命事件を引き起こしている。無謀で悲惨な戦闘であったが、何かが歴史に残った。そう何かが。
 この何かをも認識する必要がある。無謀で悲惨ではあったが。

連中マンハッタン計画を立てているよ。
 むざむざと「すごすわけが無い。
何が起きてもすべての国へと打撃が行く。その後の世界はその打撃をどのようにして対処することができるか?
 八月は暑い夏になりそうである。
震災復興と、福島と原発問題を抱えたわが国と亜米利加其の他とは立場が変わった。
 舞台がかわったから、それを認識することである。
冷静に見て、対策を立てることで、評価の時はすぎた。
起こりうる事態を想定して、それぞれに対策をたれることである。
 
#20929 No title
相場を追う者としてはギリシャに振り回されてるなあという感じです。ギリシャ支援に楽観的で織り込みにかかっています。一波乱あると面白いのですがね。
#20930 No title
民主党やマスコミ、東電を叩かずに必死にアメリカ叩きをしている人がいますが
と ん で も な い 売 国 奴 かもしれませんね。

報じられなかった米軍の支援
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/2338200/

一応用心しておきましょうね。
#20931 No title
そんなに今のアメリカがお好きなら米国債なり米ドルを買って資産保全をしたらどうですか?好きなら当然にそれくらいの事をされているんでしょうね?
#20932 No title
西太平洋も「中国の海」になるかー無為無策の民主党に見る日本の危機
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1550.html

共通の敵・中国
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-649.html

ま、売国奴はせいぜい頑張ってアメリカ叩き続けましょうね w
#20933 No title
kenjiさん、菜梨さん、Steinさん、第31師団さん、シニスギさん、名無しさん、〇〇さん、実閃禅師さん、リバーさん、バイコレビッツさん、こんばんは。

今日も満員御礼です。ありがとうございます。

ドッド-フランク法どうなるんでしょうね。混乱するかもしれない。

〇〇さん、おかしいでしょ。絶対に。

実閃禅師さん、SPDRには変化なし。純粋に先物オンリーの動きでしょう。

バイコレビッツさん、これだけ国債に資金が集中している中でギリシャ国債が吹っ飛んだらパニックになります。
#20934 日本は、どこが敵でもまずい様な。
 ゴジラ様、 皆様 こんばんは。

 中国敵視、アメリカ敵視、いろいろな見方があると
思いますが、日本は、そんな大国を敵に回せるほどの
力がある訳ではないので、せめて喧嘩せずで、行き
たいですね。 (経済がらみの摩擦は、致し方なしですが。)
 アメリカ、中国、どちらもあまりに極端に寄ると、当然
利用されますよね。
 ただ、私も今までの様な、アメリカだけを軸に考えると、
とんでもない目に遭うと思います。
(そんな時代は終わったと思うのです。)
 だから、ゴールド関連に群がるのですよね?
#20935 new-farmさんへ
"政治ブログ""軍事ブログ"で検索してアメリカ、中国 双方の恐ろしさを調べられては ?

日本にとってどちらがより危険か、(対立時には)どちらにつくのがより
我々日本人が生き残れる可能性が高いのか見えてきますよ。
#20936 No title
new-farmさん、JuJuさん、こんばんは。

個人的には敵を作らないことこそが最良と思っています。
#20937 中立
>#20935 new-farmさんへ
わが国国内でトラブルがおきると、中立(?)をする人が多い。その中立は奇妙に道徳的で公平という感覚がある。それは個人間のもので、組織ではありえない。
 利害関係を考えて、中立を維持しようとすると、それこそ仲間に引き入れようと攻撃するぞと脅され、それに対抗するものをもたないと維持できない。
 スイスが中立であるのは国民皆兵を維持していることと、国際社会が中立国を必要としていることから、バチカンなどと同じような外的要因で維持している。
 わが国はその立場はない。ないものを考えても意味がなく、どこと手を組むかといえば、アメリカである。中国ですらアメリカと組みたいとおもっている。
 わが国は考えなくてもアメリカと組むしか,生存の道はない。
 沖縄の火遊びは高くつくに決まっている、いずれ沖縄の人々と日本はそれを支払う羽目になる。
 もし太郎が担当者だったら、はっきり言うけれどもね。

金を20パーセント持てと。その金に相当するものがアメリカ軍だと。

 国内の反米論はそこがない火遊びにすぎないが、もはやそれは許されない。遊びは終わったから、きちんとした負担をする選択をすることである。

 それは最終的には徴兵制の導入だが、その前に軍事予算の増強である。
 戦前も火遊びをしたが、対日通商条約廃止に等しい通告をアメリカは平然としてしてくるよ。

 リースレートの下落はなぜ金価格の下落になるのかそのわけの説明をどなたか、お願いしたい。
 金の売りが出たから、買った人がリース市場に出したからさがったのか?
売りは買いで。困った人がうって、買った人は余裕があって買った金はすぐには売る必要がなくて、銭を稼ぐためにリース市場へだろうか?それならさらに金が退蔵されるから、その後は上昇だろうか?
#20938 No title
あまり詳しく詳細を言うつもりはないが、遠交近攻で考えるならロシアでありアメリカであろう。別に二者択一で考える必要など全くない。

ついでにアメリカとすれば中東戦争を起こして石油で一儲けといきたいがまだ戦費が足らないようだ。
#20940 物議を醸してすいません。
 ゴジラ様、 Juju様、 kenji様、 皆様 あらためてこんばんは。

 すいません。 中途半端な出方したので、逆に物議を醸して、すいません。
本当にNo ideaで、私は、典型的な日本人だと痛感した次第です。
 恐らく、ロシアとアメリカの間で心揺れるドイツなどを見ると、
冷静に思考できそうなので、そちらの線で考えてみます。
 答えが出るまで、この手の話題に参加するのは止めときます。
大変失礼致しました。

 Jujuさん、アメリカのお客さんと、親しくなる機会があり、一般の
アメリカ人の良さ、ある程度理解できているつもりです。 私は、経済に関して、
アンチアメリカの部分はありますが、一般的なアメリカ人は大好きです。
 一度、アメリカ人に、ダジャレは通じるのか? 興味を持った事があり、
Singaporeの粗悪なテーブルセットで。「table unstable」というダジャレを
思い切ってぶつけたところ、いたく気に入られ、それ以来、私をtable unsableと
呼ぶようになりました。 こんなところで、ご勘弁を。
#20941 No title
kenjiさん、こんばんは。

金リースレートと金価格の下落は一致しているように見えるが、実際の関連はよく分からない。恐らく貸出量が急激に増えたときにレートが下降しているものと考えているが定かではない。

http://www.gci-klug.jp/commodity/2008/08/20/003482.php
#20942 No title
どうも投稿システムに何かが入っているようです。ゴジラさんのブログも、ランクが上がりました。
 ブログも投稿もたぶん監視されています。いまだ投稿者を調べきれないだろうと思いますが まあばれるでしょう。
 知れてますけれども。
#20945 new-farmさんって、本当に大人ですね
今後ともよろしく。。笑
#20949 No title
kenjiさん、こんばんは。

入ってもらっちゃ困りますね。ほんとに。
#20952 No title
中国につくか、アメリカにつくか・・・。
こういう時いつも思い浮かぶのが毛利元就です。強国に囲まれながらも国を生き残らせる。本当に大変な話だ。

国民全体に最低限のルールが期待できるアメリカ。しかし各種資本に振り回される上、ネオコンの色が強すぎて大変困る。大衆層のアメリカ人がもっと政治や経済に興味を持ち、ポピュリズムが根付けば最高なのだが。

一方中国は広すぎるし、何より国としての統一がない。領土の境界線と中国という国の境界線は全く別物だ。現状は共産党の支配であって、中国という国家では無いとも言える。洗練されて話が通じる中国人もいるものの、それは沿岸部のごく一部であり、それを全土に期待することはできそうもない。もちろん変わっては行くでしょうが、前途多難で綱渡りそのものだ。

毛利元就は自国の戦略を見失わない。強国にいいようにされて生き残るのではなく、そんな環境下でも自国の運命の主導権を握りしめる。そういう強さが現代の日本に求められると思うのです。
#20959 No title
暇人さん、おはようございます。

あんまりどっちにつくという論議は好きではありません。問題はいかに自立していくかということですからね。
#20972 きつねうどんさん、こちらこそ
 きつねうどんさん、こちらこそよろしくお願いいたします。
 この場を借りて、ゴジラ様、皆様 今後ともよろしくお願いいたします。

 大人であるとのご評価、身に余ります。 ただ、各位殿の立場に基づくと、
それぞれのご回答に、一理ありだと考えさせられます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する