fc2ブログ

非鉄金属相場は年末にかけて崩壊か?

米金融業界では、金属供給の拡大ペースが需要を上回るとの見方が強まっている。米ゴールドマン・サックス・グループや米JPモルガン・チェース、仏ソシエテ・ジェネラルなどは、商品相場の活況が終息の兆しを見せているとして警戒している。

銅取引会社、米リゾルブド(アリゾナ州)のデービッド・スレルケルド社長は「現在の商品相場はまさにバブル状態だ。膨大な量の銅在庫がある」と指摘する。

世界最大の銅消費国である中国の第1四半期(1-3月)の国内総生産(GDP)成長率が前年同期比11.1%となったことを受け、同国が利上げや融資削減を通じて投資抑制を目指していることなどから、弱気筋は金属消費が後退する可能性が高いとみている。

モルガン・スタンレーのチーフエコノミスト、スティーブン・ローチ氏は、米景気の減速に加え、実需筋を中心に歴史的に割高な銅やニッケルから代替原料への切り替えが模索されていることも需要の後退につながっているとみている。

ブルームバーグがアナリスト12人を対象に実施した調査の中央値では、銅相場は現在の1トン当たり約8000ドルから30%下落し、第4四半期(10- 12月)には平均5650ドルになると予想されている。また、ニッケルと鉛相場は4日に付けた過去最高値から約50%下落するとみられている。

*銅にしてもニッケルにしても今や絶好調なのだが、実際これらの価格が、下落するかどうかはすべて需給に関わっている。確かにアメリカの需要は減少しているのだろうが、中国はどうなのだろうか?これは今の段階でははっきりとは分からない。今後は銅在庫を注意深くチェックしていく必要がある。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#863 崩壊でなく調整?
ゴジラさん、皆さん、こんにちは。

商品相場じたいは長期サイクルではあと15-20年くらいは上昇過程にあると思うんで、仮に本記事の予想通りになったにせよ崩壊というよりか大規模調整といった方が適当かもしれません。

銅は既に高値から40%程度の大調整を済ませてますんでまだしも、今まで調整らしい調整がなかったニッケルは恐らくどこかの時点で大きく調整すると思います。そうなれば銅もある程度連れ安になると思います。

ただニッケル・銅鉱山株を狙っている方々にとってはそこは絶好の新規買いもしくは買い増しのポイントになるはずなんで、バーゲンがやって来ると思えばそう悲観することでもないのでは?
#864 オーバーな表現ですね
アブラモーヴィッチさん、こんばんは。

う~ん。オーバーな表現でしたね。確かに私もスーパーサイクル説を支持しているわけですから、この書き方は問題ありですね。江西が下げるようだと最後の買い場かもしれません。
#865 スタンス次第
ゴジラさん

相場にまつわる日本語は、バブルとか崩壊とか調整とかいろいろありますが、要は各人のスタンスによりますよね。

今回の例で言えば、短期中期で売買している人にとっては年末までにニッケルが半値になるような事態はまさに相場の「崩壊」ですし、相場を語る時にコンドラチェフを引き合いに出すような方々にとっては「大規模調整」ということだと思います。

銅・ニッケルが今年中に30%以上調整するようなら確かにいい買い場ですが、別に最後っていうことはないと思いますよ。長期サイクルの中には中期・短期サイクルもあり、それらサイクルが底をつける機会はこれからいくらでもあるでしょうし。
#866 目まぐるしいニュースの洪水
アブラモーヴィッチさん、おはようございます。

ニュースの取り上げ方は難しいですね。しかし、両極端なニュースが次々と出てくるので捌くのがのが大変です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する