fc2ブログ

爆食中国

ドルで取引されている商品価格の高騰はドル安によるものだと見られているが、それだけだろうか?中国のレアアース輸出制限でレアアースは高騰している。今度はモリブデンの制限で関連銘柄が高騰する始末。QE2等の思惑などからドル安や商品価格高騰を招いてはいるが、中国要因も大きく裏側で潜んでいるように思う。この夏、中国では大規模な賃上げストが頻発しており、賃金高騰が起こっている。この影響は全地域的なものなのだろうか?日本で50%の賃上げが起こる可能性は皆無であるが、もし起こったら個人の生活は一変する。本来、徐々に起こるはずの所得倍増が一気に起こっているわけだから恐らく中国の個人消費は急激に増大する。輸出の減少を国内消費がカバー出来るのなら政府としてはしてやったりだろう。それはあらゆる商品に波及しインフレ化を世界にもたらす可能性をはらむ。例えば銅の消費は中国がダントツのトップであるが、当然個人消費の増大に伴って銅の消費も増加する。ひょっとして高騰した銅価格は落ちてこないのではと思い始めている。それはあらゆるものに考えられ、デフレを世界に輸出していた中国が今度はインフレをもたらすやも知れぬ。世界最大の金消費国となった中国は金価格にも大きな影響を与えるだろう。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#16391 現場からの視点
ゴジラ様 おはようございます。

銅線や非鉄金属は持っていくと喜んで買ってくれるし、中国が日本からの輸入を制限しているという話も聞きません。ペットボトルやプラスチックを輸出入している会社も活発に動いていますね。ダンボールや古紙も買い取り値段が上がってきていますね。

中国からの資源輸入は減っていますが、日本からの輸出が減ってない感じですね。中国はしたたかたんでしょうかねえ。
#16392 そろそろデフレも終わりのようですよ
こんにちわ。
偶然、見た下記ブログを読んでみると、読んでみると偶然にもゴジラ様と同じ見解。
つまりは、アジアの新興国の成長で、一次産品が高騰し、それが日本など先進国に跳ね返ってくる。
その後に長期金利の上昇というふうに続くシナリオです。

生活水準が上がると肉を食べるようになり、飼料用穀物の需要が増え、また携帯などで銅その他メタルの
消費が増えるから、いきなり金融危機というよりも、こっちの方が判りやすい。

それでゴールドは本命だけど、食料とか実用メタルの方も投資対象とした方が幅が広がる気がしております。フリポートはゴールド、レアアースも兼ねるので押したら、また買う予定です。
ttp://www.funaiyukio.com/money2/


#16393
ちわ・・・
大河の一滴さん、興味深いサイトありがとうございます。

本当にこうなると、いやこの記事に記載した半分でも起これば
パニック状態になるのではと危惧してます。
当然、過剰なリアクションがおこるので小学生の時に経験した
トイレットペーパー買い出しを思いだしました。

金本位制度より管理通貨制度に1971年を境に変更した事により
先進国は大きく発展しましたが、そのツケを支払う事態となるので
しょうか?

QE2で通貨価値が希釈されていく中での経済戦争は「モノ」
を持つ国が当然強くなりますので、その時にどう対処するのかは
ご指摘の食糧や実用メタルの投資や備蓄を個人でするしか
ないのでしょうか・・・

変化はジワジワでしょうが、ある時を境に一気に変化が顕在化する
様な気がします。
#16394
ゴジラさん
ほぼ毎日更新されるブログのエントリーは中々出来るものではなく、その内容の細かい部分まで突っ込んだ自分に非があるのは認めます。
先日は大変失礼しました。

予ねてからの本年度最も注目のFOMCで決定される量的金融漢和第2弾、QE2だが、このブログで先のエントリーのFOMC関連で、投稿が1件もなくスルーされた事に大変驚いている。

ここ数が月マーケットはQE2の思惑でかなり影響を受けて動いていたことは周知の事実で、為替を含んだ市場の景色が変わることも十分に考える。
また、QE2の内容如何によっては金融危機後の世界経済の行く末にも少なからず影響があるのは異論のないところだろう。

ゴジラさんのブログの最近の常連者たちは、今回のQE2のような市場に与えるおおきなインパクトを議論するより、金融危機全般の世界情勢や歴史から読み取る抽象論の持論を毎度展開する人が多いようで、その辺りが本ブログが閑散としている一番大きな要因ではないか。

もちろんブログ主の考えで、それはそれで良しとするものだろうが、「金鉱株で資産形成 黄金郷篇」の大テーマで、ブログ当初は投資に関する有益な投稿も多々あったが、ゴジラさんの姿勢は変わってないが、最近の常連の投稿内容が少し様変わり個人的には残念だ。

さて大注目のQE2だが、豊島氏の言うQE2の規模内容に関係なく発表後はゴールドは一旦調整に入るのか、それとも自分が想定している年内$1400を超えてくるのか、為替はどう動くのか?

ただ注目のQE2の影で、中東が何だかきな臭くなっており、直近で原油価格が強含みなのも気持ち悪い。また中間選挙で民主党が歴史的惨敗をすれば有事という暴挙に・・・・?。


#16395
Steinさん、大河の一滴さん、文鳥屋さん、瀬戸の花嫁さん、こんばんは。

Steinさん、現場の意見助かります。そういうことですね。

大河の一滴さん、これは驚き、そうなっていくんだと思いますよ。

文鳥屋さん、ツケは払いたくないけれど、ある程度の事は覚悟は必要なんでしょう。

瀬戸の花嫁さん、ご理解いただきありがとうございます。下げや上げを強調した更新はチャートをつけるだけで良いので楽な更新なんです。しかも書き込み易いし、ディスカッションにもなり易いので一石二鳥だったんです。そこを突っ込まれると手抜きも出来なくなるのできついという背景もあります。つまり意見を求めているエントリーだったりするので、そのへんは適当に流して欲しいというのが本音です。ゴールドは調整したとしても年内は軽微で1400ドルは楽に越えていくと思っています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する