FC2ブログ

バーゼルⅢは当分先?

バーゼルⅢの最終文書が公表されているようだ。気になるレバレッジ比率規制は2017年前半に最終調整し、18年から実施を想定されている。なんと滅茶苦茶先の話です。徐々に解除していき問題のない状態にするのにそれぐらいの時間がかかるということですかね。それまでに崩壊する可能性はあるのだろうけど、時間との戦いと思いながらも簡単にはいかない難しさか。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#16783 "Stein"についての考察 w
ユダヤ系アメリカ人、ユダヤ系カナダ人の名字に"Stein"が結構多いので
当然ユダヤ由来の名前だと思い込んでいましたがどうやら違うようです。

Is Stein a Jewish name?
http://wiki.answers.com/Q/Is_Stein_a_Jewish_name

ドイツ系だったんですねぇ...w
#16784 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
#16785
世界で最も有名なSteinさんは、この方だと思っていました。
Albert Einstein

日本の腹話術をする人は、玉城一石と言うのが本名だそうですが、お父上は物理の先生かなあ。
面白いサイトを知ることが出来ました。ありがとうございました。
#16788
JuJuさん、名無しさん、おはようございます。

よく調べましたね。考えてもみなかったが。
#16789 素人意見
>玉城一石と言うのが本名だそうですが、お父上は物理の先生かなあ。
確か湯川秀樹が影響を受けた人に玉城という人がいましたから、其のおじいさんも物理学者でしょう。
 欧米の条約および規制はあくまで外国を潰すのが目的。もしくは利用しやすくするのが目的で、都合が悪くなれば、すぐにいろいろ理由をつけて変える。
 彼等はそれを表では言わずに、さも公平なような表看板をだす。温暖化などはわが国を潰すためにヨーロッパが考えたものにすぎない。ヨーロッパがそれをするのは生きるために、当然の行動だが、
それに嬉々として、くみする人々が日本にはおり、彼等の精神および、其の行動が奇怪である。
 それと合わせ鏡のように、それに反発して、反対して、奇妙な国粋思想を持ち上げる人々がいる。 
両者は同じものだが、なぜそれがおきるかだが、これはよくわからない。

 ここを覗かれる(失礼します)人々は金価格の上昇を望まれるが、現在の欧米の行動から似ると、それに反発で、国粋主義ではないが、それによく似た父だが、多分そのようには自覚されていない。
 ここがわが国の金論者の弱点で、これを補わない限り、金で資産を派無理だと見ている。
現在マネーは先物市場で作られていると見ているから、この先物市場を泳ぐ術を見につけないと、無理だろう。
今年は一回して。32000円くらいかせいだだけである。
 金価格を上昇させる事は現在欧米では望まない事である。したがって、それを城所法させるには度売れば、わが国はできるかを考える事だが、これは国策が必要で、それが無いから。この方面かは金の上昇は望めない。
 そこで何をするかだが、これを考える事である。つまり金価格を上昇させるような仕組みをわが国が構想することである。
 金市場の特徴は品物の保存が利くことで、しかも倉庫量がいらない。つまり世俗的言葉で言うと荷にならない。
 したがって市場を生産者がコントロールしにくく、また消費者も再生が利くから、普通の消費ではない。しかもの其の消費者は消費量がすくなく、また世界中にいる。
 これは市場価格を大口供給者や消費者が支配できにくいことを示している。
ところが先物市場を見ると、大口で無いと、先物市場はできないから、ここが金価格をコントロールできる手立てがあることになる。
 ところが先物市場は現物市場と相互に影響して、価格をそれぞれ形成する。
そこで現物市場で価格を上げることが現在の欧米における政策に対抗するばしょである。
 そこは現物がものをいう世界だが、おりしも金融危機で、保てない人々の金売りが出ているから、ここが攻防戦となっている。これからそれがしばらくつずくが、問題は現在各国の金準備はどのように扱われているかだが、これがよく和からない。
スペイン、ポルトガル、イタリアで見ると3500トンくらいあるが、ヨーロッパの金融危機に対して、其の金はどのような役目をするのか。
 これが今後の金価格の動向を決めるのではと思う。
我々は身の回りの人々に金を買うように地道に(?)勧めることである。
<あの、怪しく、黄金色にきらきら光り、ずしりと重く、安心安全の印を少しは持たないと、この先いいことは無いぞ>というキャッチコピーを作り、貴金属会社にいき、宣伝を頼むのが一番金価格を上昇させる手立て棚とこの頃思う。見なさにかがでしょうか。
#16791
kenjiさん、おはようございます。

金準備は安易に減らせない。それは過去の金本位制の名残であるが、国が通貨発行できる後ろ盾であると国民は理解している。金準備の減少は素直に国力の低下と取られかねない。ユーロ圏諸国は金準備率が高く金価格上昇の恩恵を受けやすいため保持し続ける意味はある。
#16794 訂正
急用で確認する前に投稿してしまいました。失礼ししました。訂正します

>ここを覗かれる(失礼します)人々は金価格の上昇を望まれるが、現在の欧米の行動から似ると、
<ここを覗かれる(失礼します)人々は金価格の上昇を望まれるが、現在の欧米の行動からみると、

>ここがわが国の金論者の弱点で、これを補わない限り、金で資産を派無理だと見ている。
<ここがわが国の金論者の弱点で、これを補わない限り、金で資産をは無理だと見ている。

>金価格を上昇させる事は現在欧米では望まない事である。したがって、それを城所法させるには度売れば、わが国はできるかを考える事だが

<金価格を上昇させる事は現在欧米では望まない事である。したがって、それを上昇させるには、どのようにすれば、わが国はできるかを考える事だが


>あの、怪しく、黄金色にきらきら光り、ずしりと重く、安心安全の印を少しは持たないと、この先いいことは無いぞ>というキャッチコピーを作り、貴金属会社にいき、宣伝を頼むのが一番金価格を上昇させる手立て棚とこの頃思う。見なさにかがでしょうか。

< <あの、怪しく、黄金色にきらきら光り、ずしりと重く、安心安全の印を少しは持たないと、この先いいことは無いぞ>というようなキャッチコピーを、いくつもつくり、貴金属会社にいき、宣伝を頼むのが一番金価格を上昇させる手立て棚とこの頃思う。皆さんいかがでしょうか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する