fc2ブログ

消える貴金属デリバティブ

銀貨大好きさんのコメントにもあったように7月15日から米国では金銀などの貴金属取引に制限が加わるらしい。ニュースを探そうと思ったんだけどあまりない。丁度、やまはさんのとこで記事がアップされていたので参照したい。やまはさん、すいません。少し利用させていただきます。

ドッド・フランク法(金融取引規制法)により、適格者以外の貴金属取引が禁止になるらしいが、この適格者とはどういう人なのか非常に怪しい。基本的に先物やSFDなどのデリバティブ取引のことのようで現物や金貨、銀貨は対象外らしい。現在のところ米国のみ。

http://www.reuters.com/article/2011/06/21/precious-metals-regulation-idUSN2160031820110621

7月15日から貴金属デリバティブが禁止というのは不可思議だ。米国はデフォルトリスクが発生しているだけに貴金属の急騰を警戒していると言われてもおかしくはない。しかし、こういうことをされると中国や産油国などの米国債大量保有国は警戒するだろう。

ここ最近の動きとしては中国とロシアが貿易決済を人民元とルーブルで行うと合意がなされている。通貨危機によるドルやユーロの急落を避けるためと思われるが、周辺国でこのような動きが出てくるとさらに下落圧力が増してくる。今後は決済通貨としてドルやユーロをボイコットして自国通貨で決済する動きが活発化することが考えられる。しかし、これらの動きがより通貨危機を増大する危険もあり複雑な心境ではある。

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/579/

http://en.rian.ru/business/20110623/164798920.html
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#20851 とうとうですか
 金価格の高騰は先物市場の廃止とセットであると見ていますが、2000ドルくらいまでなら何とかできるでしょうが、それ以上となると困るのではと思っていました。
 これで、たぶん金鉱株へと資金が流れると予測します。
 さて現物ですが、これはいかがなりますやら?
現物から金鉱株へと移動をしたほうがいいかもしれません。株まで規制することは無理でしょうから。
しかし金が市場で取引されるなら、現物は物を言いますが何らかの規制が入ると、無理が生じますね。
 何をするつもりでしょうか?何ができるでしょうか?
お勧めの金鉱株はなんでしょうか?
個人的にはジパングはその目論見どおりに動けば松藤氏はいろいろ言われていますが望みはあるなと思います。
いかんせん埋蔵量が少なすぎます、これの解決、つまり探鉱が成功することですが問題はその資金が続くかでしょう。 

 外国はとなるとやはりアメリカ、カナダの会社でしょうね。国内の地方の少し大きな都市の証券会社で聞きましたところ、なにやらコードみたいなものがあればでき、なければそれを作ればできるということでしたが、それはその証券会社が外国の会社の代理店をしていると推測しますが、割高になります。
  それ以上に上昇するなら、いいですけれども。
しかし人はいませんでした。サロンのようになっていました。変わりましたね、証券会社は。

大転換がおきても<日はまた昇る>ですから、国内の優良株でもいいのではないかなとこのごろ思いますがここは金鉱株でですから、やはり外国の株ということになるでしょう。
 いろいろ見ましたがタダみたいな金鉱株もありますね。
 難しいなあというのが実感です。
#20852 No title
kenjiさん、こんばんは。

7月からと言うことはやっぱり8月は怖いということでしょうね。危ない可能性もあるんでしょうね。金鉱株は仰る通り北米系が最も無難です。バリック、ニューモント、ゴールドコープなど大型株がお薦めし易い銘柄です。
#20854 どういたしまして
いえいえ。
いつもこちらは楽しく拝見していますが、自分のところのメンテで手一杯で書き込みできず済みません。
今後ともよろしくお願い致します。 やまは
#20855 No title
先物市場が消えると下落する可能性も忘れてはいけないと思います。

現物はスプレッドも大きく流動性も低いのでそうそう気軽に買えません。これで買いが減ればずるずると下がっていくのでは。
規制は貴金属が上昇するのを防ごうとするという見方もできますが、貴金属が実需でなく投機で値上がりしてバブル化して大損する人が出てこないようにしようとする温情ある措置とも取れます。というか後者の解釈が本来普通なんじゃないかな。

ゴールドが上がったらアメリカは困るという話もよく聞きますが実際どう困るんでしょう?考えてもよくわからないんですよ。本当に困るならアンチ金の言説を世界中の学者に毎日新聞にのせてるはず。それをやらないのはなぜだろう。
多分ドル安誘導のためか。

というか、先物市場のせいでゴールドは不当に抑えられているとかいう言説はあらゆるところで聞きましたが、突っ込んで聞いてみるとあまり納得する回答は帰ってこないし、とても扇情的。
仕手筋の情報操作にしか聞こえないところがあるんですね。
それにもかかわらず真実ということはあると思いますが、いかにも情報操作っぽいやり方でいろいろなところに張り付けられています。
#20857 G現物からの資金移動
ゴジラさん、これはもしかすると、欧米系金鉱株はもちろんのこと、2899への資金流入も期待していいのかもしれませんね。株価の下落もある程度ありうるかも知れませんが、今月の無償増資(実質上は分割)で「ただでさえ安かった単価が」さらに3分の2まで圧縮されたので、もうこれ以上はいくらなんでも下がらないような気もするのですが。。甘いですかね?
#20860 No title
やまはさん、siphaさん、きつねうどんさん、こんばんは。

やまはさん、わざわざお越しいただいて申し訳ありません。こちらこそよろしくお願いいたします。

siphaさん、解釈が間違ってます。金価格ってのは通貨の駄目さ加減を反映する特徴があるからです。ここにいる人のこの説明をしなければならないのはつらい。またにしましょう。

きつねうどんさん、目先のことなんて分かりませんよ。下げてもしれてるとは思うけどね。
#20862 siphaさん、皆さんの書き込みは親切心ですよ。
 ゴジラ 様、 siphaさん、こんばんは。

 siphaさん、私と大分異なる見方をされているので、下記、私の意見です。
・先物市場が消えると、価格下落の可能性がある。
→ 同意です。

・現物の流動性が低い。
→ 市場は小さいけど、流動性は高い筈です。 なので、これは誤りだと思います。

・買いが減れば。。。
→ 減る事が無いと思います。 (現在のトレンドを作っているのが、実需の現物です。)
換言すれば、先物の買いは、必ず売られ、先物の売りは、必ず買われるのです。
(だから、無尽蔵の現物を持たない限り、先物では、長期でのトレンドを作る事は
できないと言えます。)
現物買いは、国外で旺盛であり、需要が増え続けている事を理解されたし。

・ゴールドが上がるとアメリカが困る。
→ ドルへの不信=ゴールドの信任だからです。

 多分、ゴジラさんの掲示板に参加している人は、他人を煽る気無いと思います。
 来たるべき危機に備える為に、今現在考えられ得る対策を提供する事、又は自分の
思考が正しいか、矛盾を確認する為に、書き込みしているのでは?
(これは、siphaさんも同様ですよね。)

 多分思考のスイッチが違うのだと思うのですが、私なんか、シンガポール$なんて、
紙屑、もといプラスチック屑に見えてしまいますが。。。 ただ、今現在、日本においては、
siphaさんの思考の方が、正常だと思います。 ある意味、正常な人には説明しても伝わらない
事は、痛いほど理解しています。

 直接的に関係無いですが、シンガポールで2年ほど駐在しましたが、それ程優れた国では
ないですからね。 多くの自己矛盾を抱え、エリートの政府関係者が、うまく管理している
だけです。 言い方悪ですけど、中身の無い国だと、私は思います。 グローバルの発展には
すこぶる強いけど、シュリンクにはめっぽう弱い筈だと思います。 この辺の意見、どうですか?

 それと、もう1つ、関係無いですけど、地デジやパスモ、ETC等々のシステムって、シンガポールが
最も普及が早いんです。 何故かというと、都市部の生活を想定したインフラシステムを実験するのに
人口のサイズが丁度良いのです。 だから、常にシンガポールは、近未来都市なんだそうです。
#20863 No title
>やまはさん

ロイター記事の表題
Some dealers to suspend US precious retail trading.
幾つかの販売業者はアメリカでの店頭販売を一時的に停止する。(禁止される。)

本文を読むとForex.comとかいう業者が7/15までに取引中止にすると書いてあるようですが、この業者はデリバディブ業者の様ではありますね。現物は対象外?ハテロイター記事では現物が対象予定されていると書いてある様ですが。やまはさんは何処の情報をみられたのでしょうか?


#20864 米先物
ゴジラさんこんばんは。米の先物取引が復活するかもしれません。そうなったらどうなるんでしょうね。
コメ先物の試験上場、実現なるか 
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110617/biz11061721410036-n1.htm
はっきり言って恐ろしいです。
#20865 No title
適格者ってのは「現受けしない人」ってことなんじゃないでしょうか。
大量に先物市場等で現受けしたがるような人は市場に参加させないとか。
#20866 No title
new-farmさん、名無しさん、天僧さん、暇人さん、おはようございます。

new-farmさん、私がめんどくさいと思った説明をありがとうございます。しかも丁寧に、頭が下がります。

名無しさん、ロイター記事だとディーラーにのみ適応ですから末端で現物を買う人は大丈夫だと思いますよ。

天僧さん、勘弁して欲しい。

暇人さん、多分そうでしょうね。恐らく今後現受けが増えてきたらとても対応できないでしょう。
#20867 これから、どう変わっていくか
おはようございます。 デリバティブは基本的に、良いものでないと思っている一人です。 今回の禁止措置について、金価格の下落に向かうとの 意見が、多いように 思いますが、個人的には ボラティリティが、少なくなり 良い面も あるじゃないかと思います。 かえって、現物嗜好が強くなるのではと 考えてしまいます。
#20868 No title
ドットフランク法、以前コメント入れたんですがガセネタではなかったんですね、
結局、JPMが莫大な空売りいれてるから、必死。
いっそうの事、桁違いに下がれば、答えは早く出ると思う、先物価格と現物価格が別になる、ならないとしたら現物は、無くなるよね。
#20869 No title
相場は常に間違っている。それが正常に機能している何よりの証拠である。
#20870 不明なところがあります
ロイター記事ではやや曖昧性があってはっきりしたことがまだわかりません。
 
今のところForex.comと、あとCMC(米国)が、金と銀のCFDの個人向けトレードを(当面?)中止するのでポジションをクローズせよ、というメールを顧客に送った、というところまでが確実なところかと思います。
さらに詳しくわかったら、またブログの方に随時書きます。
#20871 先物
 先物市場は現今の経済では必要である。これが無いと生産計画ができない。予測コストの計算ができないからである。これはこれで優れたものであるが、一度それが出来上がると、その仕組みに従って、動き始める。
 特に現物が無い状態でも売りを認めると、本来の機能とは異なる要素が大きくなり、先物の本来の目的が達せられない。
 買いの担保はお金でいいが、売りの担保がお金では、理屈があわない。売りの担保もやはりいていの割合で現物を提供させる必要がある。
 仮にこれをすると何が起きるのだろうか。
売りをするとき、実物をもってしたが、そのときは差金決済という考えは知ってはいたが、変だとおもって、しなかった。
 その後この要素が無い先物は文字通り振り回されると思った。何よりも取引と引渡しに時間差があり、この時間差がもともとの先物の元だから、二重の構造になるが、これはいかなることかとおもった。
 その上金リースレートというものがあり、最初は金の貸し出しレートだと勝手におもていたが、これも異なり、ライボー-GOFOだという。FOFOについてが最初に理解していたリースレートであった。
 現在示されている、リースレートは先物取引における指標を指標を示すのだろうかと思う。
 そのわけはこれだけ資金が多く供給されておれば、一定量もって、、あとは棄てておいても、いい機関が大半ではないかと仮定すると、その人々はどのようにして先物を利用するのだろうか。
 現状の金融情勢は不可解なことがおおく、きんが逼迫すればリースレートの上昇が起きてもいいはずだが、それほど起きていない。
 それから見ると金は需要に関する限りあまっていると見るのが正しく、それなら価格下落のはずだが、ちがう。
 では上昇の元はなにか?
これが実を言うとよく分からない。
 先物市場は決済があって初めて機能するが、空売りの始末ができないなら、それは<溶け合い>ということをすることになるが、問題はその後だろう。
#20872 【NewsBrief】米大統領が財政協議に関与、デフォルト回避に向け与野党幹部と会談へ―【私の論評】アメリカのデフォルト演出は何を意味するのか?日本に強い関わりがあるその意味!!
こんにちは。アメリカのデフォルトは何を意味するのか?将来はどうなるかは別にして、現時点のデフォルト騒ぎは、何か他に意図があるものとみるのが妥当です。特に、日本との関係において、日本に悟られずに、特定の意図があるものとみるべきです。来年は大統領選挙があり、オバマ大統領は、是が非でも景気を良くして、雇用情勢を改善しなければなりません。しかし、アメリカの直近の雇用統計は、想像以上に悪かったこと、経済の復元力の原則からいって、アメリカの経済の浮揚はここ当面内需拡大によってはなかなか達成できないことなど、考え合わせると、いろいろと見えてくるものがあります。私のブログでは、日本に強いかかわりがある、アメリカのデフォルト演出の真相に迫ってみました。是非、御覧になってください。

#20873 No title
ゴジラ様、こんにちは。

こういう動きを見ると、ゴールド対米国の最後の戦いが始まったかのようだ。今後米国は、最後の力をふりしぼって、ゴールドに向かっていくのでしょう。
しかし、米国は負け、普通の国へと戻っていくようにおもえる。
#20874 No title
ドットフランクについては噂のいきをでてないようですね。ただ、ネット上で米国人はカウンタートレード(店頭現物販売)廃止ではないかと予想している人が多いようです。

>kenji様
おっしゃるとおり、先物という指標が無くなると原材料の様なものは相対取引となって市場に悪影響。ただなにか矛盾があるという感じはしています。
ただ、将来トウモロコシは安くなると思うが、今すぐ必要という人はやはり買わなくてはならない。そこで、買った分の売りをしてヘッジするという利便さはあると思います。

とりあえず、トウモロコシの話は我々には関係ないので、ゴールド先物ですが、
先物市場で年間20万トンの取引があると言われています。買いが半分の10万トンとしても年間産出量の50倍ですから、先物業者は買い分だけの現物は用意できないはずです。電子上の取引なので、買いをいれている人が現物を欲しいのかどうかは不明ですが、もし欲しいといわれてしまえば破綻するはずです。
どうせ破綻するなら、価格を下げてから破綻した方が業者にとって被害は少ないものと思われます。
まあこの先どうなるのか考えは及びませんが。

>yutakarlsonさん
個人的に、原田武夫の予想は全く信じてません。実績的にそうだからです。
米国と日本の内需拡大?米国人は富豪層を除いて、借金漬けで、今や資産含み損、借金もしずらくなった、更に雇用崩壊。どうやって内需が拡大するのか理解できません。インフラが劣悪状態なので製造業に戻るのも難しいでしょう。まずはインフラ整備からだと思います。米国人は経歴、出目、人種の話がタブーなので、持ち物で人を判断する傾向が強いように思います。これも浪費癖につながったかなと思います。
もう需要は十分先取りしています。日本については説明不要かと思いますが。
#20875 外資の雄
ソシエテジェネラル銀行にききましたが、その話は 聞き及んでないとの事です。否定されました。報告 いたします。
#20876 No title
アメリカの政治、経済、財界の指導者が有能なら今のような体たらくはなかったであろう。

マッカーサーが言っていた「日本軍の兵隊、下士官は有能だが、高級士官は馬鹿だ」とね。それをアメリカに置き換えれば今の悲惨な状況の現況が見えてくる。
#20877 No title
いえいえ、そんなハズは無いでしょうね w

暴走中国の末路 
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-747.html
#20878 No title
うん、うん。
そんな恥ずない。w
#20879 不適格
楽しく拝見させて戴いております。
今回ゴジラさんが書かれたニュースの不適格の件と、ソロスの大量売却は関係ないのでしょうか。
そのあたり鍵になりますか?
#20880 No title
一度、アメリカは塗炭の苦しみを味わうことになるかもしれないけど、そういう中からこそ英雄が出てくるナポレオン、織田信長しかり。塗炭の苦しみは悪い事ばかりではない。

#20881 連投失礼します
オバマさんも、バーナンキも太平記を見て勉強したほうがいい。国家の存亡に何が重要かを。アメリカの首脳陣で日本史に詳しい人間など一人もいないからいい機会だから勉強したらいい。ついでに日本語の勉強にもなる。

http://www.youtube.com/watch?v=7n9YcD7gZ2Q&feature=related
#20882 >#20881
上の人なりすましですよ。
#20883 金はデフォルトしない
>金の本来的価値
金は通貨の総量と比例するところがありますので、どこかの通貨なり準通貨である債券がデフォルトすれば、「生き残った通貨にとって」金は安くなるかと思います。
しかし金のいいところは決してその爆心地にはならないことです。
金はインフレヘッジとしての価値があり、デフレに対しては価値が下落する。しかしデフレの爆心地には決してならない。0になることは決してない。

これを踏まえると金の本来的価値が見えてきそうです。
機関投資家は安定志向で金に行くか、それとも儲けたいので生き残る通貨に行くか。

>new-farm さん
2ちゃんねるの掲示板だったり、本の著者だったり、煽ってる感じの人がどこからともなくやってくるのでこれは怪しいなあ、と。
で、これらの根拠が不明瞭な、だけど一見説得力がある理論を対して検証もせず巻き込まれてしまってる人が多いんじゃないかなと。自分も対して検証もせず金価格を各国が抑えようとしているから上がらないという話を真に受けてしまいました。少なくとも深い理解がなくこれらの話を真に受けるのは問題でした。(今は保留してます)

>先物の買いは、必ず売られ、
確かに現受けでもしないかぎり期限で決済しなければなりません。先物市場で現受けしなくてもスポットで買い入れればいいだけですよね。

って、あれれ。先物で釣り上げられないなら先物で下落させることも不可能ですよね。
この先物で下落させられてるという噂はいったいなんだったんでしょう。

現物買いはインフレが進んでるアジアなどで盛んなようですが、これもインフレがどうなるかにかかっているかと思います。
#20884 どうして?
>#20881 はSteinです

どうしてJuJuってなっているんだろう?申し訳ないです。

投稿したときはSteinになっていたのですが
#20885 No title
banks and brokerages and commodity pools のみがELIGIBLE と認定されてるのだそうです。 
I am the rule book. ですからこっちはかないませんわ。
#20886 siphaさんへ
まったくの余計なお世話ですが、私が接触した数少ない情報の中では、高橋靖夫氏の以下の著作(発表直後に癌で逝去され遺著となる)「金本位制復活!―アメリカ復活のスーパーシナリオ(東洋経済)」が、一番ありそうな仮説であると感じております。ご興味があれば御一読をお勧めいたします。賛否両論分かれるかもしれませんが、読んで損にはならないと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E9%87%91%E6%9C%AC%E4%BD%8D%E5%88%B6%E5%BE%A9%E6%B4%BB-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E9%9D%96%E5%A4%AB/dp/4492732640

では。今後ともよろしく
#20887 御伽噺
金には利子がつかないというが、金ディリバティブでつくから、いまではそれはまちがいだろう。金も紙幣も生産するものとして見たとき、それらは相対化する、紙幣同士の値段付けは為替である。その為替も調べるといりろるようである、レートが。
 要するにわからない。

ひつのお話を提供して不思議な感覚を味わってください。歴史的な事件を少し翻案したものです。

 ある国に、知恵者がいて、ひそかに紅花による染料の生産を思いついたがお金がない。そこで<えいままよ、領主に頼んで紙幣を発行して、紙幣一両に対して、金一グラムとして、それを元に生産しようと考えた。そこで領内のお歴々を招き、<紅花を注文して、1Kg 10両で買い上げる、そのときは金で支払う。それまでは紙幣で産業活動をしてほしい。しかしそのほうたちは紙幣がないから、それは貸し出すが、利子が必要なところ、それはなしにする。どうだ>というと、領内のお歴々、しばし考えて、金で買い上げてくれるならと承知して、その生産に必要な機材工場を建設するべく、領主から紙幣を借りた。そこで領内はイロイロナ事業が行われた、工場建設のために土砂が必要だ、木材が必要だ。あれだこれだで景気がよくなり、一年後めでたく紅花ができ、それを領主に納めた。そこで領主は紙幣で払おうとしたら、<お殿様金でお支払いのはずでございます>というから殿様は<おおそうであったがそれについては荻原が責任者だから彼に説明させる>そこで荻原が<実を言うと金はないがそれはこの紅花を売って、金にするからしばらく待てほしいが、それまで紙幣で支払っておくがどうだ> お歴々は領主に金がないことをしっていたから紙幣で一時受け取ることにした。領主は萩原に<そのほうこの始末をどうするつもりだ>と聞くと、外国の北京というところで売ってまいりますと答えて、そこで紅花を売り金にして、帰ってきた。そこでお触れを出した。それを聞いて、お歴々は紙幣を持ち出して、金にかえた。領主はすべて変えてもなおかつ金が残り財政が豊かになった。そこでお触れをさらに出し、紙幣はすべて換えるとした、そこで紙幣はすべて金に変えられた。そこで初めて領主は始めるときに紙幣を貸し出したことにきずき。それを回収しようとして、お歴々を呼び出した。お歴々は何事かとおもって、出てきたが、あまりにも儲かっていたので、浮かれてそれを忘れていたことにきずいた。そこで紙幣は返したので借りたぶんだけの金で返そうとすると、領主は萩原は<そのほうたちに貸したのは紙幣である。紙幣で返せ>という。<紙幣はすでに金にかえました、確か金1g1両でございますからそれでお返しします>というと萩原はこのごろ紙幣も高騰して、金1g0.5両となっている。確かに金1g1両だがいざ交換しようとすると1両2gだ。したがって紙幣で返してもらうから貸した紙幣の額の倍の金で返してもらう>この話に驚いたが何しろ紙幣はどこにもない、泣く泣くそれで返した。
 上記の話でどこが問題だろうか。またこの話は現実にあるだろうか?

#20888 No title
>new-farmさんへ
>常識を持った人には通じない
常識に凝り固まった人には通じないかもしれませんが、私は金についてきちっとした見通しを持つためにまず常識を得ることを選択しました。
私は常識的な人間ではありませんが、必要に応じて常識を集めることになり、ある程度持っています。
そして私が集めてきた常識の限りを真っ向からたたき伏せるような深度のある情報でなければ信用するのは危険だと思う次第であります。

金についての論議でこの常識的な意見、常識を踏まえた上での議論が出てこないことに情報操作を感じるところではあります。常識的な意見を踏んだ上の金の展望というものがもっと多ければよいのですが、、。

ついでに自分もまだまだ常識不足なのですが市井の人間で私程度の常識を持った人はほとんどいないのも事実ではあります。

>シンガポール
現地を見てきてらっしゃるのはとても参考になります。
数字の上では最高の対外純資産国であり米国債の量も少ないのですが、そもそもこの資産というものはどういった性質のものなのか考える必要があるかもしれません。

恐慌が起きてシンガポールに資金が返ってくることになっても、シンガポールに本拠地を移しただけの大小の金融機関は案外ドルやユーロや円で資産を保持するのかもしれません。

貿易黒字国であるシンガポールの力量を単純に評価してしまうのは危険なのでしょうか。
#20889 No title
補足
シンガポールはコツコツと貿易収支でこの対外純資産を稼いでいるようでありますが、数字に出ない弱さがあるのでしょうか。

>シュリンク時
経済危機において世界的に景気が悪化すると困るのはすべての製造業も、すべての資源産出関連も同等ですので、単純に通貨が株や商品に対して強くなると思います。
そしてどの通貨が上がるかというとそれまで投資をしていた側の通貨かと思います。
(世界的不景気で対外輸出が減っても資源価格が落ちれば貿易収支は変わらないのではと思います。)

>ゴジラさん
どうしたものか、書き込もうとするたび別人の名前がデフォルトで記入されています。自分の名前に直さないと別人になってしまいます。
#20890 No title
鹿十ピン助さん、素人さん、ドルは力を溜めている。さん、やまはさん、kenjiさん、yutakarlsonさん、リバーさん、シニスギさん、Steinさん、JuJuさん、流れ者さん、名無しさん、siphaさん、エロ爺さん、きつねうどんさん、こんばんは。

鹿十ピン助さん、わざわざ調査していただいてありがとうございます。決定事項ではないということか?

素人さん、どうなるか分からないですけど、米国外では取引できますからね。

ドルは力を溜めている。さん、その可能性はある。

やまはさん、お手数をお掛けしてすいません。

kenjiさん、先物がなくなることはないと思っていますが、不可思議な行動ですね。でも恐らく現物の手当てができないと言う事ですよ。モノ自体がないということです。

yutakarlsonさん、ありがとうございます。時間のある時に拝見させていただきます。

リバーさん、大変な世の中になったものです。

シニスギさん、やっぱりハッキリしないんですね。どうなることやら。

Steinさん、日本の大企業にも言えます。東電なんかにも。

JuJuさん、中国が弾けるのも困りますね。

流れ者さん、どうなのかな。分かっていたかどうかは判断不能です。

名無しさん、???

siphaさん、お互いの常識がここまで違うと非常に疲れます。重くならないボリュームで書いてください。

エロ爺さん、そうです。ちょっとありえない。

きつねうどんさん、無理です。こっちの言っている事はほとんど耳に入れてません。
#20891 No title
kenjiさん お話のネタは落語の花見酒でしょうか?

siphaさん

物事を込み入って考え込むから判断を誤る事もある。常識としていた事が時代の変遷とともに非常識になる。

戦争のネタで恐縮ですが大艦巨砲主義から、航空主義へと変換していったように、国家の通貨に対する絶対的な信頼から現物への信頼へと変わっていくでしょう。

何故ならここ5年ほどの金価格の推移とドルの価値の推移を見てもらえれば分かると思います。ここにきて食料も危機的な状況に陥ればコモディティに対する資金流入はとまらず通貨の価値は更に下がるでしょう。

食料が足らなくなればなるほど通貨の価値は下がる、面白い時代じゃないですか。
#20892 sipha様
 ゴジラ様、sipha様、 こんばんは。

 この場をお借りして、siphaさんと意見交換させて下さい。
 私自身の感想として、ゴールドを信じるメンバーが、ゴールドを
信じられる理由を述べている内容を見ると、何ら、矛盾も無く、理路
整然としている様に思えるのですが、私は、ゴールドの力を理解でき
ない人が、何故、理解できないのか、逆に解らないのです。
 少し冷たいですが、解らない人に無理に解ってもらうメリットは、
そもそも無いと思います。 だから、真向叩きつける必要はなく、
もっと肩の力を抜いて、意見交換しては如何でしょうか。 siphaさん
から見れば、ゴールドを盲信するメンバーが、異常に見える事も理解
しているつもりです。(他人様の意見を知るのならば、理論の挑戦する
のでは無く、自分から、意図を理解しようとする努力が必要になると
思います。 失礼ですが、これが欠けていると、どこまで行っても、
話が平行線になると思います。)
 シンガポールの実力の件ですが、tax heavenとしては、魅力を有する
みたいです。(私は、エンジニアですので、金融の側面からのシンガポールは、
語れるほど、解っていません。)
 アジア地域全般を見た上での話になりますが、日本は、世界有数の人財
大国だと思います。
 日本人なら、当たり前ですが、ウソを言わない。言い訳の前に先ず動く、
人のせいにしない、約束を守る努力をする。 こんな簡単な事が、こんな
基本的な事が、「先進国の様な国、シンガポール」でも全くできていません。
 シンガポール政府は賢いですが、愚かに見える面もあります。

政府の(ずる)賢い面: シンガポールへの出稼ぎ外国人10人に対して、
1人のシンガポーリアンを雇用する事。 (当然の様に、管理職待遇です。)
→しかしながら、質は最悪(誤字多数、計算ミス多数)ですし、肌の色で人を
差別します。 (インド系、マレー系は、常にフラストレーションを抱えています。)

政府の愚か(に見える)面:国策で、農業禁止です。 これが何を意味するかと言うと、
食料自給率≒0という事です。 (水に関しては、海水を真水に換えている様です。)

 その他、もろもろですが、書ききれません。
 代表的な事を書きました。

 因みに、どうでも良い豆知識ですが、ブルネイドルと
シンガポールドルは、等価で、お互いの国で、そのまま流通できます。
(ブルネイの原油は、価値ありですね。)
 質問があれば、別途受けたいところですが、他人様の掲示板故、何れかの機会に、
書かさえて頂ければと思います。
#20893 No title
かなり笑えます。

http://www.youtube.com/watch?v=0jQbpX8iyoI

どうでしょうか?
#20894 No title
>政府の愚か(に見える)面:国策で、農業禁止です。 これが何を意味するかと言うと、
食料自給率≒0という事です。 (水に関しては、海水を真水に換えている様です。)

シンガポールはマレーシアの華僑を追い出すためにつくったくにに過ぎないから製造業などするはずがない。
 大東亜戦争のときシンガポールは簡単に落ちたが、それはジョホール・バルの水源を落としたからである。
 基本的にはその程度の国に過ぎない。金融もジョホール・バルの水源に等しいものがあるはずである。
 トランシットで外で出たが、宅地開発の場所をみて、はじめから無理なところがあり、何を考えてと思ったことがある。これを買うやつは気がくるっているが、外国は基本的には理解不能だから、何かあるかもしれないと思った。
 それは明らかに水がつかる構造になっていたからである。
 日本が一番というとちょっと困ることがあるが、まあそれだね。外国は上のほうが利口だが、わが国はうえのほうが馬鹿である。おろかとも違うが当人は何を考えているかわからないということがわからないとでもいおうか。何も考えていないことは確かである。それに精神が脆弱である。

名前が確かに変わっています。変ですね。ここも監視を受けるようになったということですかね。また逃げないと。
#20895 No title
kenjiさんって、文面がいちいち分かりづらいことこの上ないと思うのは自分の読解力のなさだろうか。
ふた昔前の書籍文体表現っぽいが、もっと普通に書けばもっと伝わりやすいのにと思うのだが。
同じ日本語なのに読んで理解するプロセスの疲労感は、慣れない英文を訳すが如く。途中で断念してしまう。
#20897 No title
Steinさん、new-farmさん、kenjiさん、こんばんは。

Steinさん、new-farmさん、お手数をおかけします。さすがに一人で相手するのは重たくなってきました。時間のない中でやっている事ですから難しいところです。

kenjiさん、明らかにおかしいと思います。気をつけてください。

名無しさん、誰ですか?分かり難いのは事実です。慣れるしかありません。
#20899 はい ゴジラさん
そのようでした。もし、決定事項ならば、行内ならびに、クライアントに、説明通告の必要があり、実行されるとしても時間が無さすぎる。 個人的には、このような話自体が、アメリカ合衆国の雲行きの悪さを 予感させます。 コメントが、シンガポールから、金の理解の 問題やらで、金のデリバティブの話が、ぼやけて見えるのは、私だけなのかな?と
#20900 No title
>kenjiさん お話のネタは落語の花見酒でしょうか?

幕末にあった話でそれも直接の記事ではなく雑誌に紹介されていましたから事実関係は不明ですが構造は同じです。ただその話は財政が豊かなになり、紙幣の交換はする人としない人がいましたが交換率はおなじで、利子もつけて返済しました。
 以上です。コノ話を何かあるときに考えて、それにいろいろつけます。やり方として,金で支払うはずがちょっと待って、紙幣で払って、後で交換する事は手形で払ってと考えると受けとった方の行動が違います。
 コノ話に為替を入れようとしていますが、どうにも作れません。実を言うといろいろコメントがあると予測して、どなたかにつくっていただきたいという作戦でした。
為替の実務をしておられる人ならすぐに作れると推測しました。 今は初めのほうに投稿しないと無理ではないかと、おもっています。失礼いたしました。
#20902 No title
鹿十ピン助さん、kenjiさん、こんばんは。

鹿十ピン助さん、よく分かりました。今後の動向に注目です。

kenjiさん、・・・。
#20943 No title
>ゴジラさん
最近表に出てこないですが力は持ってる政府や銀行関連方々の感覚ってこんなものかなという感じです。
来たる変革の時にこれらの金にかかわらず世界を運営しようとするメインプレイヤーの意思だったり見識を無視してしまうのは危険かと思います。
こういう考え方をしている人がいないならどうでもいいんですが、こういう考え方をしている人がそこそこいてそして人数以上に力を持ってるとなるとそれは無視できない現実です。
ずっとだんまりを決めておいていざという時に出てきて今までの見通しがひっくり返ったりすると怖い。

2つの見識を討議、統合してより高度な金庇護論、金反対論に昇華させようという目論見があったのですが、もう単純に相いれない2つの思想的な勢力として考えて両者の対立の趨勢を占った方がいいのかなあ?でもそれもさびしい。

ただこれはデリケートな話なので実に慎重に事を進めた方がよいみたいです。これは迂闊でした。申し訳ないです。

>new farmさん
シンガポールの貿易黒字とつみあがった対外純資産は人口比で日本以上です。貿易黒字なのでオフショアがどうとかとは別問題です。この貿易黒字って一体何なんだろう。
差別は高度成長期の日本の国内国外と比べてどうかと思うのですが、農業政策の話は凄まじいですね。
ちょっとこの国の成り立ちや背景について調べてみます。
#20950 No title
siphaさん、こんばんは。

そんなめんどくさい論議はしたくありません。時間の無駄です。
#20962 No title
実際面倒ですが、反対意見を加味していない理論は土台が希薄です。私にも確かなことはわかりませんがもし砂上の楼閣だったらいつか土台からあっさり崩れる。時間の無駄とはいかに?

私の提言を相手にする必要があるというわけではありませんが、ちまたの金に関する情報も賛成反対両陣営の意見を込めて対比統合した詳細な未来予測であることはあまりないというのが印象です。どうも金の話になると細部が飛ぶ。

例えば米国債が吹っ飛んだ時誰が金に賛成し誰が金に反対するのか。国債が吹っ飛んで困るのは一般国民ではないので彼らはそもそも関係ないかもしれない。(各国銀行や政府などの都合)
国際決済に使うのであれば金産出国が有利になるし、また基本的に平等であるというその理由がまさに国際情勢にそぐわないかもしれない。このあたりの事情の解析も聞いたことがない。決済に通貨を使うことが不可能になり金に移行せざるを得ない事情とは一体どんなものだろうか。だれがそうさせるのか。

具体的に金がどんな形でメインプレイヤーになるのかよくわからないのです。そういった質的な変化がなければ、政府債務を誤解した人たちが高値でつかまされて売り抜けられるといういつもの情報操作が決まるだけかと思います。
金の過去の高値も封建制、債権、商品市場の未整備からくるもので単純比較は難しい。
#20969 No title
siphaさん

>国際決済に使うのであれば金産出国が有利になるし、また基本的に平等であるというその理由がまさに国際情勢にそぐわないかもしれない。このあたりの事情の解析も聞いたことがない。決済に通貨を使うことが不可能になり金に移行せざるを得ない事情とは一体どんなものだろうか。だれがそうさせるのか。

信用創造や根拠のないお札を刷り散らかせば古来から普遍の価値を有する金地金に資金が集まって当然であり基軸通貨すら崩壊する可能性を有するのは当然の帰着です。

そもそも平等など存在せずあるのは勝つか負けるか、騙すか騙されるかというのが資本主義の本質なのかもしれない。

戦国時代の武将である朝倉宗滴が言うように「犬畜生と言われようが戦争に勝てばいい」が今の世界の本質である。

そもそも世界人口70億を養うだけの資源、食料がいつまでも続くとお考えか?僕は否だと思う。記憶が正しければそもそも世界で使える水の総量で使えるのは0.02パーセントだったと思います。これだけ見ても将来の食料不足は避けられないだろうし、通貨の価値は下落し、実物たる金地金や食料、石油の価値は上がるのも当然の帰着であると僕は思う。
#20970 No title
siphaさん頭が良いから、いろいろ考えちゃうんじゃないですか、私など、たいした知識も無いから、至ってシンプルです。世界がこのまま過ぎていけば、ゴールドは子供にあげちゃう、ゴールドの時代がきたら、マンション一棟、買って遊んで暮らす。面白そうな時代です。
金もお札も、両方おかね、どうせなら夢のある方を持ちたいだけかも。
しかし、情報だけは、いろいろ集めてますよ。
#20974 No title
返答どうもありがとうございます。

いわゆる信用創造悪玉論なのですが、これをやらないと今度は不景気になって雇用と税収が不足してしまうのです。これがないと巡り巡って自分の収入が危うくなります。
信用創造だけが悪いというのはスケープゴートで問題の根本は累進課税が甘く、また資産税、相続税をとらないので通貨が国民経済全体に回らないことなんです。(信用創造そのものも相当問題ですが)

ドルが金本位なら米国債をドルで薄めることができないのは一面の事実ですが、これも根本は、外国から借りるときはその国の通貨建てにするべきだというのが問題の本質であり、ドルが金本位だと、今度は米国内での政府の財政出動が困難になってしまわないでしょうか。

世の中の不合理や不平等の原因を、金本位制度の放棄という一点に押し付けてる感じがするんです。
#20975 信用創造は悪である
siphaさん こんばんわ。

>いわゆる信用創造悪玉論なのですが、これをやらないと今度は不景気になって雇用と税収が不足してしまうのです。これがないと巡り巡って自分の収入が危うくなります。
信用創造だけが悪いというのはスケープゴートで問題の根本は累進課税が甘く、また資産税、相続税をとらないので通貨が国民経済全体に回らないことなんです。(信用創造そのものも相当問題ですが)

根本に立ち返って考えて見ましょう。金がないのにあるように見せかけて、信用創造という詐欺的幻影で社会を回し続けてきた事が罪悪の根源でしょう。違いますか?

であれば現物至上主義に立ち返って裏付けのあるものを築き上げるしかないでしょう。

勿論 困難や大混乱があるでしょうが、今まで信用創造という詐欺的手法で世界を騙してきた罪と罰ですから、それも甘んじて受けるしかない。
#20977 No title
どういう経緯で信用創造がやり玉にあがり、誰がそれを破壊するのかが問題です。

私もおおむねおっしゃることには同意しますがいかんせん人数が少なく、既得権益と習慣の壁はあまりに厚く思います。

今回の金融危機も、基軸通貨は主要国が分担して受け持つことになり、権力が分散するだけで騒ぎ立てる割には何も起きないかもしれません。

一体何が起きて世界的に信用創造がやり玉にあがるのか。米国債デフォルトで?
#20979 No title
siphaさん

>私もおおむねおっしゃることには同意しますがいかんせん人数が少なく、既得権益と習慣の壁はあまりに厚く思います

想定外という言葉が流行る世の中、国家が破産するも知れない世の中に於いて既得権益、習慣の壁など鼻糞同然でしょう。

そのきっかけは仰せの如く米国債のデフォルトかもしれないし、中東戦争かもしれないし、食糧危機かもしれない、もしくは想定外の出来事かもしれない。

通貨への信用が極度にまで低下しているこの時期だからこそ地金が頑強な強さを発揮している事実が現実にあります。

太平記の時代にしろ、江戸幕府の崩壊、日米戦争の敗戦後の大混乱期を見ても国家の威信、権威は地に落ちるという共通点があります。権威を誇っていた軍人も終戦後はただの人に成り下がり、高級将校も日雇いで食べていったという話も聞きます。ねえ、陸軍幼年学校、士官学校、陸軍大学校を出たエリートですら日雇いですよ。

今で言えば灘高校、日比谷高校、東大を出て、公務員試験を受けて省庁に入ったエリートですら日雇いに成り下がってその日の食事にありつく様な生活になる可能性があるってことです。国家破産の場合は。面白い時代じゃないですか、下克上で成り上がれるチャンスですよ。
#20980 No title
siphaさん、Steinさん、素人さん、こんばんは。

この状況を見れば分かると思いますが、私がコメントを返せるキャパシティを超えつつあります。どのみちまともな返答は出来なくなります。そうなるとメインテーマから離れている人から制限をせざるをえなくなるでしょう。そうなると真っ先に頭に浮かぶのがsiphaさんです。別にディスカッションが嫌いなわけではありませんが、siphaさんは重たいので余裕のあるときでないと正直きつい。こちらの余裕の具合を見ながら書き込まないと無視せざるを得なくなると思う。
#20982 No title
ゴジラ様 僕が出来うる限り、siphaさんのお相手をします。
#20983 No title
」ゴジラさん
すいません。
ある意味嫌がられているところを押し付ける形になって申し訳無いと思っておりました。
レスするのが重いと思われたならどうぞスルーください。

」stainさん
頼もしいことです。相場観としてはともかく一個人の生きる姿勢として見習いたいです。

#20985 No title
Steinさん、siphaさん、こんばんは。

ご理解いただき感謝いたします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する