fc2ブログ

バーゼルⅢの恐怖

欧州ではバーゼルⅢが導入されそうな感じだ。米国はボルカールールが実行に移されそうだし、これからは自己資本規制が厳しくなりそうだ。だが、過去の自己資本規制後の動向を見ていくとあまり良い事はない。バーゼルⅠの時は日本の株や不動産のバブルが弾けた。日本の銀行がじゃぶじゃぶに貸し出しを膨らませていたところにいきなり自己資本規制を導入したから当然と言えば当然だが、いきなりやる必要はなかったはず。バーゼルⅡは米国に影響を及ぼした。米国が導入したのは2008年でやっぱり住宅バブル崩壊に絡む。今度はバーゼルⅢとボルカールールだが、資本規制を行うと急激な資金の流動性低下により、バブル崩壊へと進む可能性がある。なんだかバブル崩壊とは起こるべくして起こっているような感じがしてくる。ちなみに大恐慌の単純な原因として挙げられているのは通貨総額の減少である。1929年当時は270億ドルから200億ドルに一気に減少してしまっている。だからリーマンショック時に無制限の資金供給を行ったのは溶け出して消えてしまったマネーを輸血して補って恐慌化するのを防いでいた。バーゼルⅢやボルカールールの導入は一見正しいように思えるかもしれないが、危機が起こる前触れでもあるのだ。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#15836 「金融秩序」は誰のためにあるか
ゴジラ様、皆様、こんばんは。

日本振興銀行のペイオフの件、また一歩近づいたと感じました。

銀行の自己資本規制の時期もコントロールされている。また増資を迫られる邦銀が増えるのでしょうか。

状況次第ですが、またリーマンショック級のやつが来る心積もりも必要かもしれませんね。
#15838 バーゼルⅢの事
 ゴジラ 様 こんばんは。

 不勉強で申し訳ありません。
 バーゼルⅢの導入は、現実的には不可能ではないかと
思います。
 相対取引で勝ち負けがある程度明確になっていると思います
ので、導入は、勝負の結果を公表する事に他ならないのでは?
それを承知で、あえて導入する方向になれば、帳簿(架空)の
マネーの清算となりますので、全てのゲームの終わりを意図
する以外に無いと思います。
 ゴジラさんの記述の趣旨は、その様な想定でしょうか。
#15840
Englishrosesのファンさん、new-farmさん、こんばんは。

Englishrosesのファンさん、今後なんとなく危ないなと感じ始めましたね。杞憂なら良いのですが。

new-farmさん、すいません。ここでは中身の詳細には振れていません。過去に起こった資本規制の結果のみに焦点を合わせています。それが流動性に与える影響についての記事です。バーゼルⅢがどういう形になるのかは分かりませんが、最終的には実行されるのではないかと思っています。溶け出している相対取引も何処かの時点で清算せざるを得なくなるでしょう。そうしないと永遠に終わらない気がするしね。それなら全部なかったことにしようというのもありだと思います。
#15841 シルバー
ちょっと板の趣旨から外れますが、このところ、銀はNY時間での上昇が目立ちます。今日も同じく。
金がじり貧なのに比べると、ことのほか怪しく匂ってます。だれかが、JPモルガン等の大量のショートを踏み上げる目的で、仕掛けているような感じ。21ドルのレジスタンスを抜けると、壮大なシルバー祭りがありそうなんですが・・・
#15842
mingonさん、こんばんは。

私もパンアメリカンシルバーを少し持っているので見ています。株価の方もじわじわと来ています。あるかもしれない。
#15843 妄想
 いくらしても根本は紙幣の貸し出しの基準が無いから、それを何によって決め手にしてだすかに尽きると思う。
 あるお客が話してくれたが <<あの人はとにかくすごい。ある時<あの野郎は十億で首をつったが、俺は十奥でホテル住まいだ>と話した、それが本当だから、いやになるがとにかくすごい>> と。
あの人は誰かは知っているががいきさつは、ある交差点に角地があった。其の地主と話をつけ、そこにビルを建てた。そしてそれを貸し出して、其の家賃で生活をしている。
 それだけのことだが、其の借金が十億ということである。
何を基準に銀行があの人に貸し出したかである。
 kenjiに貸しても、家賃ははいってくるがそれは無い。それなら銀行がそれをすればいいが、しない。
 あの人に何を基にして貸したのか?
この融資の基準を規制しようということだろう。
それは自己資本率ということだが金本位制においては多分準備したgoldのことだろう。

ここに紙幣の秘密があるが、いずれにしても紙幣の価値は返済にかかって、いるが、其の返済は経済の様子にかかっている。其の経済は貸し出しにかかっている。。この循環を支配するものは何かということだろう。

 金本位制で金の保持をすべての人に自由にしたとき、何がおきるか?

これはある銀行が1ドル1g、別の銀行は、一ドル2gとしてもよいことになる。すると金を持つ二とはそれぞれの銀行の紙幣を持っていることになり、どちらでもいい。

 問題は銀行が発行している紙幣は其の銀行で決済をするときのみ意味があることである。
これは銀行に口座をもつ人のみが其の銀行で決済をすることを意味するが、其の口座を開くということは何を意味するか?また其の銀行の発行する紙幣を使用する人々は何を基にして其の銀行にするか?

 また、其の紙幣が全国共通になるには何が必要か?

 われわれが日銀券を使うわけは政府が日銀券で支払えというから政府関係は日銀券で支払う。ところが日銀券は国債を担保に発行している。一方は法的規制、もう一方は実際の行動である。

 したがって今ですら実質政府紙幣である。政府が発行しないのではなく政府は利子をつけて発行しているが、それには大きなわけがある。金本位制でも金の売らずけ以上の紙幣の発行はありえたが、それは実質利子の上昇で抑えた。

 確かイギリスは政府紙幣とイングランド銀行の紙幣が発行されており、それぞれマークがされていると聞いたが、それはたぶん金本位制のときだろう。

 これが金本位制の現実面だが、これからはこのやり方をするか、それとも中央銀行にするかだらう。

詳しくはしらないが、1929年の恐慌は、中央銀行主義を貫徹するために起きた。または起こしたという見方があるだろうと思うが、それにしても其の付けは莫大であったから、多分うまくいくと思って、貸し出しを減らしたのだろう。
 今回は其の教訓(?)を踏まえて、貸し出しをしたが、それがだめなら、何かそこに間違いがあるか、それとも中央銀行、管理通貨制度そのものに疑義が生じ、やはり人類は金本位制で無いと、正直にはなれないということになるかもしれない。

 これからわが国の銀行は多分つぶれていく。特に地方銀行はアメリカと同じように進むと思う。
日本人は極端に動くし、戦後大きな困難には直面していないから、精神的に大きな動揺をきたすだろう。其のとき本来、一程度で済むものが二とか三になる現象がおきると思う。

 いずれにしてもわれわれは伝統の言葉で言えば<ふんどしを締める>時が来たということである。女は<腰巻を締める>とは聞かないが、なんというのだろう?

ある日突然立場が逆になるか、先と後が逆になるか。とにかく面白い世界が来ることは確かだろう。
#15844
kenjiさん、こんばんは。

う~ん、少し分かり難いトコがあるけど、正解に近づいているような気がする。もうちょっとで出てきそうなのに。
#15845
一番得するのは、インドネシアだそうで、 日本では、みずほが一番危ないらしいです。
完全実施は2015年で今のところ、日本の銀行は問題視してないようです。
下がると思った銀行の株価も上がりました。
次は、どこのバブルがはじけさせられるんでしょうか。
バブルの塔になるはずだった、墨田タワーは来年?完成ですね。
2015年までにバブルが再来するんだろうか?
#15846
昨日のボルカー発言では、欧州と日本は、経済復興するようなことを言ってました。
それに対して、アメリカは3~6年かかると発言してます。
日本のバブル再崩壊で復活するんですかね?
#15847 どうなんですかね・・?????
ゴジラ先生、ご無沙汰しております(^_^)。

欧米はリーマンショック後、自分都合の新たな金融ルールをごり押しし、自己資本比率や純資産を時価から簿価など移行し、しきい値をクリア・・そして延命できたのだと思います(^_^)。(調べればわかる事です・・)

なのでバーゼルⅢは欧米にとって「藪から蛇を突き出す」だけで、けだし現実味は薄いと思うのですが・・(^_^)!?。

過去は今回のような世界同時不況では無いので、そこには欧米の外交が絡んでいたのかもしれませんが、今回は違うと思います・・ゴジラ先生とその辺りの考えは一線を画している様ですね。

売っちゃいけないボルカールールの施行は、通貨減価合戦の現在の為替を合わせて考えると、株式相場に集まる株主は国内か?国外?と考えれば・・私は国内需要で、結局、重関税・ブロック経済に繋がる入口だと思います・・。

私見では欧米はボルカールール=空売り規制による「相場における売り方排除」、単なる浅墓な考えで株価の下落の制御と国内資本によるブロックにつながる?そんな思惑・・・バーゼルって言うのはまるで違った意味だと思っています。
それは相場暴落のキッカケにはなるかもしれませんが、欧米にとって自虐的すぎないでしょうか・・?。

それでは。。(^_^)/
#15848 Re:シルバー
銀の上がり方は、目を見張るものがある。
G/Sレシオをみてると、毎日幸せになってしまう。
だからか? 景気が良くなると先週から思い始めた。
私、間違ってるんでしょうか?
#15849 ケニーさんへ
ハハハ・・(^_^)。
ケニーさん間違ってない・・間違ってない・・(^_^)。

好景気というのは、どんなに人類が頑張っても閉鎖的な処で起こる現象ですから、あちらこちらの景況感なんて実際どんな基準だかわかりません。
シルバーホルダーブロックのケニーさんの気持ちが「景気が良くなった」のは正直な気持ちで正解でしょう・・(^_^)。(おめでとうございます。)

あやかりたいです(笑)。

それでは。。(^_^)/
#15850
ケニーさん、ヒロ社長さん、おはようございます。

ケニーさん、今あるものを一回壊さないと次に進めないのならこうするしかないんでしょうけど、結果どうなるのかは非常に怖い。

ヒロ社長さん、ご意見ありがとうございます。思った事を書いただけなんで特にこうなんだと結論付けるつもりはありません。同時期に出てきた規制は関連があるというのは単なる予想です。説明不足なのは事実です。
#15851 素人の考え
金価格の操作はやめたか?
金先物と金ETFの動向がどのように展開するかと思うが、すでに勝負が決まっているという見方が正しいのではないか。
 相場に<溶け合い>ということがあるが、それを起こすのではないか。其のとき金に相場が立つだろうか
 これから連続曲線で動くとは思われない。

欧米の支配層は何を考えているのだろうかと思う。

リーマンを潰せば何がおきるかは十分知っていて、したと仮定すると、その後についてはどのような設計図を描いているのかと思うこと仕切りである。
 テヘラン会談、カサブランカ会談などがあったが、今もあるのだろう。
それがわかればねえ。
ある面を見るとわが国はひとたまりも無いと思うが、しないだけではないかと思う。

GSRを計算すると60であるが、歴史を見ると10から20の範囲である。
これより見ると金が高いか、銀がこれから上がるかだが、さてそれはと思う。
それらは金本位制下の値段だったから、条件が異なるから。なんともいえない。
#15852
kenjiさん、こんばんは。

恐らく上向きだろうが、ゴールドの動きは見た目上はまだよく分からない。仰るように勝負は決まった感がある。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する