FC2ブログ

退屈な日々が続くが・・・

欧州のソブリンリスクは当面の落ち着きを見せるのだろうか。ギリシャのパパンドレウ首相はユーロ圏共同債券の発行は債務危機収束の一助となる可能性がある言っているが、結局相乗りしたいということで自力では難しいと言っているに過ぎない。米銀の決算が出揃ったが、見せ掛けに過ぎないとの見方もあり、判断に苦しむ。米銀破綻数はまだ増えており、景気回復予想をするアナリストの見方には疑問を感じざるを得ない。冷静に考えるとけして良い状況とはいえない。だが、短期的にはどちらを向くのか判断が難しい。ゴールドの調整も短期的な揺り戻しの1つに過ぎない。貴金属は利が乗っていた可能性が高く決算売りになる公算は高かった。まあ、そういった売りとばかりは言えないのだが、そろそろ1つのサイクルが終了すると考えている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#17136 物は強い
イギリス政府の小麦の在庫はゼロだそうです。欧州あの天候で円滑にロジスティックも出来ないでしょうし、下手したら餓死者なんかも出るかもしれないですね。

食料も金も強気でしょう。中長期で見た場合は。ペーパーマネーなんて鼻かんだら終わりでっせ。
#17137 No title
>
ペーパーマネーなんて鼻かんだら終わりでっせ

 依然としてペーパーマネーでしょう。あるいはカードの記される数字によるマネーか?
 問題はその形態に過ぎない。
社会を動かすには紙幣のほかに有力なものは無いのが現状である。紙幣に取りつかせるよりほかに手は無い。
 海外情勢を考慮に入れずに、すすむことができれば、現在の政策をすれば、銀行倒産で、預貯金を清算するが、現物の紙幣は、機能する。そして金融と実物がバランスをとることころまで、すすむ。
 国債と預貯金を相殺して、その後に発行する物はやはり紙幣で、そのとき金は一つの市場において価格構成がされるが、政府の力はきわめておおきいから、闇と公定価格の二つが多分できるが、やがて市場ができればそれが同じになるが、政府が金市場を認めるかだろう。
 しかし海外があるから、多分上記のようにはいかない。つまり為替である。
 社会は物資の流通を円滑に行われなくなると崩壊するか、別のルートをつくる。そのときやはり、紙幣でしょうね、国内は。問題は海外で、わが国は貿易の決済を何でするかになる。
 やはりドルでしょう。今年新100ドル紙幣を発行すると聞いたが、しないようである。何かあったのかな。
 
#17138 No title
kenjiさん

>わが国は貿易の決済を何でするかになる。
 やはりドルでしょう。今年新100ドル紙幣を発行すると聞いたが、しないようである。何かあったのかな。

ロシアと中国がそのドルに見切りをつけようとしてまっせ。
#17139 妄想
>ロシアと中国がそのドルに見切りをつけようとしてまっせ。

 ロシアと中共の交易は何があるのか。おそらくロシアが資源を売る。中共は商品を売る。この関係に過ぎない。その間にドルが介入する理由はない。

 社会とは何か?これは物品分配機構である。これを運営する時に何で動かすか?

 これは紙幣しかないのではとおもう。

国内と海外は別である。文化が異なるからである。
 この要素を考慮する必要がある。

 中国がさらに発展するとでも思っているのですか?
ロシアは何があるのですか?

  貿易の仕組みはドル紙幣ではなく、決済の仕組みを亜米利加が構成しているから、この要素がある限り、ドルでするしかない。
 しかし<金>はその世界でどのような扱いを受けるかだろう。
 アメリカ人は馬鹿では無いことを考えることとで、つぶれる会社は何でもするように国もそれをする。
 いずれにしても先は大恐慌であることだけは確かだと見ています。
 日本は顔ともう一つ何かで動く。今ある付き合いと、信用を維持することが多分ベストではないか?
それと社会的には、国内は老人の始末を付けることのほうが、先デ、若い人をいきやすくする世界を作る事のほうが先では無いか。
 しかし金は上昇するでしょうか?この頃すこし疑問に思うようになった。不況になれば金保持者はそれをうらなければならなくなるのではないか。
#17140 髑髏杯もまた一興 夢また夢
kenjiさん

多分 海外ではフランス革命時のように血と粛清の嵐になるでしょう。それはそれで面白い血の粛清を杯を片手に見るのも一興ではないか。勿論 金融エリートの滅びる様は面白いではないか。

中国がドル決済をやめようとしているのは大きい、十数億人に必要な食料や資源がドル決済でなくなれば影響は大きい。

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/257/
#17141 多分
>  貿易の仕組みはドル紙幣ではなく、決済の仕組みを亜米利加が構成しているから、この要素がある限り、ドルでするしかない。

そうかな、食料と資源のバーターにならざるを得ない。
麻薬の決済は金塊ですよ。銀や銅でもいい。
#17144 No title
Steinさん、kenjiさん、こんばんは。

中国とロシアがドル決済を減らそうとしているのは今の基軸通貨体制を壊そうとしているからではないような気がする。今後のドルの方向性を理解しているというか、米国がやろうとしている政策を先読みしているのだと思っています。大国はただ倒れるような真似はしない。自分に有利になるような体制を築きながら次のステージへと進んでいく。どういう手段を取ろうとしているのか中国の動きを見ながら予測しましょう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する