FC2ブログ

借金に潰されるのは嫌だが



今や世界中をソブリンリスクの風が吹き荒れている。誰だって借金に潰されるのは嫌だ。しかし、見上げてみるとその高さに唖然とする。こんなに高いのかと。そして、この借金をどうやって消したら良いのか。しかも自分が作った借金ではなくて人の借金で破産するとしたら、もう耐えられまい。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#20456 No title
 ゴジラ様 こんばんは。

 この位、正直に自分達の抱えるだろう借金の総量を
示してもらえると助かりますよね。

 もちろん、そんなものはいらぬ。と、お断りしますが。
#20458 No title
new-farmさん、こんばんは。

生産性を生む生きたお金(労働力)よりも借金の方が多いのですから絶対に返せないはずです。分かっていて国債を発行し続けているわけですからある意味確信犯です。
#20459 そうですね。
 ゴジラ 様 ご返信ありがとうございます。

 なるほど、言われる意味は、資本主義の本質そのものを
表していると思います。 永遠に追いつく事のない、ニンジンであり、
微妙に遠のいていく事が、健全な姿である(成長率5%程度?)
なんて、虚構そのものですね。
「○○主義」というお題目が付くと、まともなシステムは存在しない様に
感じます。
 故に、現代の資本主義を猛進する事ほど、危険な事は無いと思います。
資本主義を否定する事に顔をしかめる人が多いですが、そんな姿を見る度に、
見事な洗脳だと感心してしまいます。
#20461 No title
余分なお金をもっている人たちは当然いますからね。
また銀行は貸付先が無く余剰資金があり、それでは預金金利で赤字です。

そういうお金持ちや銀行が国民や政府の足元を見て金利取って買うのが国債です。
その国の経常収支が黒字のうちは少々のインフレを起こしつつ永遠に存続しますが、赤字国家ゆえに通貨安に歯止めがかからない場合、また支払い不能な対外金利支払いを抱えていた場合、デフォルトするしかありません。

今までデフォルトした国はドル建て債務なので上記の条件であっさり崩壊しましたが、ドルは自国通貨なので異常にしぶといですね。

>返す
普通に返してしまうと流動性不足で大デフレになってしまうので、
いろいろな方が言うとおり政府通貨を刷って一瞬で返してしまうのが一番です。国債金利負担も無くなり税金が安くなります。
#20462 No title
new-farmさん、siphaさん、おはようございます。

どう考えてもこのシステムは詐欺まがいとしか思えない。小さな借金は借りる側に責任があるが、大きな借金は貸す側にこそ責任があるのです。
#20464 国債憑依
国債は、基本的に、国が、国民から借りていったモノですから、 国が、国民に還せばよいだけです。国民の負債が 何兆あるとか マスコミは いいますが 何もないとこから、お金ひねり出したのだから、国が、国民に払うべきです。払わないなら、国を、倒産されるべかです。ソブリンリスクを盾に 巻き上げようとするのは、 おかしな話ですね。
#20466 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#20467 No title
鹿十ピン助さん、〇〇さん、こんばんは。

鹿十ピン助さん、まったくその通りです。

〇〇さん、褒めすぎですよ。私はそんなに下げないと思っていますけど、リーマン・ショック級のことが起こったら同じくらい(2008年)下げるかもしれない。私が紫金を買い始めたのは2006年からです。これ一本で行こうと思ったのは2007年からです。
#20469 No title
≪国債は、基本的に、国が、国民から借りていったモノですから、 国が、国民に還せばよいだけです≫

この問題は難しいですね。財務省を含め関係者はずっと知っていて、国民が選んだ政府とともに合意の下で行なってきているのでしょう。10年近く前から判っていた事。そして日経だけでなく大衆紙でも説明はしている。

でも多分国債を発行しなければ、日本の企業の多くは、バブルがはじけた1990年代に大混乱が起きたのでは(その方が良かったかもしれないですけど)。企業のリストラ努力、銀行の債権放棄だけではどうにもならなかったのでしょう。現在のギリシャ以上の苦しみになっていたでしょう。ギリシャ人と同様とても日本でも国民は受け入れなかったでしょう。

例えば、自宅で次の新聞切抜きを見つけましたのでご参考までご紹介。  
2004年6月26日の新聞の切抜き:日経ではなく、大衆紙毎日新聞の一面トップ【国の借金最悪703兆円、03年度末(赤ちゃんも含めた国民)1人当たり550万円】。

2004年8月27日日経:【日本経済出口の風景。国債残高、税収の14年分、過剰債務は民から官へ、国の借金は歴史的な高水準に。 金利のリスク 長期金利が1%上がると利払いは、、、相続税1年分を吹き飛ばす。今や戦時中並みの国債比率に。】 

その危機状態が更に悪化しながらも2011年今年まで既に7年も持ち堪えている。おまけにあの頃は日本の問題だったが、今の世界は米国も欧州も同じ様に悪化してきたので、日本は却って悪化が目立たなくなった。そして今でも政治家の真剣度は見えないし、おまけに地震津波原発と災害で支出はせざるを得なくなり、更に見えなくなっている。恐ろしい時限爆弾は困ったもので恐ろしいですね。 名無しの独り言。
#20470 No title
名無しさん、こんばんは。

震災と原発は本当に余計な問題でした。これで完全に普通のやり方では返せなくなった。あまり考えたくないですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する