fc2ブログ

ゴールドが不足する可能性

中国の金需要の大きなには心底驚かされるが、1400ドル以上の価格で物ともせずに買い捲る様は鬼神のようだ。2011年第1Qで233.8トンは前年比47%のアップ。情報源によって数字が微妙に違うが、気にしないで行こう。今年はインドも持ち直してきていて2011年第1Qで291.8トンで前年比11%アップ。この2国で525.6トンとは凄い。年間にすると2102.4トン。年間の金生産量が2500トンぐらいだから中国とインドだけで約84%を消費する事になる。いや、中国の需要がこのペースで伸びた場合は年間生産量の2500トンを中国とインドの消費だけで突破する可能性はある。早ければ秋口ぐらいには金欠状態が起こるのではないか。あとはスクラップがどれだけ出ているかが問題ではあるが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#20517 買いたいけど暫く我慢
こんばんわ。
金の現物の在庫については、今までもでもここで盛んに言われています。
先物は金銭決済が原則ですから、現物で引き出すというのは想定外といえば想定外です。

先ほどアメリカ国債の10年もののチャートを確認しましたが、数ヶ月前よりも利回りが低下していて、3%
でした。円ドルの周期で16年と9箇月というのがありますが、それが秋口です。
スペイン国債の大量償還が8月だったと思います。

あれこれ買いたい気分ものがありますが、暫く魔の10月に備え放置することにしました。

ゴジラ様は、キンロスをお持ちでしたのに紫金にチェンジしたのですか?
資源量、採掘コストのバランスでは
々のものがあるはずですが、株価がついてきておりません。
逆に言えば、重石が取れた場合は反転のまだ長大のような気がして、金額にするとたいしたことはありませんが自分はホールド中です。

人によっては、トロントの新興市場で買っておられる方もいるようですが、鉱山はハイテクと違い、資本力が
必要ですので、メジャー系がいいかなと思っています。
勿論、一山当てるということが実際にはあるので、当ればすごいことになるでしょう。
#20518 No title
ゴジラ様こんばんは

ヤフーオークションを見ていると
中国の金貨や銀貨は、重さは同じでも他の国の貨幣よりも一文高く値段がついている気がします。
先日は一キロの銀貨で36万で入札があり、びっくりしました。それは異例だと思いますが…

そのあたりで中国パワーを感じます
あくまでも私の感覚ですが(汗)
#20519 No title
大河の一滴さん、まっちゃさん、こんばんは。

大河の一滴さん、金現物の在庫ってよく分からないですよね。統計数字っていつも帳尻が合うようになっているみたいで。紫金の出来高が膨らまないのを確認した後、切り替えを決断しました。

まっちゃさん、中国の購買力は凄い。加速がついたら一気です。
#20520 No title
人民幣は共産党の通貨ですから、日本とは違った不安があるのかもしれないですね。考えてみると世界中まともな通貨がない様なきもしますね。

中国は金、銀の最大の産出国ですからドル建ての必要もないかと思います。早く人民幣建てにしてくれれば、ドルでの空売りも不可能になるので、値上がりそうですね。

不動産値下げ政策も今回は本気の様ですし、投機好きの中国人のマネーはますます金に流れるんじゃないでしょうか。

話は変わりますが、米国はデフォルトする可能性は高いと思ってます。QEはいくら続けても、今程度では債務は増える一方の様な気がします。世界中を混乱させて戦争、テロ状態にするにはラストチャンスになりそうですし来年の大統領選まで待てないんじゃないかなという気がしています。
#20521 No title
連投すみません。中国はMBSも沢山持ってる様なんので、米ドル建ての債権金利があがったら負債が膨らむと思うので、金を使ってきそうな気がします。
残念なのは日本ですかね。最近youtubeでバブルの頃の詩番組等観たりしてます。二度とこないバブル、懐かしい。
#20523 No title
gonnaさん、こんばんは。

ひょっとしたら公表されているよりも中国は米国債を売っているのかもしれない。それを買い支えるのがFRBの役割だった可能性もある。もしそうであるのなら何時でもデフォルトのスイッチは押す事ができる。
#20524 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#20525 No title
アメリカに移住を試みる人にあった。
先日アメリカへの移民がここ数年増えていると情報があるが、何でまたこの時期にアメリカなんかへ行きたがる人が増えているのか分からなかった。
けれども事情を聞いて納得。

経済危機が起きて以降、経済的にも政治的に危機的な状況に陥った国々・人々が急速に増えている。

アメリカへ移民する条件は厳しいのが通常だが、実は特例措置がある。それは「緊急時用の特別な許可」だ。つまり「生命に関わるような緊迫した状況」を意味する。

今、この条件を満たした人々が沢山いるということ。
だからこそここ数年アメリカへの移民が増えている。

彼なんかの場合エジプトの動乱で仕事を失い、本国は内戦に突入。アメリカが最後の希望になっていた。
国を問わず移民を受け入れてきたアメリカ。絶望した人間達が夢を見れる国アメリカ。
「もう僕の国には未来がない。アメリカ人になりたい。ホープがあるんだ。」

見送りつつも、切なさに似た気持ちになりました。
#20527 No title
〇〇さん、暇人さん、おはようございます。

〇〇さん、コメントの反映されるのが遅れているようです。さらに見落とし易くなっているのでご理解を。

暇人さん、今、米国へ移民するのが、良いかと聞かれるとやや複雑な心境ですね。ハワイなんて良いとこだなと思うけど、混乱の収まった後の方が良いでしょうね。
#20528 No title
>金による国際決済
単純に国際決済の手段として捉えたらどうだろう。
その場合国際決済のみにおいてドルの代替になりますし、金保有のない国も、貿易収支が赤字でない限りどんなに輸入に金を使っても輸出で金が入ってくるので無問題です。(ただ経常収支はどうなるんだろう)
国内の通貨としての金は非常に使いにくいのでほぼありえないと思いますが、国際決済にするとなるとぴたりと合う。

ただ問題はアメリカが降りるのは時間の問題としても、その後に公平な金が来るほど世界は甘いか。アメリカと同じことをする国や共同体が現れるのではないか?
またもう一つの問題として金は価値の基準があいまいで人々の心であまりにぶれるということです。この点国際決済に向いているのか不明ではあります。

>日本人の貴金属観
日本人が金にそこまでのらない理由は日本がデフレだからかと思います。インフレまっただ中のアジアの国々は金に対する見方も違う。
アジアでは金利=インフレ率の事も多いので預金でもいいと思うのですが例によってバブルにおいて利上げはあまり機能しないだけかもしれません。ただ、アジアの金利は高いのでバブルが終わる時はあっさり終わりそうです。

>各ピースを組み合わせると
まずアメリカ帝国主義の崩壊がおきる。世界中がアメリカ国民を支えるのではなく世界中のエリートが共同支配をする世界に移行するのかもしれない。
まず田中さんの言う多極化、エマニュエルトッドの言うアメリカ帝国の崩壊があり、そこでは先進国と新興国の境目が薄くなるという革命があり、
その後「通貨戦争」で書かれていた世界、全通貨崩壊の世界に移行してゆくのかもしれません。

これはピースのつなげ方の一例ですが、ある程度説得力のある意見は全部組み合わせてみるのも面白いかと思います。何事も上げ要因と下げ要因があるのですが、ある時は上げ要因がある時は下げ要因が活性化して相場は不自然なほどの乱高下を繰り返すようです。

>銀
多分今回48ドルから個人投資家はかなりやられたかと思いますので、ちょっと上がっても彼らが損切りしてしまうので上値は重いかもしれません。
今個人投資家の銀への態度はそんなに強いものには思えないので、銀が上がっても売りをぶつけるチャンスとして捉えられる気がします。
ただ個人投資家がまた前のように熱狂的に買えばまた急上昇するようにファンドも乗ってゆくと思います。

「逆張りトレーダー」という本では
個人投資家が相場の行く末を左右するというように説明しています。そしてそれを知るにはブログの記事に対する反応を見るのが一番だとも聞きます。
最近銀に関するコメントが少ないので銀への熱は冷めているのかななどとも思いますが、ゴジラさんが最近は銀のトピックをあまり作らないので話題にならないだけかもしれません。
みんなの意見、相場の熱気を知るためにはちょっと極端な銀ブル、ベアの記事を載せてそれへの反応を見させていただくのが一番いいように思います。

多くの人の様々な意見がぶつかり合うのが相場なので、こういったブログの存在は相場そのものであり本当にありがたいです。
長くなりましたがここで。
#20529 No title
siphaさん

あまり僕は複雑に考えていないのですが、要するにアメリカに金が地金が公称しているほどなく、それが名実になれば金地金も金鉱株も原油も商品相場も全て暴騰し、ドルの地位はかつてのマルクのハイパーインフレのような状態になると見ています。

考えてみてください確かにドルは世界基軸通貨ですが、紙切れの通貨で貿易決済をしたいと思いますか?だったら代替のまだ価値のある通貨でという事になり、その究極の通貨が金地金であり、原油でありという事になると思います。

ドルの崩落で起きる事は中国が全ての資源を金に糸目とつけずに買い漁るという現象が起きると思います。これには理由があります。理由とは世界一の人口です。十数億という人口を養うには膨大な食料、エネルギーが必要になってきます。食料に飢える国民が増えれば増えるほど共産党の政権が危うくなります。鼓腹撃攘の状態なら政権は安定でしょうが、飢えた国民が増えれば反乱も増してきます。太平天国の乱、三国志の時代を見れば分かると思います。

共産党は自分の政権維持のために資源、食料を買い漁り、それがインフレ、ハイパーインフレに繋がっていくと思います。中国も自分が生き残るためには何でもするでしょう。
#20530 豊島逸夫さんの友人が立ち上げたサイトだそうです。
米国が金を大量売却する可能性は?
http://d.hatena.ne.jp/kuma-to-hachi/20100723/

アメリカに金が大量に有る可能性が100%近いみたいですね。


アメリカ憎しの某さん、

残 念 で し た w
#20531 No title
ここのみんながアメリカに金があると信じてくれればいいねw JuJuちゃん!
#20533 >#20531
>ここのみんながアメリカに金があると信じてくれればいいねw

いいえ。

可能性が高いか低いかですね。
出来るだけ客観的に事実を把握しないと投資家として失格でしょうね。
#20534 No title
>可能性が高いか低いかですね。
出来るだけ客観的に事実を把握しないと投資家として失格でしょうね。

そっくりその言葉を君にお返ししょう。wJuJuちゃん自分の事を言っている訳だ!納得!(大爆笑)
#20535 No title
>JuJuちゃん自分の事を言っている訳だ!

いいえ。

>納得!

納得では無くて錯覚でしょうねぇ。
#20536 いいかげんにしなさい
二人とも晩御飯は抜きですよ。
#20537 No title
>アメリカ
ドルの裏付け云々の問題より、アメリカが貿易赤字国なのが問題なのだと思います。基軸通貨特権をいいことにアメリカは世界中からたかる構造になっています。
新興国も他の先進国もそれを許せなくなるのは時間の問題かと思います。
ドルの問題はひとえにこのたかりの問題であり、この不均衡の解決が多極化なのだと思います。

>「油断」をよんで
まず2006年の油断のあとがきに
①備蓄量が増えているということ
②埋蔵量が増えているということ
③化石燃料ではなく地球が生成する無機物の可能性が提言されていること
が書かれております。
また、戦争は誰かが起こそうと思って起こることなので突発的な事態は考えにくいですし、原油流通がストップしたら国連決議で多国籍軍が強制的に戦争を終わらせて原油流通を再開させることができます。
また極端な原油高騰があれば、世界中の人が米国債ではなく原油を備蓄しろと世界に迫り、OPECをつぶして石油を世界の共有財産にしろと迫り、逆にドル石油体制が危うい。
極端に勝ち過ぎると民衆の逆襲に会うので権力は極端な勝ちを望まない傾向にあると思います。
それでも突発的な戦争や想定がいの陰謀で戦争が起きるかもしれないので、絶えず現価格の5%上に原油の買い注文を入れておくというのは面白いと思います。
#20538 資源の滞貨
siphaさん

>「油断」をよんで
まず2006年の油断のあとがきに
①備蓄量が増えているということ
②埋蔵量が増えているということ
③化石燃料ではなく地球が生成する無機物の可能性が提言されていること
が書かれております。
また、戦争は誰かが起こそうと思って起こることなので突発的な事態は考えにくいですし、原油流通がストップしたら国連決議で多国籍軍が強制的に戦争を終わらせて原油流通を再開させることができます。

油断を読まれたようで有り難い限りです。ここで滞貨というキーワードを提示してみたいと思います。

在庫が沢山あっても物不足は起こり得るという事実です。日米開戦で南方資源地帯を確保した日本軍ですが、輸送船が膨大な数を撃沈されて戦争遂行ができなくなったという事実もあります。即ちはたとえ膨大な資源を確保してもそれを運搬する手段が不安定ならば資源を確保した事にはならないという事です。資源の滞貨ですね。

ホルムズ海峡、スエズ運河が紛争で封鎖状態になった場合、タンカーや船舶が危険を恐れて行けないだろうし、
多国籍軍と簡単に言いますが多国籍ですから軍事的な指揮系統の維持、作戦の綿密さを求められます。これは平時から用意周到にやらないと難しい点だと思います。シベリア出兵の二の舞にならないかと心配です。

ちなみに第二次世界大戦で東部戦線で軍需物資の不足はロシアの悪路、欧州とロシアの鉄道レールのゲージの違いもありました。あとは悪天候、なんと軍需物資の多くはワルシャワで滞貨していたという事実がありました。
#20539 毎度のことですが
steinさん、大人気ないですよ!結構な年齢でしょう?
#20540 No title
たけるさん、ニヒルなアヒルさん 

何分 青二才なもので。すみません。
#20542 No title
ゴジラ様
今晩は
『油断』堺屋太一この本一冊で今の地位を確立した。1975年のこと。
ところで。バリックゴールドが下がっている。ヘッジはずしに5兆円をつぎ込んだのだから、仕方がないか。しかし、よくもこれだけヘッジを放置したものだ。バリックいまから出直すのか。ここが上がってこないことには話にならない。
#20543 No title
siphaさん、Steinさん、JuJuさん、アヒルさん、たけるさん、こんばんは。

siphaさん、いつも本当に丁寧なコメントを書きますね。ゴールドの国際決済は今のままでは難しい。金ETFを電子マネー化して決済可能にすれば出来るかもしれない。「各ピースを組み合わせるとは」は良いコメントです。「逆張りトレーダー」はちょっと立ち読みしてみて面白そうだったら買ってみようかな。

Steinさん、JuJuさん、アヒルさん、たけるさん、凄い事になってますね。ある程度は好きにしてもらって構いません。ほどほどのところで誰かが止めればよいと思っています。
#20544 No title
29t,yさん、こんばんは。

「油断」ってそんなに知られた本なんだ。5兆円をつぎ込まなければならない背景を考えれば将来がどうなるのか見えてくる。
#20547 No title
金は1トンで40億円 1000tで4兆円
10000トンでもたった40兆円
アメリカが金を10000トン売ってもたった40兆円。ナンカ金の交換レートは最低一桁違うようですね。

金は価値があるのか?と思えるほどの安さですね。
#20549 No title
銀さん、こんばんは。

そうです。これでファイナンスするのなら桁が1つ変わるのですよ。
#20559 No title
>金のファイナンスと金の決済
金の決済は国内の「国際決済金行」で輸入企業から輸出企業に所有権を移行すれば良いと思います。
が、これだと金ってなんなのかぼやけますね。

また貿易赤字国が自国建て通貨の国債を発行して金を決済に充てようと購入する際、その貿易不均衡が大きいほど大量の金が必要になり金価格は高騰します。

確かに決済として金を使うとなるとその価格は計りしれません。これはまたすごい上げ要因です。

ただ、国家や中央銀行が生み出せない金は実に「個人的な」通貨であり全く民主的ではないように思いますし、これを好む真っ当な官僚なり中銀職員がいるとは思えません。これを押さえつけて金が決済になるというのはどういうことか考えてみます。

>戦争と流通
どんな時も石油が買えるからこそのドル、どんな時も流通が確保されるために全力を尽くすからこそのアメリカ軍でありその燃料としての米国債であると思います。

長期間の流通ストップは世界中からの顰蹙を買うのでアラブとしてもやりにくいし、アメリカとしても信用問題になるのである程度で片付けざるを得ないかと思います。

>2次大戦
核兵器のおかげか、また人々の争いが武器ではなく経済になって久しいのでしょう。国家の対立は過去のような戦争の形を取ることは考えにくくなっています。

エマニュエルトッド氏にインスピレーションを借りると、世界中の強国の文化や価値観が相似してきたからだと思います。
未だ文化の溝宗教の溝が深い地域では戦争がありますが、強国の新興国の間では静かな戦争である経済戦争がその流儀になりつつあるように思います。
#20561 No title
siphaさん、おはようございます。

やっぱり今の状態での金決済は気持ち悪いですね。デフォルトしたら信用もクソもないけど、片付けられる状態ではなくなる。処理するのならデフォルトする前しかない。そうなると事前にはっきりした動きがないといけない。
#20562 No title
NASA長官は今日、すべての従業員に「家族/個人的な準備計画」と言うメールを全社員に出しました。
http://www.godlikeproductions.com/forum1/message1524453/pg1

アメリカのブログでこのNASA長官のメールはあっと言う間に拡散されています。みんな正確に何があるのかハッキリわからないようです。政治、経済含め、何らかのカオスが、あるのかも。

#20563 No title
素人さん、こんばんは。

これもなんか気持ち悪いですね。なんかあるのかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する