FC2ブログ

格下げの衝撃

米国の格付け変更には世界中の人が注目する。今まで米国に対する信用は最上級のものだとされてきた。もとより国が発行体となっている国債はノーリスクと考えられている節があったが、ギリシャ危機、アイルランド危機を経てその神話が崩れさった。ここ最近格下げを受けた国はギリシャに始まりアイルランド、ハンガリー、ベルギーなどに及ぶ。その矛先が米国にも及ぼうとしている。ムーディーズはオバマ大統領が共和党指導部と合意した減税や失業保険の延長案について、向こう2年間における同国の「トリプルA」格付けに対する「ネガティブ」見通しの可能性を高めるとの見方を示した。要するにこのままだと公的債務が膨張して危ないぞと言っている。日本も似たような事をやっているが、減税できる状況でないのは同じである。袋小路にはまり込んでしまったのだが、どうやって脱出するのかが問題。さて・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#16743 第二次ニクソンショック
 国債金利が上昇している。ユーロは分解するだろう。
多分金の政府管理が始まる。そのときだろう。金鉱株が上昇するのは。
 beyond imagination
#16745 経済討論
チャンネル桜経済討論です、小黒さんいいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=jhm2wc4zFeo
#16746
ここに集っておられる方々は、金価格は落ちる可能性があるが、金鉱株は落ちずに上がるという見解をお持ちなのでしょうか。もし、そうなら、そう考える理由をお癒えていただければ幸いです。(2ヶ月前から、読者? となっておる者です。)
#16748
kenjiさん、Steinさん、kazuさん、こんばんは。

kenjiさん、ユーロの解体は有り得る。ゴールドの政府管理は???です。

Steinさん、時間のあるときにゆっくり拝見させていただきます。

kazuさん、そんなこと書いた覚えはありませんけど。
#16751 不十分なお答え
>kazu

金が管理に入れば、その流動性は落ちる。そのとき下落する可能性はある。しかしそのとき金鉱株は市場にあるから、そこに買いが入る。すると金価格は上昇というより流動性は無いが金鉱株はそれがあることになる。
 上記が一つの見方である。
矛盾しているけれども。只 国内には金鉱株は調べると怪しいジパングと同和鉱業と住友鉱山くらいかな。したがて、外国のそれだが、調べるとたくさんあり、実質分からないから、メジャーなものをとなる。
 ただ見ると上下が激しい気がする。
 ゴールドコープなら楽天証券で購入ができると教えていただいたが、していない。
外国株は為替の影響が大きいから円建てでは、株の値上がりよりも、円安の影響のほうが多分大きいと思う。
 ヨーロッパが転げ落ち始め、社会が動揺し始めている。只銭の問題ではない。つまり相場の問題ではなく、実社会の問題にまで、及びだしている。
 次は亜米利加だが、多分保護主義が蔓延するから、わが国が一番落ち込みが激しいと見ている。
国民もこらえ性がないから、同じ打撃でも、ダメージがおおきい。
 亜米利加はそれを計算して、対処しているから、ドル崩壊は仮にあっても、それ以上の打撃がわが国に繰るのではと見ている。具体的にはわが国は軍事力が無いから、その脆弱性が表に出てくる。これは無いのでなく、在るにも拘らず、それを無視しているのではなく、知らないことによる。つまり表に出てきたた時が初めてではなく、前からあるがきずかなかっただけである。
 この先証券市場の閉鎖の可能性があるが、大東亜戦争下においても株式市場は開いていた。確か閉鎖したのは終戦後一時期だけだったと思う。
 しかし今回はその時期が長いかもしれない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する