FC2ブログ

ユーロの行方

ユーロは存続の危機に立たされているのかもしれない。最初はなんてことないと思っていたギリシャショックだが、蓋を開けてみるとどうしようもない状態だった。ギリシャの債務再編(デフォルト)はポルトガル、アイスランド、スペインに続いてしまう。ここはなんとしても押さえ込まなければいけなくなっている。振り返れば各国とも無理な国債発行を行っていたわけで責任は国と債権者である金融機関にある。一般の国民は税金を使わせるわけにはいかない立場にある。このままでは座して死を待つのみである。最も一般的な方法はギリシャをユーロから脱退させてデフォルトさせるのが正しいと思うが、どうも嫌らしい。それは芋ズル式に続いてしまってユーロ崩壊の可能性が出てくるためである。また、債権者の被害が非常に大きくなってしまうためやりたくない方法である。それではどうしたら良いのか?

FRBと同じ手段しかないのではないだろうか。つまりギリシャ国債をECBに売却して集めるしかない。発行しすぎたその他の国の国債もECBに集める。それを各国の金準備でファイナンスをかける。結果的にユーロ圏の公的金準備がECBに集まることになる。ユーロ圏の公的金準備は12000トンを超える。これで余分な国債をすべて処分する。ギリシャだけでなくアイスランド、ポルトガル、スペインも同時に処理しなければこの問題は解決しない。米国がゴ-ルドでファイナンスをかけるときに同時にユーロ圏も処理する。かくして公的金準備はFRBとECBに集結することになる。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#20633 No title
債務は国債だけでなく、MBS等もある事。ユーロ圏にも米国債がある事。日本にはゴールドがない事。を考えると日本としてはとても認められないやり方だとは思うのですが。ひょっとして日本にも隠れたゴールドがあるのでしょうか?
#20634 No title
gonnaさん、こんにちは。

ここで捉えたのはソブリンリスクのみです。国家が倒れたらそのあとの処理(MBS等)は不可能になるからです。日本のゴールドには逸話があるらしいけど実際はたいしてないと思います。
#20636 日本政府が
ゴールドをどのくらい持っているかと いうことが 重要なことではないと思います。 我々が、どのくらいゴールドを持っているかと いう問題のほうが重要ですよね。 もし、日本政府が金本位制に なっていくなら、手持ちのゴールドを 日本政府に 貸して差し上げて 駄賃を いただくのが 良い。隠し資産は、宝島伝説みたいな話だし、隠しゴールドを安い値段を売ってしまったら それこそ 役に立ちません。 だから、隠しゴールドは、あっても 登場するのは、 先の話ではないかな?
#20637 No title
ゴジラ様
ギリシャがデフォルトしてもリーマンのようにはならないよ。あのときはドル不足でゴールドを売り、ドルを調達しなければならなかった。しかし、今はドルはじゃぶじゃぶ。ゴールドはそれほど下がらないでしょう。
#20639 No title
鹿十ピン助さん、29t,yさん、こんばんは。

鹿十ピン助さん、日本は蚊帳の外にいると思います。残念ながら。

29t,yさん、ここで言っているのはゴールドのことではありません。カテゴリを経済にしている記事ですよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する